NEMの基盤構造(翻訳)

ここではNEMの基盤となる構造について記してあります。
以下の英文はNEM財団のホームページから引用しています。

基盤構造

NEMの構造は、開発の単純さと柔軟性の両方を考慮して設計されています。 ブロックチェーン自体は、NEMの特徴集合(利用者やの能力や好みを表す特徴タグと値の集合 :feature set )と独自の合意手順(コンセンサスメカニズム)を実装するNEM提供のソフトウェアを実行している中継端末機器(ノード)によって対応しています。 これはオープンで分散化された自立型のNEMパブリックブロックチェーンでも、自分のサーバーで実行されているプライベートNEMブロックチェーンでもかまいません。
NEMブロックチェーンの機能の範囲は、APIゲートウェイサーバー(プログラムからソフトウェアを操作するための共通仕様へ接続するためのネットワーク上の出入り口に設置するサーバー )への簡単なRESTful JSON呼び出しによって利用できます。 これにより、クライアントアプリケーション(機能やデータを受ける側の各種応用プログラム)の作成が大幅に簡素化されたり、サーバーとブロックチェーンとの接続(インターフェイシング)がなされたりします。 既存のデータベース上のデータに対する処理手順(ビジネスロジック)を再実装したり、不慣れな環境で開発することなく、任意の言語を使用してブロックチェーンを実装できます。

NEM’s architecture is designed for both simplicity and flexibility of development. The blockchain itself is supported by nodes running NEM-provided software that implements NEM’s feature set and unique consensus mechanism. This may either be the open, decentralized, self-supporting NEM public blockchain, or it may be a permissioned private NEM blockchain running on your own servers.
The NEM blockchain's range of features is made available to you through simple RESTful JSON calls to an API Gateway Server. This drastically simplifies creation of client apps, or interfacing servers to the blockchain. You can implement your usage of the blockchain using any language you prefer without being forced to reimplement existing business logic or develop in an unfamiliar environment.

NEMの技術

NEM TECHNOLOGY

ブロックチェーン技術を完全に独自に実装

A totally unique implementation of blockchain technology

NEMは、デジタル通貨だけでなく、あらゆる種類のアプリケーション開発者のためのパワフルで合理的な基盤(プラットフォーム)として構築されています。 アプリケーションでNEMを使用することは、RESTful JSON API呼び出しを作成するだけで簡単に行うことができ、独自の「スマートアセット(資産管理)」を設定し、NEMの強力なブロックチェーン基盤を高速で安全かつ拡張性を持ったものにすることができます。
NEMは驚くほど多種多様なサービスに適合しており、 合理化されたスマートフォンアプリを通した直接的パブリックトランザクションのような 各種ウェブアプリケーションまたは顧客に接続するのような効率的クラウドサービス もしくはビジネスに不可欠な高性能企業データベースの記録管理をあなたが使用できるように構成されています。

NEM is built from scratch as a powerful and streamlined platform for application developers of all kinds, not just as a digital currency. Using NEM in your application is as simple as making RESTful JSON API calls allowing you to configure your own "Smart Assets" and make use of NEM’s powerful blockchain platform as your fast, secure and scalable.
Configured for your use, NEM is suitable for an amazing variety of solution classes, such as direct public transactions via streamlined smartphone app, efficient cloud services that connect client or web applications, or a high-performance permissioned enterprise back-end for business-critical record keeping.

スマートアセットシステム

Smart Asset System

NEMは、ブロックチェーンの使用を任意の形式に変更(カスタマイズ)するための強力なシステムを中心に構築されています。 私たちはそれを「スマートアセットシステム」と呼びます。これは、各種プログラム(アプリケーション)と資産のために構築された任意の形に変更可能な(カスタムブロックチェーン)のようにNEMを使用する権限を与えます。独自の「スマートコントラクト(プログラム化された契約)」コードをゼロから作成したり、ビジネスのカスタムアセットを定義するオフブロックチェーン方式を使用したりするのではなく、NEMはテスト済みで安全な状態(セキュア)にあるブロックチェーン機能の専門化した状態に直接APIアクセスできます。

NEM is built around a powerful system for customizing your use of the blockchain. We call it the “Smart Asset System”, and it gives you the power to use NEM as if it were a custom blockchain built for your application and your assets. Rather than force you to write your own “smart contract” code from scratch or use off-blockchain methods of defining custom assets for your business, NEM gives you direct API access to a specialized set of tested and secure on-blockchain features.

NEMスマート資産は、4つの密接に接続された構成要素の役割

NEM Smart Assets are built using four closely connected parts

アドレス「データ格納容器」スマート資産

Address “Container” Smart Assets

NEMアドレスは、ブロックチェーン上での容器であり資産であり、単体を代表するものであり、また唯一の存在であり、変更可能なものです。このアドレスは、ほとんどのブロックチェーンのように、コインのみで満たされたのユーザーのアカウントと同じくらい単純なものにすることができます。 しかし、それはまた、出荷される小包、家の証書、または公証が必要な書類のようなものをも表すことができます。

アドレス資産は、 直接NEMブロックチェーン上に特殊な規定と共に構成され、 互いに関連し コンテンツを更新および転送できるだけでなく、お互いをコントロールし定義する ことができ真に高い性能を発揮します。 中でも最も重要な規定は、マルチサインコントロール(「Multisig」 複数署名 と呼ばれることが多い)です。これは、アドレス資産の所有権をブロックチェーン上の複数の関係者間でさまざまな方法で共有できるようにします。

NEM Addresses are container assets on the blockchain that can represent a single object that must be unique and updatable. Addresses contain Mosaics (defined below). An Address could be as simple as a user’s account full of coins, like most blockchains. But it could also represent things like: a package to be shipped, a deed to a house, or a document to be notarized.

Address assets become truly smart when configured with special rules – directly on the NEM blockchain – that define how they relate and control each other, as well as how their contents can be can be updated and transferred. One crucial rule type is multi-signatory control (often called "Multisig") that allows ownership of Address assets to be shared in a variety of ways between multiple parties, all on the blockchain.

モザイク「固定(資産)」スマートアセット

Mosaic “Fixed” Smart Assets

モザイクは、スマートアセットシステムに独自性と柔軟性をもたらす一つの要素です。 モザイクは、NEMブロックチェーン上の固定資産であり、改変されない一連の複数同一物を表すことができます。 モザイクはトークンと同じくらいシンプルであるかもしれませんが、報酬のポイント、株式のシェア、署名、ハードウェアやシステムの状態を表示するランプや表示灯の状態標識(ステータスフラグ) として 、投票、または他の通貨など、より専門化された資産として(セット)を表すこともできます。 各モザイクは、名前、説明、数量、分割可能性、移送性などのさまざまな属性によって定義されます。

モザイクはアドレス内に保持され、NEM APIを使用してモザイクとアドレス間で、署名の登録、アイテムの状態の更新、投票、 口座間のポイントなどを通用させることができます。

Mosaics are part of what make the Smart Asset System unique and flexible. Mosaics are fixed assets on the NEM blockchain that can represent a set of multiple identical things that do not change. A Mosaic could be as simple as a token, but it could also represent a set of more specialized assets like: reward points, shares of stock, signatures, status flags, votes or even other currencies. Each Mosaic is defined by a variety of attributes such as name, description, quantity, divisibility, transferability and more.

Mosaics are held within Addresses (defined above), and can be passed between them using the NEM API to represent a surprising variety of transactions such as: registering a signature, updating the status of an item, casting a vote, or simply passing coins or points between accounts.

個別の 名前をつけられる場所(ネームスペース)

Personalized Namespaces

ネームスペースでは、ビジネスと資産のための独自の場所をNEMブロックチェーンに作成できます。 ネームスペースは、インターネットドメイン名と同様に、選択した一意の名前で始まります。その後、自分のサブドメインと資産の名前を定義することができます。これにより、資産が独自のものとして、使いやすく、また信頼できるものになります。

Namespaces let you create a unique place for your business and your assets on the NEM blockchain. A Namespace starts with a unique name that you choose, similar to an internet domain name. You then have the ability to define your own subdomains, as well as names for your assets. This makes your assets unique, easy to use, and trustable.

一連の処理(トランザクション)

Transactions

一連の処理(トランザクション)とは、あなたのスマートアセットがどのように作動するようにされているかということです。 トランザクションでは、アドレス間でモザイクを転送したり、アドレスの所有権を移送または設定したり(Multisigルールの使用を含む)、メッセージの送信などを行うことができます。 NEMsのブロックチェーンには物事を合意によって進める方式(コンセンサスドリブン)における時間管理機能が組み込まれているため、トランザクションは自動的かつ正確にタイムスタンプされます。

Transactions are how your Smart Assets are put into action. Transactions let you transfer Mosaics between Addresses, transfer or configure ownership of Addresses (including use of Multisig rules), send messages and more. NEMs blockchain includes a built-in consensus-driven time keeping facility, so transactions are automatically and accurately time stamped.

NEMのブロックチェーン構造

NEM Blockchain Architecture

NEMブロックチェーンの基盤(プラットフォーム)は、NEMの中核的中継処理コンピュータプログラムソフト(コアノードサーバーソフトウェア)を実行しているプログラム中継コンピュータ(ノード)のネットワークから構築されています。 要約すると、これらのノードは、スマートアセット処理(トランザクション)が実行され、検索され、ブロックチェーン元帳に永久に記録され、強力で使いやすく安定した安全なプラットフォームを提供します。 これを行うには、このネットワーク上のノードに2つの不可欠な機能があります。

The NEM blockchain platform is built from a network of nodes, all running NEM’s core node server software. In summary, these nodes provide a powerful, easy-to-use, stable, and secure platform where Smart Assets transactions are conducted, searched, and immutably logged to the blockchain ledger. To do this, nodes on this network serve two essential functions:

APIゲートウェイサーバー( ソフトウェアからOSの機能を利用するための仕様へアクセスするためのネットワーク上の出入り口に設置するコンピュータ )

API Gateway Server

まず、各 プログラム中継コンピュータ (ノード)は、各種プログラム(アプリケーション)がブロックチェーンとその機能に接続(アクセス)するために使用するAPIゲートウェイ( ソフトウェアからOSの機能を利用するための規格へアクセスする窓口 )を提供します。つまり、各種プログラム(アプリケーション)側で複雑なプログラム中継コンピュータソフト(ノードソフトウェア)を実行する必要はありません。 すべての使用可能な機能は、ネットワーク自体の各プログラム中継コンピュータ(ノード)のソフトウェアからOSの機能を利用するための規格(APIインターフェイス)を介して利用できます。 つまり、ブロックチェーンを使用して、あらゆる言語の軽快に作動するプログラムを使用したさまざまな製品サービス構造を作成できます。

実際に可能な製品サービス構造のいくつかの例:

First, each node provides the API gateway that applications may use to access the blockchain and its features. This means that your application does not need to run any complex node software; all usage functionality is available through the API interface on each node in the network itself. This means that the blockchain can be used to create a variety of solution architectures with light-weight code in any language.

Some examples of possible solution architectures:

モバイルアプリによる直接アクセス

軽快に作動する各種プログラムはブロックチェーン機能に直接相互作用(インターフェイス)します

クライアント/サーバーモデル

ゲートウェイサーバーは、クライアントアプリケーションまたはWebサービスのブロックチェーンの使用を管理します。

旧コンピュータシステムで構築する (レガシーシステムインテグレーション)

ゲートウェイサーバーは、既存のビジネス契約論理、システム、またはデータベースをブロックチェーン元帳にリンクします。

Mobile app direct access
A lightweight app directly interfaces to blockchain features

Client/server model
A gateway server manages blockchain usage for a client app or web service

Legacy system integration
A gateway server links existing business contract logic, systems, or databases to the blockchain ledger

ブロックチェーンプログラム中継コンピュータネットワーク

The Blockchain Node Network

第2に、各NEM ノード ( プログラム中継コンピュータ )は、他のノードと共同してピアツーピアブロックチェーンネットワークを構築します。 まとめると、このネットワークはブロックチェーン自体を作成してサポートします。 NEMノードソフトウェアは、一連の処理(トランザクション)を検証し、データベースを維持し、他のノードと同期し、安定性と信頼性を維持して、高速で安全で拡張性のあるネットワークを構築します。

その特長には次のものがあります。

Second, each NEM node works with other nodes to build the peer-to-peer blockchain network. In sum, this network creates and supports the blockchain itself. The NEM node software verifies transactions, maintains a database, synchronizes with other nodes, and maintains stability and trustworthiness to create a network that is fast, secure, and scalable.

Some of its distinguishing features include:

重要性の証明(Proof of Importance:PoI)

Proof of Importance (PoI)

NEMの 物事を合意によって進める方式は、GoogleのPageRankに似たテクニックを使用して、独自のProof of Importanceアルゴリズム ( 重要性の証明をするための特殊な計算方法) で構築され、ブロックチェーンにおける一連の処理(トランザクション)の信頼性に対するさまざまな攻撃を防ぎます。 これは、Bitcoinやその他が使用する典型的な作業証明(PoW)メカニズムと同じ目的を果たしますが、拡張性(スケーラビリティ)とエネルギー効率がはるかに優れています。 これにより、ほとんどのパソコン(ハードウェア)上でプログラム中継コンピュータ(ノード)として一連の処理を実行できますが、無制限に拡張できる絶対的に安全なネットワークを提供します。

NEM’s consensus is built on a unique Proof of Importance algorithm, using a technique similar to Google’s PageRank to prevent a variety of attacks on the trustworthiness of blockchain transactions. It serves the same purpose as typical Proof of Work (PoW) mechanisms used by Bitcoin and others, but is much more scalable and energy efficient. This allows nodes to run on almost any hardware while still providing an absolutely secure network that can scale without limit.

Eigentrust++

NEMは、 プログラム中継コンピュータ (ノード)が他のノードの「評判」を知的に判断し、悪者を拒否し、ネットワーク全体の負荷を最適にバランスさせるEigentrust ++アルゴリズムの修正版を実装しています。

NEM implements a modified version of the Eigentrust++ algorithm that allows nodes to intelligently judge the “reputation” of other nodes and reject bad actors, as well as optimally balance loading across the network.

スパムからの保護

Spam protection

NEM プログラム中継コンピュータ(ノード)は、大量の情報処理(トランザクション)によってネットワークが揺らぶのを防ぎ、適切な一連の処理(トランザクション)を拒否せずに処理許容量を自動的に保証する組み込みのスパムフィルタを実装します。

NEM nodes implement a built-in spam filter that prevents the network from being swamped by a flood of transactions, automatically ensuring throughput while not rejecting good transactions.

P2P同期

P2P time synchronisation

時間同期のために外部存在(エンティティ)(時刻情報提供NTPなど)から独立するために、NEMはカスタムの時刻同期通信規約(プロトコル)を使用します。 このプロトコルは、ノードが連続的に同期していることを保証し、ネットワーク時間の相互承認(コンセンサス)を達成します。 これは信頼できる電子的な時刻証明書(タイムスタンプ)を保証します。これはブロックチェーン技術にとって不可欠です。

In order to be independent from any outside entity ( like NTP ) for time synchronization, NEM makes use of a custom time synchronisation protocol. This protocol ensures nodes are continuously synchronizing and thus achieve network time consensus. This warrants reliable timestamps, which is vital in blockchain technology.

ハーベスティングによるネットワークの報奨化

Network Incentivization via Harvesting

パブリックブロックチェーンの拡張性(スケーリング)は、「ハーベスティング」によって自ずと奨励されます。 誰でもパブリックノードを作成して、ネットワークに容量を追加することができます。 その追加された容量は、処理される一連の処理(トランザクション)に関連する料金を収穫するプログラム中継コンピュータ(ノード)の能力によって報われます。 与えられたノードの収穫の可能性は、それが有する処理能力の量ではなく、そのアカウントの「重要度」のスコアによってスケールされます。

ユーザーアカウントは、「ハーベスティングの委任」を使用してノードを設定することなく、収穫に参加することもできます。

Scaling of the public blockchain is self-incentivized by “harvesting”. Anyone may create a public node, adding capacity to the network. That added capacity is rewarded by the node’s ability to harvest the fees associated with any transaction they happen to process. Any given node’s likelihood of harvesting is scaled by its accounts PoI “importance” score, not the amount of processing horsepower it has.

User accounts can also participate in harvesting without setting up a node using "delegated harvesting".

公的および私的ブロックチェーンサービス

Public vs. Private Blockchain Solutions

NEMというサービス(ソリューション)は、次の2つの形式のいずれかをとることができます。NEMは、誰でも使用できる分散化された、オープンで自立したパブリックブロックチェーンのほか、許可されたプライベートブロックチェーンサービス(ソリューション)を提供します。 スピードとプライバシーが最優先です。 どちらも同じ基本プログラム(コード)を使用し、100%APIと互換性があり、柔軟性と将来性をさらに強化します。

NEM solutions can take one of two forms: NEM provides both a decentralized, open and self-sustaining public blockchain that can be used by anyone – as well as a permissioned private blockchain solution that can be provisioned specifically for your use on your own servers when speed and privacy are the priority. Both use the same underlying code and are 100% API compatible, providing additional flexibility and future-proofing.

将来を予測し準備しているプライベートNEMブロックチェーン

Provisioned Private NEM Blockchains

誰でもプライベートにおいて"信頼できる"プログラム中継コンピュータ(ノード)のネットワーク上で使用するための中核的NEMブロックチェーンのバージョンを予測し、事前に準備できます。 この構成では、パブリックネットワーク上の悪意ある参入者を防ぐ設計の要素を排除することができ、速度を1秒間に数千のトランザクションに増加させることができます。 ノードは非常に軽快で、特殊なハードウェアやデータベースのデータベース(バックエンド)は必要ありません。 問題のあるノードが不正なトランザクションを生成したり、ネットワークの処理許容量(スループット)を低下させたりするのを防ぐのに十分な冗長性を備えたシンプルなネットワークを構築できます。ネットワークは、NEMのAPIインタフェースを介して要求される任意のクライアントまたはサーバソフトウェアによってアクセスすることができます。

Anyone can provision a version of core NEM blockchain that’s for use on a network of private, “trusted” nodes. In this configuration, elements of the design that prevent bad actors on the public network can be eliminated, allowing speeds to rise into thousands of transactions per second. Nodes are extremely light-weight and do not need specialized hardware or database back-ends. A simple network can be built for redundancy sufficient to prevent a problematic node from creating bad transactions or ruining network throughput. The network can then be accessed by any client or server software desired through NEM’s API interface.

NEM公的ブロックチェーン

The NEM Public Blockchain

NEMは、非常に堅牢で、分散化された、自立したパブリックブロックチェーンを作成しました。これは、誰でもさまざまなプログラム(アプリケーション)に使用できます。 パブリックブロックチェーンで開発するには、いずれかのプログラム中継コンピュータ(ノード)でAPIインターフェイスを使用するだけです。
パブリックブロックチェーンネットワークを利用するには、NEMのネイティブ通貨であるXEMで支払う小額の手数料を支払う必要があります。 これらの手数料の規模は、取引の規模と複雑さに応じて変化し、ノード上の手数料である「ハーベスティング」によってネットワーク容量の供給者に渡されます。 これは、ネットワークの規模と多様性に対する需要の増大が本質的にインセンティブを与え、NEMパブリックブロックチェーンを迅速かつ堅牢に保つことを意味します。
XEMは様々なオープンな取引所で購入することができます。 XEM料金は公的なブロックチェーン上での商取引の支払いに使用されるため、XEMは固有の価値を集めます。 つまり、XEMは優れたデジタル通貨になり、NEMネットワーク上の誰でも価値を保存または移転することができます。
開発者がNEMブロックチェーンアプリケーションをリスクなしでテストするか、実際のXEM料金を被ることができる公開テストネットワークが用意されています。

NEM has created an extremely robust, decentralized and self-sustaining public blockchain that can be used by anyone for a variety of applications. To develop on the public blockchain, simply make use of the API interface on any of its nodes.

In order to make use of the public blockchain network, users must pay for transactions with small fees paid in NEM’s native currency: XEM. The size of these fees scale with the size and complexity of transactions and are passed to providers of network capacity through fee “harvesting” on nodes. This means that increasing demand for scale and diversity of the network is intrinsically incentivized and keeps the NEM public blockchain quick and robust.

XEM can be purchased on a variety of open exchanges. Because XEM fees are used to pay for real commercial transactions on the public blockchain, XEM gathers inherent value. This means that with time XEM becomes an excellent digital currency, usable by anyone on the NEM network for storing or transferring value.

A public test network is provided where developers can test NEM blockchain applications without risk or incurring real XEM fees.