NEM LIFE

暗号通貨(仮想通貨)NEMについての記事を記すブログです

NEM Global Hackathon、エントリー記録を取得

この記事は以下を和訳したものです。
medium.com


NEM Global Hackathon、エントリー記録を取得

シンガポールにて、2018年1月9日 - NEM財団は、2017年11月15日に最初に立ち上げられたNEM Global Hackathonの最初のエントリーで140以上の応募を受けました。この圧倒的な反応は、NEMブロックチェーンを使用した現実世界の問題解決に強い関心があることを示しています。

このコンテストは、NEM Smart Assetブロックチェーンの可能性を最大限に引き出すことを目的としており、Web、モバイル、ソフトウェアの3つのカテゴリを含みます。

NEMは世界初のスマートアセットブロックチェーンであり、通貨、サプライチェーン、公証、所有記録など、資産管理のための世界クラスのプラットフォームを提供します。 NEMブロックチェーンを使用することで、データベース技術は機能が豊富になり、ビジネスの効率的な運用が可能になります。

「このHackathonの結果として開発される革新的なアプリケーションを見て非常に興奮しています。 財団は、優秀であることが証明されれば、勝者の一部を持続可能な長期ビジネスに育てることを検討します」と、NEM.io財団のロンウォン会長は語りました。

合計$ 30,000ドルのXEMトークンが勝者に寄付され、参加者全員がNEMのアポスティーユの下でブロックチェーンで公証される参加証明書を受け取ります。

参加者の2段階のスクリーニングプロセスを行い、エントリー数を143から59に、さらに最も顕著なエントリーの33に数を減らしました。 申請は現在、審査委員によって審査されており、ハカソンの資格を有するすべての資格者は2018年1月10日までに電子メールで通知されます。

・・・

NEM Global Hackathonのタイムラインは次のとおりです。

第1ステージ - デザインと開発(2018年1月10-17日)
アイデアが承認された参加者は、正しいハッカソンの資格があります。この段階では、チームとして、または単独で、提出されたプログラムに記載された問題の問題解決に取り組むことがすべてです。

第2段階 - トラブルシューティングとアプリテスト(Jan 18-25、2018)
この段階では、参加者はアプリケーションの機能や使いやすさをテストしたり、フォーラム、テレグラムグループなどに投稿された既存のバグを発見することができます。詳細はNEM Global Hackathon App Testing Groupに参加して確認してください。

第3段階 - 最終製品の提出(2018年1月26〜31日)
既に動作しているアプリケーションでは、参加者は以下の要件を送信する必要があります。最終提出書式へのリンクは電子メールで送信されます。最終製品の提出締め切りは2018年1月31日(17時00分(GMT + 8))です。
1:作業中のアプリケーションのスクリーンショット(最小4枚)
2:アプリケーションの機能を示す短いビデオへのリンク(最大3分)
3:アプリケーションインストールファイル
4:アプリケーションの開発中に使用される有用性、技術的アプローチ、およびツールの詳細な説明(最大450語)
5:アプリケーションのGitHubリポジトリへのリンク

第4段階 - 審査&コミュニティ投票(2018年2月1日〜15日)
得点基準は審査委員会によって評価され、審査員による決定が最終的なものになります。審査員は、盗作や著作権侵害の要素が判明した場合には、いかなる記入も失格とする権利を留保します。

1:NEM統合 - NEMのもつ機能を含む必要があります 。
2:UI(ユーザー・インターフェイス)デザインとユーザーエクスペリエンス(UX) - ユーザーインターフェイスとグラフィック要素、機能、効率、および論理構造の設計
3:有用性 - 実世界の問題を解決する機能があるか
4:イノベーションとユニークさ - 現在利用可能なブロックチェーンベースのアプリとの違い、アプリのニッチ
互換性とオープンソースのサポート

勝者の発表と授与
優勝者は2018年2月15日に発表されます。

トップ賞
1位 - $ 10,000 *
2位 - $ 7,000 *
3位 - $ 5,000 *
特別賞
最も革新的なもの - $ 2,500 *
実装の容易なもの - $ 2,500 *
現実問題へのベストな問題解決 - $ 2,500 *
コミュニティによる選択 - $ 2,500 *

授与されるすべての賞はXEMトークンで支払われます。

NEM.io Foundation Ltd.について
NEM.io財団はシンガポールに拠点を置くグローバル組織です。 政府、学界、産業界におけるNEMブロックチェーン技術の使用を促進する事を宣言している非営利団体です。


以下、原文。

NEM Global Hackathon Receives Record Entries

Singapore, January 9, 2018 — NEM Foundation has received more than 140 entries for its first NEM Global Hackathon launched last November 15, 2017. This overwhelming response is an indication of the strong interest in solving real-world problems using the NEM blockchain.

This competition aims to showcase the full potential of the NEM Smart Asset blockchain and includes 3 categories — Web, Mobile and Software.

NEM is the world’s first Smart Asset blockchain and delivers a world-class platform for asset management such as currencies, supply chains, notarizations, ownership records, and many more. With the NEM blockchain, the database technology is extensive in capabilities, creating more efficient operations for businesses.

“We are very excited to see the innovative applications that will be developed as a result of this Hackathon. The Foundation will consider nurturing some of the winners into sustainable long term businesses if proven to be good,” said Lon Wong, President of the NEM.io Foundation.

A total of $30,000 USD worth of XEM tokens will be given away to winners, and all participants will receive a certificate of participation that will be blockchain-notarized under NEM’s Apostille.

A two-stage screening process of participants was conducted, cutting the number of entries from 143 to 59, and further down to 33 of the most remarkable ones. The applications are currently being vetted by the panel of judges and all qualifiers to the hackathon proper will be notified via email on or before January 10, 2018.

・・・

Here is the timeline for NEM Global Hackathon:

1st Stage — Design & Development (Jan 10–17, 2018)
Participants whose ideas have been approved will qualify for the hackathon proper. This stage is all about working out solutions, as a team or independently, to the problems stated in the app submission.

2nd Stage — Troubleshooting & App Testing (Jan 18–25, 2018)
In this stage, participants can allow users to test their apps’ functionalities and user-friendliness, and to discover existing bugs through posts on forums, Telegram groups, etc. Join the NEM Global Hackathon App Testing Group for more info.

3rd Stage — Final Product Submission (Jan 26–31, 2018)
With the applications already working, participants will need to send the requirements below. Link to the final submission form will be sent via email. Deadline for final product submission is January 31, 2018 at 17H00 (GMT+8).
Screenshots of the working application (minimum of 4)
Link to the short video showing features of the application (max of 3 minutes)
Application installation files
Detailed description of usefulness, technical approach, and tools used while developing the application (max of 450 words)
Link to the GitHub repository of the application

4th Stage — Judging & Community Voting (Feb 1–15, 2018)
The scoring criteria will be assessed by the panel of judges and any decision made by them is final. The judges also reserve the right to disqualify any entry if any elements of plagiarism or copyright infringement is determined.
1:NEM Integration — must contain any of the NEM features
2:UI Design and User Experience (UX) — design of the user interface and graphic elements, functionality, efficiency, and logical structure
3:Usefulness — ability to solve real-world problems
4:Innovation and Uniqueness — difference from blockchain-based apps currently available, app niche
5:Compatibility and Open Source support

Announcement and Awarding of Winners
Winners will be announced on February 15, 2018.

Top Prizes
1st Place — $10,000*
2nd Place — $7,000*
3rd Place — $5,000*
Special Awards
Most Innovative — $2,500*
Ease of Implementation — $2,500*
Best Solution to Real-World Problem — $2,500*
Community’s Choice — $2,500*

All prizes to be awarded are in XEM tokens.

・・・

About NEM.io Foundation Ltd.
NEM.io Foundation is a global organisation incorporated in Singapore. It is a non-profit organisation with a charter to promote the use of the NEM blockchain technology in governments, academia, and industries.