NEM LIFE

暗号通貨(仮想通貨)NEMについての記事を記すブログです

ファミリーポイントがNEMを選択した理由

この記事は
nemflash.io
を和訳したものです。

ファミリーポイントがNEMを選択した理由
ジュリアン・2018年1月10日

前書き
この記事では、FamilyPointsのサービスと、その機能をブロックチェーンがどのように提供するかについて説明します。 我々はブロックチェーンに実装し利用可能なものを評価し、われわれに最適なものを選択します。

情報発信元:
Why FamilyPoints chose NEM – FamilyPoints – Medium


信頼関係
ブロックチェーンが目の前にもたらす最も重要なことは何でしょうか?信頼です。分散元帳技術は透過的で不変です。信頼は世界で最も貴重なものの一つであり、特に育児市場は他の産業と比較して信頼の欠如からさんざんな目にあっています。保護者は、赤ん坊の食べ物、おもちゃ、衣服、教育など、子供のために消費する製品やサービスについて絶えず心配しています。ベビーパウダー、ミルク、おもちゃ、または乳母の品質への信頼は、身体的および精神的に子供の健康を守るのに役立ちます。

まず、中国市場に焦点を当ててみると、両親が毎日直面する危険を我々は知っています:

:毒性ミルク
:おもちゃの品質が悪い
:乳母、教師、看護師の過失的な行動
私たちのウェブサイトでそれについてもっと読む
それが、私たちが会社とプラットフォームを構築して、親たちの最大の懸念を解決しようとする理由です。ブロックチェーン技術は、有益な選択肢から親を保護するための革新的な方法です。

コミュニティ
私たちは両親のコミュニティを構築しています。それぞれの新しい親は、子供を育てる際に同様の経験を経ています。このプロセスでは、両親のコミュニティがお互いを大いにサポートしています。コミュニティの最も重要な効果は、親が製品、サービス、および製造業者に関する情報を共有して組み合わせたものがフィードバックされていることです。フィードバックとレビューは私たちの中心的な機能です。

しかし、共同レビューのアイデアは疑わしいものになっています。私たちはたくさんのレビューで埋め尽くされた信頼しがたい大手電子商取引サイトを見てきました。偽のレビューやバイアスをかけたレビューを作成する方法はいくつかあります。

商人は自分自身から偽の購入を行い(したがって、電子商取引のウェブサイトへの手数料を支払い)、実際の配送プロセスをスキップし、正当な購入であるかのように5つ星のレビューを残す。
または 商人は顧客に肯定的なレビューを残すように直接求め、そうするためにクーポンを提供するなどします。
電子商取引のウェブサイトは、利益を減らすため、それに対して闘いません。 (リンク、証明?)今日、偽のレビューは問題であり、私たちは解決策、つまりコミュニティを提供しています。

公開された元帳
ファミリーポイントプラットフォームは、変更できない公開された元帳にすべての顧客行動を書き込みます。 スマートコントラクトは、集められたすべてのデータを分析して、アクティビティに基づいて各親に重み付けし、それらに「評価」(または重要度)を割り当てることができます。

この公開台帳は、偽のアカウントからコミュニティを保護します。不審な行動をした顧客を検出するのは比較的簡単です。 実際の(アクティブな)親たちは、多種多様な行動をとります。複数の購入で異なる商品を購入し、コメントや賛成票を残し、他のサービスを消費します。 実際の顧客を模倣し、プラットフォーム上でより強い重み付けをすることは、製造業者にとっては時間がかかり、高価な努力であり、そのため無駄遣いをするこになってしまいます。

プラットフォーム上の顧客によって残された各レビューは、その顧客の影響力に基づいて重み付けされます。 「重要性の証明」という概念と同様に、著者の重要性に基づいてレビューを行うことができます。 重要度は、商品やサービスの購入頻度、他の親からのアップポント、コミュニティへの貢献など、多くのシグナル(元帳に格納されている)を使用するオープンアルゴリズム(スマートコントラクト)で計算されます。

積極的な親はコミュニティに価値をもたらし、コミュニティはさらに彼らに評価の投票を奨励します。

ブロックチェーンに求められる機能
詳細については、FamilyPointsプラットフォームを見てみましょう。
それは何なのか、そして、それはブロックチェーンをどのように使用しているのでしょうか。

このプラットフォームは、子育てのコミュニティ、eコマース、および教育コンテンツを1か所で組み合わせています。

コミュニティ元帳
私たちには、不変のデータを「追記専用」に格納する場所が必要です。 不変性が信頼をもたらすため、これは重要です。 開発者としても私たちはそれを変更することはできません。 さまざまな種類の活動を追跡し、個人情報を含まず、それらを閲覧したいと思う人には利用可能でなければなりません。

スマートコントラクトは、元帳からデータを読み取り、各コミュニティメンバーを個別に評価するオープンソースのアルゴリズムです。 彼は彼の活動パターンに基づいて彼に重要性の付与をします。

賛成票の投票
upvote(賛成票の投票)はあるコミュニティメンバから別のコミュニティメンバへの信頼(重み)の付与方法です。 Steemitに触発されて、私たちは子育て業界にupvote(賛成票の投票)の考えをもたらします。

購入後に得られる報酬ポイントは、購買サービスだけでなく、コンテンツの信頼を反映する手段でもあります。 人々が "upvote(賛成票を投票)"するとき、彼らは実際にコンテンツの著者にいくつかのポイントを送ることになります。 単純な「好き」よりもはるかに意味があります。 ポイントは、コミュニティを結びつけ、最高の製品、およびプラットフォーム上の最高のコンテンツを促進する接着剤でもあります。

レビュー
コミュニティメンバーがレビューを書くとき、コミュニティメンバーは安全に保存され、変更から保護されなければなりません。 レビューの元帳というのは新しいものです、そして、我々はブロックチェーンを利用して、コンテンツの信頼性を保護する初めての電子商取引企業の1つです。 述べたように、偽のレビューは問題であり、ブロックチェーンの元帳はこれを防ぐのに役立ちます。

eコマース
FamilyPointsプラットフォームのビジネスモデルは、すべて製品の中間マージンを最小限に抑え、報酬ポイントの形でそれらの貯蓄を親に戻すことです。 これらのポイントは、プラットフォーム内の教育サービスに蓄積され、費やされます。

このポイントは、プラットフォーム上で製品とサービスを販売するためのツールでもあります。 彼らの製品を購入するためのより大きな報酬を提供する製造業者は、顧客からより多くの注目を集める。 ポイントの産業生態系は、顧客と商人の双方にとって相互に有益です。

報酬ポイントは、安全に管理されなければならない資産です。 スマートコントラクトを搭載したブロックチェーン元帳は、このケースの完璧なソリューションです。

教育
報酬ポイントシステムは、育児や幼児教育サービスへの参入障壁を大幅に軽減します。 この種の教育は通常非常に高価でありますが、両親はそのことについてあまり考慮されません。

教育は、オンラインサービス(専門家とのビデオ通話など)、コンテンツ、または旧態依然としたベビーセンターの形式で行われます。

プラットフォーム上のサービスプロバイダは、ポイントを支払い手段として受け入れ、さらなるマーケティングのためにそのポイントを使用することができます。 ポイントは、電子商取引業界のさまざまな利害関係者を集め、それらをつなぎとめてくれる接着剤として信頼できるのが元帳です。

複数のブロックチェーンプロバイダにおける比較
市場で入手できるいくつかのオプションを評価しました。

HyperLedger
Ethereum
NEM
IOTA

これらのオプションのそれぞれには、独自のビジョン、トラクション、コミュニティ、および実際のユースケースがあります。 ブロックチェーン技術はまだ初期段階にあることを念頭に置いて、特定のテクノロジ機能ではなく、ビジョンとコミュニティに基づいてブロックチェーンプロバイダを選択しました。 テクノロジーは間違いなく進化し続けるでしょうが、今重要なのは、それをいかに早く使用することができるか、また懸念や問題が発生した場合にコミュニティからどのように迅速に援助を得ることができるかです。

私たちはIOTAブロックチェーンを検討したとき、幅広い企業での採用ではなく、独自のプラットフォームと製品に集中していることに気付きました。 このプロトコルのビジョンは、第三者のブロックチェーンとIoTを結合することです。これは、私たちのビジネスモデルに特に適していないものです。

EthereumとHyperLedger(HL)はどちらも有望です。 特別なスキルを必要とせずに使用することができれば、彼らは良い選択をとっているとみられます。 Ethereumは学習の堅固性(コンサルティングのための支払い)を必要とし、オフチェーンのスマートな契約は提供しません。 スマートコントラクトは素早く変更できないため、スマートコントラクトをブロックチェーン上に直接配置しないようにすることには大変大きな意味があります。 彼らのビジネスモデルの本質は時々変わることを意味しています。したがって、スマートな契約はそれらと一緒に変わる必要があります。

HyperLedger(特にFabricプロジェクト)は、大規模な企業統合を目指す共同企業の取り組みです。 それは多くの興味深い特徴と機能を持っています。 この選択肢を検討し始めたとき、効果的に使い始める前に、まず学び実践すべきことがたくさんあるように見えました。

NEMは、参入障壁、フレンドリーなコミュニティ、包括的な機能リストで私たちを魅了しました。 私たちは最初の議論のためにNEMの代表者に接近して以来、私たちは彼らと協力して大きな進歩を遂げました。

NEMを評価している間、私たちはブロックチェーンの使用をいかに素早く開始できるかに触発されました。 NEMは、ブロックチェーンとやり取りする方法としてHTTP APIを提供しています。 APIを介して外部サービスを利用するアプリケーションを構築する専門知識は巨大です。APIを使用できる開発者の市場は膨大で、アプリを開発する時間はむしろ減っています。ある意味では、ブロックチェーンは、あなたのアプリケーションが動作する別のサービス(Blockchain-as-a-service)になります。

マルチシグアカウント、モザイク、メッセージなどの関連機能と組み合わせることで、NEMをブロックチェーン実装プロバイダとして選択する必要があることは明らかでした。

ブロックチェーンの使用を開始したい企業は、次の点を考慮する必要があります。

導入までの時間/開発の容易さ
あなたのチームは実際に顧客に価値をどれだけ早く提供できますか?彼らには新しいスキルが必要でしょうか?あなたが最初から新しい技術を教えなければならない場合、それには時間とお金がかかるでしょう。これはより面白い何かに人々が去る事につながるかもしれません。

開発者の限られた市場
技術を十分に活用するには、それを学び、練習し、習得するために相当の時間を費やす必要があります。これを達成している人はいますが、新しい開発者を見つけて引き付けることは容易ではありません。ブロックチェーンでの経験を持つ人は、高価で、まれであり、より良い雇用条件のために辞めてしまう傾向があります。

変更可能なスマート契約
ビジネスは進化しており、ビジネスモデルは常に変化しています。ビジネスロジックは、世界のペースに適応しなければなりません。スマートコントラクトを変更しないで良いということは、多くの場合、選択肢としてあり得ません。ブロックチェーンの実装は、価値を提供し、変更に適応するのに役立ちます。

複数の資産
会社に複数の資産がある場合、あなたは複数の元帳を維持する必要はありません。ブロックチェーンを実装する上では、複数種類の資産を格納する場合でも単一の元帳を使用することで済みます。

参照
https://medium.com/@philippsandner/comparison-of-ethereum-hyperledger-fabric-and-corda-21c1bb9442f6medium.com

https://umu.diva-portal.org/smash/get/diva2:1111497/FULLTEXT01.pdf
https://nem.io/wp-content/themes/nem/files/NEM_techRef.pdf

以下原文。

Why FamilyPoints chose NEM
BY JULIAN · JANUARY 10, 2018

Introduction
In this article, we talk about FamilyPoints’ services and how blockchain helps us deliver those features. We evaluate available blockchain implementations and choose one that fits us best.

First appeared on medium

Trust Matters
What is the single most important thing blockchain brings to the table? Trust. Distributed ledger technology is transparent and immutable. Trust is one of the most precious things in the world and the parenting market, in particular, suffers the most from the lack of trust as compared to other industries. Parents are constantly concerned about the products and services they consume for their children — baby food, toys, clothing, education and more. Trust in the quality of baby powder, milk, a toy, or even a nanny helps to protect a child’s health, both physically and mentally.

Focusing on the Chinese market first, we know what dangers parents face daily:

:toxic milk
:poor quality of toys
:the inadequate behavior of nannies, teachers, and nurses
(read more about it on our website)
That is why we built the platform and the company to solve the biggest concerns for parents. Blockchain technology is our innovative way of protecting parents from harmful choices by qualifying the best products and services for maximum benefit.

Community
We are building a community of parents. Each new parent goes through similar experiences in raising a child. A community of parents greatly supports each other in this process. The most important community effect is combined feedback where parents share about information about products, services, and manufacturers. Feedback and reviews are our core feature.

However, the idea of collective reviews have been discredited. We have all witnessed big e-commerce websites full of reviews which cannot be trusted. There are several ways for creating fake or biased reviews:

a merchant makes fake purchases from himself (thus paying a commission to the e-commerce website), skips the actual delivery process, and leaves a 5-star review as if it were a legitimate purchase; or
a merchant directly asks customers to leave a positive review and offers them coupons to do so.
E-commerce websites do not fight against that because it would decrease their profits. (links, proof?) Nowadays fake review is a problem and we offer a solution — the community.

Open Ledger
What the FamilyPoints platform does differently is it writes all customer activity to an open ledger which cannot be modified. Smart contracts analyze all gathered data to weight each parent based on their activity and can assign them a “rating” (or importance).

This open ledger protects the community from fake accounts. It is relatively easy to detect customers with suspicious behavior. Real (active) parents behave very differently — they buy different products in multiple purchases, they leave comments, upvotes, and consume other services. To imitate a real customer and gain stronger weighting on the platform is a time consuming and an expensive endeavour for a manufacturer, thus making their subterfuge worthless.

Each review left by a customer on the platform is weighted based on how influential the customer is. Similar to the concept of “Proof of Importance”, we qualify reviews based on the author’s importance. Importance is calculated with our open algorithm (smart contract) which uses many signals (stored in the ledger) including frequency of purchasing products and services, upvotes from other parents, contribution to the community, and more.

Active parents bring value to the community and the community further encourages them with upvotes.

Features that Require Blockchain
Let’s look at FamilyPoints platform for more details. What is it and how does it use blockchain?

The platform combines the parenting community, e-commerce, and educational content in a single place.

Community Ledger
We need a place which is “append-only” storage of immutable data. This is important because immutability brings trust. Even we as developers cannot change it. Different kinds of activities must be tracked, contain no personal information, and be available for anyone who wishes to view them.

A smart contract is an opensourced algorithm which reads data from the ledger and evaluates each community member individually. It assigns a weight to him based on his activity patterns.

Upvotes
An upvote is a way of transferring trust (weight) from one community member to another. Inspired by Steemit, we bring the idea of upvotes to the parenting industry.

Rewarding points that customers get after a purchase is not only used for purchasing services, but also a mean of transferring trust for content. When people “upvote” — they actually send a few points to the content’s author. It has much more meaning than a simple “like”. Points are the glue which unites the community and promotes not just the best products, but also the best content on the platform.

Reviews
When a community member writes a review, it must be securely stored and protected from modification. The ledger of reviews is something new and we are one of the first e-commerce companies which use blockchain to protect content authenticity. As we mentioned above, fake reviews are a problem and the blockchain ledger helps us prevent this.

Ecommerce
The business model of the FamilyPoints platform is all about minimizing product margins and returning those savings back to parents in the form of reward points. These points can be accumulated and spent on educational services within the platform.

The points are also a tool for marketing products and services on the platform. The manufacturers which offer bigger rewards for purchasing their products gain more attention from customers. The ecosystem of points is mutually beneficial for both customers and merchants.

The reward points are an asset that must be securely managed. The blockchain ledger powered with smart contracts is a perfect solution for the case.

Education
The reward points system greatly reduces the barrier to entry for parenting and baby educational services. This kind of education is usually very expensive and sometimes not considered at all by parents.

Education exists in a form of online services (like video calls with experts), content or brick-and-mortar baby centres.

Service providers on the platform may accept points as a means of payment and use it for further marketing. Points become a way of bringing the different stakeholders in the e-commerce industry together and the glue that keeps them together is a trustful ledger.

Comparing Multiple Blockchain Providers
We evaluated several options available on the market:

HyperLedger
Ethereum
NEM
IOTA
Each of these options has its own vision, traction, community, and real-world use-cases. Keeping in mind that blockchain technology is still in its early stages, we preferred to choose a blockchain provider based on vision and community rather than on particular technology features. Technology will undoubtedly continue to evolve, but what matters now is how fast we can start using it and how quickly we can get help from the community in case of any concerns or problems.

When we considered IOTA blockchain, we noticed that it mostly focuses on its own platform and products rather than on wide enterprise adoption. The vision of the protocol is to glue together 3rd party blockchains and IoT — something that does not fit our business model particularly well.

Ethereum and HyperLedger(HL) both look promising. They could have been good choices for us if neither required special skills to start using them. Ethereum requires learning solidity (or paying for consulting) and it does not offer off-chain smart contracts. It makes a lot of sense to avoid deploying smart contracts directly on the blockchain because you cannot quickly change them. The nature of business models means they change from time to time and therefore, smart contracts must change with them.

HyperLedger (the Fabric project in particular) is a joint enterprise effort aiming at big enterprise integrations. It has many interesting features and abilities. When we started exploring this option, it quickly appeared that there were many things to learn and practice before we could start using it effectively.

NEM attracted us with the lowest barrier to entry, a friendly community, and a comprehensive list of features. Since we approached NEM representatives for initial discussions, we have made large strides in working with them.

While evaluating NEM, we were inspired by how quickly we could start using the blockchain. NEM offers HTTP API as a way of interacting with a blockchain. The expertise of building apps which consume external services via API is huge. The market for developers who can work with APIs is vast and the time to build an app is declining. In a way, blockchain becomes just another service your app works with (Blockchain-as-a-service).

Combined with relevant features like multisig accounts, mosaics, and messages, it was obvious that we had to choose NEM as our blockchain implementation provider.

Any company that wants to start using blockchain must consider these things:

Time to ship / Development barrier to entry
How fast can your team actually ship value to your customers? Do they need new skills to develop? If you have to teach a new technology from scratch — it will take time and money, something that may lead to people leaving you for more interesting gigs.
Limited market for developers
To fully utilize the technology one needs to spend a decent amount of time to learn, practice, and master it. While there are people who have done that, it is not easy to find and attract new developers. People with experience in blockchain are expensive, rare, and liable to leave for a better deal.
Mutable smart contracts
Business is evolving and business models change constantly. Your business logic must adapt to the pace of the world. Not being able to change your smart contract is not an option in many cases. Blockchain implementation should help you serve value and adapt to changes.
Multiple assets
If your company has multiple assets, you don’t want to maintain multiple ledgers. Blockchain implementation must support using the same single ledger for storing multiple types of assets.

Refs
https://medium.com/@philippsandner/comparison-of-ethereum-hyperledger-fabric-and-corda-21c1bb9442f6
https://umu.diva-portal.org/smash/get/diva2:1111497/FULLTEXT01.pdf
https://nem.io/wp-content/themes/nem/files/NEM_techRef.pdf