NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

コインチェックがクラッキング被害に遭う:「世界の歴史上最大の盗難」

ここではすでに日本国内で取り上げられているニュースに対して、海外がどの様に見ていたかの参考としてNEM公式ニュースページに載っていた記事
nemflash.io
を添付し和訳したものを記載します。

・・・

コインチェック クラック:「世界の歴史上最大の盗難」
ジュリアン・2018年1月28日

今朝、暗号化交換プラットフォームのCoincheckがクラッキングされ、5億2600万XEM(4億米ドル)が盗まれました、とNEM.io FoundationのLon Wong氏はCryptonews.comに語りました。

情報発信元:SeadFadilpašić&Stuart Garlickのcryptonews

これはNEMとは関係がありません。技術的に問題はなく、これらは、Coincheckだけが責任を負うものです:

ロン・ウォン氏が次のように発言しています。「NEMに関して言う限り、技術はまったく損なわれていません。 私たちはフォークしません。 また、私たちは、把握しうるすべての取引所にマルチシグスマートコントラクトを利用するようアドバイスしてきています。 Coincheckはそれを使用していないため、ハッキングされた可能性があります。 彼らは非常に緩い安全保障措置をとっていました。 」

「これは世界史上最大の盗難である」と彼は付け加えた。

ウォン氏は、それがトークンを盗んだのは一つの口座であり、彼らはそれを追跡するためにできることをするだろうとも述べました。

コインクチェック500mハックインタビュー、NEM副社長、ジェフ・マクドナルドをご覧ください。

youtu.be

金曜日のCoincheckのニュースがハッキングされ、5億以上のXEMが盗まれた後、彼ら日本最大の暗号通貨取引所のブログは現状を反映するように更新されています。 今のところ、Bitcoin以外の暗号通貨の売買は制限されています。

Coincheckの公式ブログからのアップデートによれば、

更新:午後6時19分(JST)、1/26
現在、クレジットカード、Pay Easy、コンビニエンスストアの支払いは中断されています。 我々はこれらの不便を心からお詫びし、できるだけ早く通常の業務に復帰するために引き続き努力します。

現時点では、XEMコインの価格は過去24時間で18.46%低下しました(その不規則な挙動のため、変動を追うことはほぼ不可能です)。これは前回の1月18日から1月25日までの1週間の変動1%から見ると顕著に高い変動を示しています。このコインは、今日(米国時間8時34分)、Yahoo Japanに掲載された後、一瞬にして0.77米ドルに下落した。 結局は0.78ドルに回復しましたが、今週の平均値1.05ドルとはまだ大きく異なります。 (出典:coinmarketcap.com)

この急激な急降下で明らかになった事は、NEM.io財団の大統領がCryptonews.comに、マルチシグスマートコントラクトを使用していなかったCoincheckだけに責任があると語ったにもかかわらず、パニックを起こしてしまうことです。

この事象を「FUDの拡散」(Fear(恐怖)、uncertainty (不確実性)、doubt(疑義)、またはdisinformation strategy(詐欺戦略)」と呼ぶ人々の対応は異なっており、この出来事が単にクジラ*のような巨大な存在が財布(市場)から金銭を大量に吐き出していることを確信しています。公の人々はこのクラック行為を嫌気するというもっともな理由があるのです:価格が暴落するようなパニックは、市場で存分に逆張りをすることができるのです。

クラックが確認されれば、マウントゴックス事件よりも5000万ドルも大きいものとなるでしょう。

ブログ投稿には色々と心配をかけている事や不便を詫びる一方で、「MtGoxと同様のケース」でも、できるだけ投資家の資金を返す必要があるとしています。 「この経営不安が収益拡大のためだとすれば、経営者だけでなく株主も責任を負うことになるだろう」とYahoo!japanは論じています。

f:id:jijikokkoku:20180129144916j:plain

紫色 - お金が盗まれた口座。
MtGoxの場合のように、Coincheckの関係者が現在聞きたいことではないかもしれないが、ユーザーの資産は同じシナリオが再現される恐れがあるため凍結されている。

別の人は、「お金がウォレットから動かされたわけでもないので、実際にはクラックされたかどうかはまだ分かっていない」と主張しています。 Redditor ユーザーのShniper氏は、「あなたならそれを売却したいと思ったはずだろう?」と言っています。

また別の人はパニック売りに反して警告しています。「たとえ銀行が奪われたからといって、あなたは自分の持っているすべてのドルを売るのか?」とu / web2lincで投げかけています。

Coincheckは、bitFlyerやQuoineなどの他のいくつかの顕著な暗号通貨取引所とは異なり、日本の金融庁(国内の取引所を監督する責任者)に登録されていないことに注意する必要があります。

報道によると、日本のメディアはコインクチェック本部に集まっているようです。
_______

 *「クジラ」という用語は、大口の暗号通貨売買者を言うもので暗号通貨市場で彼らのやり口を表すのによく使われます。

最も大きな暗号交換ハッキングのいくつか:

Mt Gox(マウントゴックス)
2011年に1件、2014年に1件の2件のクラッキングが深刻で、日本のBitcoin取引所は破産宣告を余儀なくされた。そのピーク時に、Mt. GoxはすべてのBitcoinトランザクションの70%を処理していました。
いくら盗まれたか?約3億5000万米ドル。

NiceHash
最も最近のハッキングは、スロベニア語ベースの取引所(初めて言及するものではありませんが)で、2017年12月に4700のBTCが失われました。このクラックは、取引所のシステムにアクセスするために従業員のセキュリティ資格証明書が使用された結果です。 NiceHashのBitcoinウォレットが奪われました。
どれくらい盗まれたか?約8000万ドルです。

Bitfinex
この交換所は交換所のウォレット構造に亀裂があり、大規模なハックが発生したときの最悪の場合に備えて少なくとも準備されました。ユーザーは以前のMt Goxクラッキング事件とは異なり、少しずつ払い戻されました。
どれくらい盗まれたか?約7200万ドルです。

The DAO
The DAO「Decentralized(非中央集権化)されたAutonomous Organization(自立組織)」は2016年に設立され、暗号通貨を利用した投資を可能にすることを目的としていました。残念ながら、スマートコントラクトの欠陥は、システムを更新する前にイーサリアムを何度も移動し繰り返すことをになりました。
どれくらい盗まれたか?約7000万米ドルです。

Parity Wallet
別のEthereumの盗難では、ここでのクラックは、2017年7月にパリティクライアントで使用されているマルチシグウォレットの欠陥の結果でした。
どれくらい盗まれたか?約3000万ドル。

ビットスタンプ
Bitstampは、スロベニアで、取引を行う安全な場所を提供する目的で、欧州に拠点を置くBitcoin取引所として設立されました。最近2015年にクラッキングに遭いました。最近、セキュリティが大幅に強化され、繰り返しクラッキングが発生することを想像する事はずっと難しくなりました。
どれくらい盗まれたか?約500万米ドル。

・・・
以下原文
・・・

Coincheck Hack: “The Biggest Theft in the History of the World”
BY JULIAN · JANUARY 28, 2018

This morning, the Japanese crypto exchange platform Coincheck was hacked and had 526 million XEM (c. USD 400 m) stolen, Lon Wong, President of the NEM.io Foundation, told Cryptonews.com.

First appeared on cryptonews by Sead Fadilpašić & Stuart Garlick

It has nothing to do with NEM – there is no issue with the tech, and according to them, the blame lies exclusively with Coincheck:

“As far as NEM is concerned, tech is intact. We are not forking. Also, we would advise all exchanges to make use of our multi-signature smart contract which is among the best in the landscape. Coincheck didn’t use them and that’s why they could have been hacked. They were very relaxed with their security measures,” Wong said.

“This is the biggest theft in the history of the world,” he added.

Wong also said that it was one account that stole the tokens, and they will do what they can to track them down.

Watch the Coincheck 500m hack interview with Jeff McDonald, NEM Vice president:.

Following Friday’s news of Coincheck being hacked and more than 500 million XEM stolen, their blog is being updated to reflect on the current situation of one of Japan’s greatest cryptocurrency exchanges. As of right now, sales and purchases of any cryptocurrency other than Bitcoin are restricted.

From Coincheck’s official blog, the update says:

Update: 6:19 pm (JST), 1/26 1
Currently, credit card, Pay Easy, and convenience store payments are suspended. We sincerely apologize for these inconveniences and will continue to do our best to be back to normal operations as soon as possible.

As of right now, the XEM coin’s price has fallen by 18.46% in the last 24 hours (and the fluctuations are almost impossible to follow, because of their erratic behavior), which is significantly higher than its previous fall of a measly 1% in the week between January 18 and January 25. The coin dropped in price to USD 0.77 at 08:34 UTC today, not long after the news was published on Yahoo Japan. It eventually recovered to USD 0.78, where we are right now, but this is still a far cry from its last week average of USD 1.05. (source: coinmarketcap.com)

An obvious answer to this sudden plunge would be panic selling – even though the President of the NEM.io Foundation told Cryptonews.com that the blame lies solely in Coincheck for not using their multi-signature smart contract.

Reactions vary from people calling this event “spreading FUD” (Fear, uncertainty and doubt, or a disinformation strategy) to those who are sure this event is just whales* moving money out of his wallet/exchange.” The public seems reluctant to consider this a hack, and with good reason: panicking, as we see from the price drop, can play heavy tricks on the market.

If the hack is confirmed, it will be even bigger than Mt Gox by USD 50m.

While the blog post apologizes for the inconvenience, many have other, more sinister ideas: “Even if this is [a case similar to MtGox], the exchange needs to return investor’s funds as much as possible,” an article on Yahoo Japan argues. “If we assume that this business management sloppiness was in order to expand profit, not only management but also shareholders shall be held responsible.”

In purple – the account that the money was stolen from.
The implication of the case of MtGox may not be what the officials over at Coincheck want to hear right now, but their users are frozen in fear of the same scenario being reenacted.

Others argue that it is not actually known if it was a hack yet, because the money has not left the wallet it was moved to. “You would want to get that sh*t sold,” says Redditor u/Shniper.

Others warn against panic selling: “If a bank gets robbed, do you sell all your dollars?” asks u/web2linc.

It must be mentioned that Coincheck is not registered with Japan’s Financial Services Authority – a regulator responsible for overseeing exchanges in the country – unlike several other prominent cryptocurrency exchanges, such as bitFlyer and Quoine.

Japanese media seem to be flocking to the Coincheck headquarters, according to reports.
_______

The term “whale” is frequently used to describe the big money cryptocurrency players that show their hand in the crypto market.

**

Some of the biggest crypto exchange hacks:

Mt. Gox
Two hacks, one in 2011 and one in 2014, were so severe that the Japanese-based Bitcoin exchange was forced to declare bankruptcy. At its peak, Mt. Gox was handling 70% of all Bitcoin transactions.
How much was stolen? Approximately USD 350m

NiceHash
The most recent of the hacks here was on a Slovenian-based exchange (not the first we’ll mention), which lost 4700 BTC in December 2017. The hack was the result of an employee’s security credentials being used to access the exchange’s systems. NiceHash’s Bitcoin wallet was robbed.
How much was stolen? Approximately USD 80m

Bitfinex
This exchange was at least prepared for the worst when a massive hack happened, the result of a breach in the exchange’s wallet architecture. Users were refunded gradually, unlike with the earlier Mt. Gox hack.
How much was stolen? Approximately USD 72m

The DAO
The Decentralized Autonomous Organization was set up in 2016, with the aim of allowing for investment using cryptocurrencies. Unfortunately a flaw in the smart contract meant it returned Ether multiple times before updating the system.
How much was stolen? Approximately USD 70m

Parity Wallet
Another Ethereum theft, the hack here was the result of a flaw in the multi-sig wallets used on the Parity client, in July 2017.
How much was stolen? Approximately USD 30m

Bitstamp
Bitstamp was set up in Slovenia as a European-based Bitcoin exchange, with the aim of providing a safe place to do trades. It was hacked in 2015. These days, they’ve stepped up their security significantly, meaning it is much harder to imagine a repeat hack happening.
How much was stolen? Approximately USD 5m