Coincheckから盗まれた5億3000万XEMは追跡可能、NEMチームが確認。

下記の記事は
nemflash.io
を和訳したものです。


Coincheckから盗まれた5億3000万XEMは追跡可能、NEMチームが確認。
ジュリアン・2018年1月30日

今週、NEM固有の暗号通貨であるXEMが、日本の暗号通貨取引所の大手コインチェックから5億3000万XEM盗まれました。 1月27日、ハッキング攻撃が発表されたわずか数時間後に、NEMの開発者は、ハッカーによって盗まれた資金を追跡する自動タグ付けシステムを作成しました。

情報発信元:Cointelegraph

盗まれた資金が追跡される
Cointelegraphが1月26日に報告したように、マルチシグネチャのセキュリティ対策が欠けていたセキュリティ性の低いホットウォレットから、5億3400万XEMが盗まれました。Cointelegraphによると記者会見で、Coincheckの役員は、すべての資金がホット・ウォレットまたはオンライン・ウォレットに保管されていたため、ユーザーの預金はセキュリティ侵害において脆弱であったと述べました。

記者会見の直後、NEMの代表者とそのオープンソース開発コミュニティは、暗号通貨取引所におけるユーザの預金を保護するためにハードフォークを実施するというアイデアに固く反対した。

ハード・フォークは、NEMのブロックチェーンに欠陥があり、そのために5億3,400万ドルのNEMが盗まれたという場合には実行される可能性があります。 しかし、セキュリティ侵害はコインチェックの強力なセキュリティ対策が欠如していたためですので、NEM開発チームは正式にハードフォークの実施を拒否したわけです。

代わりに、NEM開発チームは、Coincheckから盗まれたすべての資金を追跡するための自動タグ付けシステムを作成しました。 盗まれた資金を汚れた資金としてタグ付けすることにより、盗まれたNEM資金は取引プラットフォーム上で規制され、暗号通貨取引所は、回収または預け入れられたかどうかを簡単に確認できるようになりました。

ハック情報の更新:「NEMは、24〜48時間で準備が整う自動タグ付けシステムを作成しています。 この自動化されたシステムは、お金を追跡し、汚れたお金を受け取るアカウントにタグを付けます。 NEMは、アカウントにタグが付いているかどうかをチェックする方法を既に取引所に知らせています。 よって良い知らせとして、取引所でハッキングされたお金は持ち去ることができないということです」とNEM広報担当者は語った。

インタビューの中で、NEM財団副社長のジェフ・マクドナルドは、「タグ付けシステムの開発とNEM財団の取り組みが、今後取引プラットフォームを通じて盗まれた資金が引き出されたり、他の暗号通貨資金に転換されるのを防ぐことを確認しました」と話しました。

今のところ、コインチェックにおいてNEMを盗み、潜んでいるハッカーに選択肢はありません。自動タグ付けシステムが汚染された資金について直ちに警告を発するので、ハッカーが盗まれたNEMをビットコインやイーサリアムのような他の主要な暗号化通貨に変換することはできません。

盗まれた資金の規模が大きすぎるため、ハッカーが盗難資金を転換または浄化するために小規模な暗号化取引所を使用する可能性は低いです。

この段階では、ハッカーの唯一の安全なオプションは、盗まれたNEMを保持することです。最近のコインチェックのハック事件に照らしてNEMが開発した技術のおかげで、ハッカーが資金で何かをするのは非常に困難になっています。 盗難されたNEMを米ドルのような通貨に換金することはできません。また、盗難された資金を他の暗号化通貨に変換することもできません。

重要な恩恵
NEM、そのオープンソース開発コミュニティ、NEM財団は、コインチェックのためにタグ付けシステムを開発する必要はありませんでした。なぜなら、NEMブロックチェーンネットワーク上の盗難資金が回収されなくてもネットワークを回っているのですから。 しかし、NEMの開発者はコインチェックと投資家がハッキング攻撃で何百万ドルも失ってしまったことに対して、自発的に重大な問題の解決策を作ったのです。

・・・
以下原文
・・・

$530 Mln in XEM Stolen From Coincheck Can Be Traced, NEM Team Confirms
BY JULIAN · JANUARY 30, 2018

This week, $534 mln worth of XEM, the native cryptocurrency of NEM, was stolen from a major Japanese cryptocurrency exchange Coincheck. On January 27, merely hours after the hacking attack was announced, developers behind NEM created an automated tagging system to track down the funds stolen by hackers.

First appeared on Cointelegraph

Stolen funds will be traced
As Cointelegraph reported on January 26, $534 million worth of XEM were stolen from low security hot wallet that lacked multi-signature security measures. During a press conference covered by Cointelegraph, Coincheck executives stated that all of the funds were stored in a hot wallet or an online wallet, which left user funds vulnerable to the security breach.

Shortly after the press conference, NEM representatives and its open-source development community firmly opposed the idea of conducting a hard fork to prevent user funds on a centralized cryptocurrency exchange from being recovered.

A hard fork could have been executed if $534 million in NEM were stolen due to the fault of the NEM blockchain. But, because the security breach was caused by the lack of strong security measures of Coincheck, the NEM development team rightfully refused to conduct a hard fork.

Instead, the NEM development team created an automated tagging system to ensure that all funds stolen from Coincheck are traced. By tagging stolen funds as tainted funds, cryptocurrency exchanges can now easily verify if stolen NEM funds are withdrawn or deposited to regulated trading platforms.

“Hack update: NEM is creating an automated tagging system that will be ready in 24-48 hours. This automated system will follow the money and tag any account that receives tainted money. NEM has already shown exchanges how to check if an account has been tagged. So the good news is that the money that was hacked via exchanges can’t leave,” said a NEM spokesperson.

During an interview, NEM Foundation vice president Jeff McDonald confirmed the development of the tagging system and the work NEM Foundation will lead in the next few weeks to prevent stolen funds from being cashed out or converted to other cryptocurrencies through trading platforms.

As of now, the hackers behind the Coincheck NEM security breach are out of options. It is not possible for the hackers to convert the stolen NEM to other major cryptocurrencies like bitcoin and Ethereum because the automated tagging system will immediately alert exchanges about the tainted funds.

Due to the sheer size of the stolen funds, it is also not likely that the hackers will go through small-scale cryptocurrency exchanges to convert or launder the stolen funds.

At this stage, the only safe option for the hackers is to hold onto the stolen NEM. Because of the technology NEM has developed in light of the recent Coincheck hack, it has become significantly difficult for the hackers to do anything with the funds. It is not possible to cash out the stolen NEM to fiat currencies like the US dollar and it is also not possible to convert the stolen funds to other cryptocurrencies.

Important favor
NEM, its open-source development community, and the NEM Foundation did not have to develop the tagging system for the benefit of Coincheck, specifically because stolen funds on the NEM blockchain network would still have circulated around the network even if they are not recovered. But, NEM developers have done Coincheck and investors that lost millions of dollars in the hacking attack a tremendous favor by voluntarily creating a solution to a serious problem.