コインチェックはハッキングによって失った暗号通貨はマウントゴックス事件よりも大きいことを認めた。

下記記事は
nemflash.io
を和訳したものです。

・・・

コインチェックはハッキングによって失った暗号通貨はマウントゴックス事件よりも大きいことを認めた。
ジュリアン・2018年1月30日

東京に本拠を置く暗号暗号通貨取引所のコインチェックは、この技術における歴史の中で最大のハッキング事件にあっていることを確認しました。

情報発信元:Coindesk

和田晃一良取締役会長と大塚裕介最高経営責任者(CEO)は、23時30分(米国時間)23時30分の記者会見で、損失額を580億円(約533百万ドル)と見積もった。 この記者会見に出席したブルームバーグによると、コインチェックのデジタルウォレットから5億NEMのトークンが奪取されました。

日経のつぶやきには、盗まれた正確な額が、不正アクセス者によって完全に盗み出されるまで、完全にはわからなかった現在調査確認中としています。

しかし、事件の正確に何ドルなのかは(暗号通貨の激しいボラティリティと会社の情報が不足しているため)突き止めにくくなっておりますが、NEMのトークンであるXEMの価値が低下したことを考慮してデータから読み取ったとしても少なくとも400万ドル以上であるといえます。

報道時、XEMの価格は0.85ドルで、Coinmarketcapのデータによると、今日の最高値である1.01ドルからさらに低下しました。

特に、Coincheckから盗まれたドルの金額は、Mt. Goxが2014年に3億4000万ドル盗まれているが、時価総額が大幅に増加したことから、暗号化市場への影響はずっと小さいだろう。

コインクチェックが早急にほとんどのサービスを凍結した今朝早くから、盗難についての噂が流行していた。

同社は、NEMブロックチェーン上で動作するXEMの預金、取引、引出しを制限したことを13:00 JST(04:00 UTC)頃にウェブサイトで公表した。

約30分後には、すべての暗号化された通貨の引き出し、および日本円の引き出しについて、より広い範囲で停止が発表された。 次の1時間で、ビットコイン以外のすべての暗号通貨の取引も制限されました。 最新の更新によると、クレジットカードを含む他の預金方法も停止されています。

Coincheckは、顧客の資産補償を検討していると同社の幹部も発表した。

また、コインクチェックは日本の金融庁に登録されていないことが明らかになったが、まさに現在予定しているところである。 コインクチェックの社長は、この問題を深く後悔していると述べた。

CoinDeskはこの事件を追い続けていきます。

・・・
以下原文
・・・

Coincheck Confirms Crypto Hack Loss Larger than Mt Gox
BY JULIAN · JANUARY 30, 2018

Tokyo-based cryptocurrency exchange Coincheck has confirmed that it has suffered what appears to be the biggest hack in the history of the technology.

First appeared on Coindesk

In a press conference at 23:30 JST (14:30 UST), the exchange’s president Wakata Koichi Yoshihiro and chief operating officer Yusuke Otsuka estimated its loss at 58 billion yen (approx. $533 million). According to Bloomberg, which attended the conference, 500 million NEM tokens were taken from Coincheck’s digital wallets.

Tweets by Nikkei appeared to indicate that the precise amount stolen may not be fully known until further checks have been carried out into the intrusion.

But though the exact dollar figure for the incident is hard to pin down (given the volatile nature of cryptocurrencies and the company’s lack of information), data suggests the figure is now at least over $400 million, factoring for a decline in the value of XEM, the NEM protocol’s token, following the incident.

At press time, the price of XEM was $0.85, down from a high of $1.01 today, according to data from Coinmarketcap.

Notably, the dollar amount stolen from Coincheck is likely greater than the amount stolen from Mt. Gox in 2014 (pegged at $340 million), though the impact on the cryptocurrency market will be much smaller given the immense increases in market capitalization since.

Rumors had been circulating about the theft since early this morning when Coincheck abruptly froze most of its services.

The firm announced on its website around 13:00 JST (04:00 UTC) that it had restricted deposits, trading and withdrawal of XEM, the token running on the NEM blockchain.

A wider suspension on withdrawals of all cryptocurrencies as well as Japanese yen was announced around 30 minutes later. In the following hour, trading of all cryptocurrencies was also restricted, except bitcoin. According to the latest update, other deposit methods including credit cards have also been stopped.

Coincheck is looking into compensating its customers, its executives also announced.

It was also revealed that Coincheck was not registered with Japan’s Financial Services Agency, but now plans to do so. Coincheck’s president said he “deeply regretted” the issue.

CoinDesk is following this developing story.