NEMの通信プロトコルがコインチェック取引所から盗まれた資金を追跡

以下の記事は
nemflash.io
を和訳したものです。

・・・

NEMの通信プロトコルがコインチェック取引所から盗まれた資金を追跡
ジュリアン・パブリッシュ2018年2月1日・2018年2月1日更新

非中央集権的NEMプロトコルの柔軟性により、トランザクションをリアルタイムで追跡することができます。

シンガポール - 2018年2月1日 - NEM.io財団(https://www.nem.io/)は、ピアツーピアのNEMブロックチェーンプラットフォームを代表するもので、日本の取引所で発生した直近のハッキングで資金が盗まれたを追跡しているとアナウンスがありました。 分散型NEMプロトコルの柔軟性により、リアルタイムでトランザクションを追跡することができ、取引所は悪意ある活動に添付されたウォレットを簡単に識別する事ができます。 これは、盗まれたXEMトークンを効果的に使用できないようにするのに役立ちます。なぜなら、NEMによってフラグが立てられる事を避けて預け入れをすることができないからです。 NEMブロックチェーンプラットフォーム自体は現在でもなお安全であり、すべてのNEMモバイルウォレットとNEMナノウォレットは安全であり、その事になんら変化はありません。

1月26日、コインチェックウォレットのとんでもない安全面での過失のために、日本の暗号通貨取引所のコインチェックで、5億2600万XEMがウォレットにないことが報告されました。 分散型APIを利用しNEM財団の自動タグ付けシステムで、資金を盗んだウォレットを特定する目的で、盗まれた資金を追跡します。 盗まれた資金のウォレットにタグを付けることで、盗まれたNEMが統制の取れた取引プラットフォームに分散されている事を誰でも簡単に確認できます。

NEM財団のジェフ・マクドナルド副社長は、次のように語りました。「NEMプロトコルの強力な分散型APIにより、誰でもリアルタイムでこれらの資金を追跡することができ、預金が盗まれた場合でも取引所はこれを測位することができます。 我々は積極的にこの悪事の適切な処理を行うためにコインチェックと他の取引所と協力しています。 NEM.io財団は、状況が進展するにつれ、引き続き最新情報を提供していきます。」

暗号通貨コミュニティ全体としては、複数承認やハードウェアウォレットの使用など、適切なセキュリティ対策が必要です。

以下省略。

・・・
以下原文
・・・

NEM Protocol Tracks Funds Stolen from Coincheck Exchange
BY JULIAN · PUBLISHED FEBRUARY 1, 2018 · UPDATED FEBRUARY 1, 2018

Versatility of the decentralised NEM protocol allows transactions to be tracked in real-time

SINGAPORE — February 1, 2018 — The NEM.io Foundation (https://www.nem.io/), represents the peer-to-peer NEM blockchain platform, today announced it traces funds stolen in a recent hack on the Japanese exchange Coincheck. The decentralised NEM protocol’s flexibility allows transactions to be traced in real-time, which aids exchanges to identify wallets attached to malicious activity. This helps make stolen XEM tokens effectively unusable, because they cannot be deposited without being flagged by NEM. The NEM blockchain platform itself remains secure, and all NEM mobile wallets and NEM Nano Wallets remain secure and intact.

On January 26, 526 million XEM were reported missing from wallets on the Japanese cryptocurrency exchange Coincheck due to a massive security breach of the Coincheck wallet. The NEM Foundation’s automated tagging system, making use of the decentralised API, tracing stolen funds from the hack, with the objective of identifying wallets holding stolen funds. By tagging wallet of stolen funds, anybody can easily verify if stolen NEM funds are distributed to regulated trading platforms.

“The NEM protocol’s powerful decentralised API allows anybody to track these funds in real-time, allowing exchanges to determine if deposits were stolen,” said Jeff McDonald, Vice President of the NEM Foundation. “We’re actively working with Coincheck and other exchanges to ensure proper handling of this breach. NEM.io Foundation will continue to provide updates as the situation unfolds.”

The cryptocurrency community as a whole is reminded to take proper security measures, such as using multi-factor authentication and hardware wallets.

・・・
以下省略