日本初のオンライン銀行がMijinとHyperledgerによるブロックチェーン技術のテストを行う。

以下は、
nemflash.io
を和訳したものです。

・・・

日本初のオンライン銀行がMijinとHyperledgerによるブロックチェーン技術のテストを行う。
ジュリアン・2018年2月6日

ジャパンネット銀行:コスト削減と効率向上を目的としたブロックチェーン技術の先駆者

TOKYO - 2017年2月6日 - フィンテックと暗号通貨のソリューション会社であるテックビューローは、日本初のオンライン銀行であるジャパンネット銀行(Japan Net Bank、Limited)とPoC(Proof of Concept)プロジェクトを発表しました。 PoCの主な目的は、契約管理のためのペーパーレスシステムで、ブロックチェーンテクノロジーであるmijinとHyperledgerを使用する上での実用性を確認することです。

情報発信元:mijin.io

バックグラウンド
PoCのそもそもの契機は、契約書作成プロセスにおけるコスト削減と効率化の必要性に由来します。 一般的に、2つの当事者が契約との契約を正式化することを目指す場合、合意に達するまで多数の電子メール、契約ファイルの編集、および紙文書の署名が行われます。 したがって、このPoCの主要な仕様は、ファイルの表示、編集、承認、否認の反証不能な履歴を残すことです。

PoCの目的
全体的な目的は、効果的に技術のやり取りを行い、2つのブロックチェーン技術間の連携をなせるようにすることです。 一意のハッシュの登録と、mijinとHyperledgerのブロックチェーンの両方での編集などのデータの記録により、システムに関係なくまずデータが入力され、ブロックチェーンの障害時においてデータが保護されます。他の目的は、高いスケーラビリティとセキュリティを実現することです。

PoCスケジュール
PoCプロジェクトは2018年2月6日から開始され、2018年3月30日にプロジェクト報告会をもって完了する予定です。

PoC
このPoCでは、mijinを利用したジャパンネット銀行とHyperledgerを利用した富士通リミテッドがブロックチェーンのアプリケーションを開発します。 両方のアプリケーションは、契約における固有の情報からハッシュデータを生成し、ユーザーの承認と拒否を登録します。 ブロックチェーンに障害が発生した場合、システム管理者は他のブロックチェーン上のアクションの履歴を確認でき、このPoCの主要な目標である履歴データのセキュリティと高い拡張性を実現します。

このペーパーレスシステムでは、登録されたデータにアクセスするユーザーに対して、安全なファイルアクセスとストレージが必要です。 mijinブロックチェーンは、幅広いアプリケーションへの適合性、国内外からの安全なアクセス、使いやすいバックエンドのためにこのPoCに選ばれました。 mijinブロックチェーンは、ハッシュとユーザーの署名も暗号化し、タイムスタンプを各トランザクションの時点に正確に付加します。 タイムスタンプの精度はmijinブロックチェーンのプロトコルにコード化されています。

mijinって何?
Tech Bureauが開発したmijinは、ピアツーピアネットワーク上のブロックチェーンプラットフォームを簡単に作成するNEMプロトコルを利用した拡張プライベートブロックチェーンにより、多様な企業ニーズを満たすように設計されています。このブロックチェーンは、クラウドやその他の共有データ環境で内部的に、またはパートナー企業と協力して使用できます。

ミジンブロックチェインは、従来のインフラストラクチャのコストを削減しながら、高性能、停止時間ゼロ、および反証不能なデータを持つ安全なデータ共有環境を構築します。mijinは、金融機関、電子マネーシステム、ユーザー認証、土地と資産の登録、物流の追跡、および食品のトレーサビリティにおける大量処理元帳機関として幅広くテストされています。

テックビューローグループについて
日本、米国、ヨーロッパのフィンテックと暗号通貨のグループ会社であるテックビューロー社は、ブロックチェーン技術のためのソフトウェアとサービスを開発しています。 テックビューローはプライベートなブロックチェーンソフトウェアであるmijinと、ビットコインと暗号通貨取引所プラットフォームであるZaifを開発しました。

テックビューローは最近、独自のICOとブロックチェーン技術の実装をビジネスにサポートするための相談、専門知識、ソリューションを企業に提供するワンストップサービス「COMSA」を開始しました。

詳細については、次のURLを参照してください。
COMSA - https://comsa.io/ja/
Zaif® - https://zaif.jp/
mijin® - http://mijin.io/ja/

プレスコンタクト テックビューロー:Fujita / pr@techbureau.jp / + 81-6-6533-2230

・・・
以下原文
・・・

Japan’s First Online Bank Tests Blockchain Technology with mijin and Hyperledger
BY JULIAN · FEBRUARY 6, 2018

Japan Net Bank Pilots Blockchain Technology to Reduce Costs and Improve Efficiency

TOKYO – February 6, 2017 — Today Tech Bureau, a fintech and cryptocurrency solutions company, announced a PoC (Proof of Concept) project with The Japan Net Bank, Limited, the very first online bank in Japan. The main aim of the PoC is to ascertain the practicality of employing blockchain technologies, mijin and Hyperledger, in a paperless system for contract administration.

First appeared on mijin.io

Background
The impetus for the PoC originates in the need for cost reduction and improved efficiency in the contract drafting process. Typically, when two parties aim to formalize an agreement with a contract, numerous email, edits to contract files, and sign-offs on paper documents take place until an agreement is reached. Consequently in this PoC, a key specification is an unfalsifiable history of file views, edits, approvals, and rejections.

PoC Objectives
The overall objective is to effect technology exchange and create a linkage between two blockchain technologies. Through the registration of unique hashes and the logging of data such as edits on both mijin and Hyperledger blockchains, regardless of the system the data is entered on first, data is secured in the event of a blockchain failure. Other objectives are to realize high scalability and security.

PoC schedule
The PoC project starts February 6, 2018 and is scheduled to be completed with a project review meeting in March 30, 2018.

PoC
In this PoC, Japan Net Bank using mijin and FUJITSU LIMITED using Hyperledger will develop applications for blockchains. Both applications generate hash data from unique information from the contract and register user approvals and rejections. In the event of a blockchain failure, the system administrator can view the history of actions on the other blockchain, thus realizing security of historical data and high-scalability, major goals of this PoC.

This paperless system requires secure file access and storage for users accessing the registered data. mijin blockchain was chosen for this PoC because of its suitability to a wide range of applications, secure access from both inside and outside of Japan, and user-friendly back-end. The mijin blockchain also encrypts hashes and user signatures, and it affixes a timestamp accurate down to the second for each transaction. The accuracy of the timestamp is coded into the protocol of mijin blockchain.

What is mijin?
Developed by Tech Bureau, mijin is designed to meet versatile enterprise needs with its enhanced private blockchain utilizing the NEM protocol that easily creates blockchain platforms on peer-to-peer networks. The blockchains can be used internally or in collaboration with partner companies in a cloud or other shared data environments.

mijin blockchain creates a secure data-sharing environment with high performance, zero downtime, and unfalsifiable data, while reducing the cost of conventional infrastructure. mijin has been tested extensively as a high-throughput ledger engine in financial institutions, electronic money systems, user authentication, land and property registration, logistics tracking, and food traceability.

About Tech Bureau Group
Tech Bureau, a fintech and cryptocurrency group company in Japan, the U.S., and Europe, develops software and services for blockchain technology. Tech Bureau has developed mijin, a private blockchain software, and Zaif, a Bitcoin and cryptocurrency exchange platform.

Tech Bureau recently launched a one-stop solution, “COMSA”, that provides companies with consultation, expertise, and solutions to support their very own ICOs and implementations of blockchain technology into their businesses.

For more information, please see the following URLs:
COMSA – https://comsa.io/en/
Zaif® – https://zaif.jp/
mijin® – http://mijin.io/en/

Press contact Tech Bureau: Fujita / pr@techbureau.jp / +81-6-6533-2230

・・・
以下省略
・・・