北朝鮮、コインクチェック暗号通貨盗難の疑惑

以下は
nemflash.io
を意訳したものです。

・・・

北朝鮮、コインクチェック暗号通貨盗難の疑惑
ジュリアン・2018年2月6日・2000年2月7日更新

昨年、韓国でも同様の盗難事件が発生した

ソウル:韓国の情報機関は、月曜日の国会で、北朝鮮が先月における日本の暗号通貨取引業者からの大量盗難の一部を担った可能性が高いと明らかにした。

情報発信元:Nikkei by SOTARO SUZUKI

韓国のヨンハプ連合通信は、 1月26日において5憶8000万ドルに上る日本のコインチェックからの暗号通貨盗難事件に北朝鮮が関与した疑いがあると議会声明の資料から引用し報道しました。

国家情報院は、ある議会議員によると、韓国の暗号通貨取引業者に対するハッキング攻撃で、数千億ウォン(100億ウォン= 918万ドル)を北朝鮮が盗んでしまったと主張しています。 北朝鮮の国際的なハッキング活動を防衛するために、コインクチェックの攻撃でも北朝鮮の仕業が疑われていることから、南部の情報機関は海外の同様な組織とチームを組むことが計画されていると伝えられている。

北朝鮮はまた、2017年に中国との間で19億6000万ドルの貿易赤字を記録したとNISは月曜日に国会に報告したが、これは 国連安全保障理事会制裁により、石炭、海産物、衣料品などの輸出が禁止されたためだ。 今年、金正日(キム・ジョンウン)主導の執拗な国家は、制裁が本格化した2016年時点における外貨の半分以下にしか及ばない収穫しかなされないとみられている。

さらに、韓国の労働者党によるイデオロギー教育を受けていた最高幹部とかつてのキムの補佐官が処刑されたと噂された。黄禹錫(ファン・ビョンソ)は、人民軍総政治局長を解任された。

・・・
以下原文
・・・

North Korea suspected in Coincheck cryptocurrency heist
BY JULIAN · PUBLISHED FEBRUARY 7, 2018 · UPDATED FEBRUARY 6, 2018

Hack on Japanese exchange provider follows similar thefts in South last year

SEOUL — A South Korean intelligence agency apparently told the country’s National Assembly on Monday that North Korea likely played a part in last month’s massive theft from a Japanese cryptocurrency exchange service provider.

First appeared on Nikkei by SOTARO SUZUKI

South Korea’s Yonhap News Agency cited parliamentary sources in reporting Monday on the North’s suspected involvement in the Jan. 26 heist, in which hackers made off with 58 billion yen ($526 million) worth of the cryptocurrency NEM from Japan’s Coincheck.

The National Intelligence Service alleged that North Korea has stolen tens of billions of won (10 billion won equals $9.18 million) in hacking attacks on South Korean cryptocurrency exchange providers, according to one parliament member. With Pyongyang’s hand suspected in the Coincheck attack as well, Southern intelligence reportedly plans to team with overseas counterparts to defend against North Korea’s international hacking operations.

North Korea also ran a near-record trade deficit of $1.96 billion with China in 2017, the NIS reportedly informed the National Assembly on Monday, owing to United Nations Security Council sanctions banning exports of goods including coal, marine products and garments. This year, the reclusive state led by Kim Jong Un is expected to reap no more than half the foreign currency it did in 2016, when sanctions entered effect in earnest.

It was further reported that a top military official and onetime Kim aide rumored to have been executed was instead undergoing ideological education by the Workers’ Party of Korea. Hwang Pyong So was apparently dismissed as director of the Korean People’s Army General Political Bureau and succeeded by Kim Jong Gak, former minister of the People’s Armed Forces.