(和訳)COMSAを整備されたICOプラットフォームとするための準備を加速する

以下は、
nemflash.io
を和訳したものです。

・・・

COMSAを整備されたICOプラットフォームとするための準備を加速する
ジュリアン・2018年2月9日

TOKYO - 2018年2月3日 - フィンテックと仮想通貨サービス会社のテックビューローは、日本の資金決済に関する法律の下でCOMSAを整備されたICOプラットフォームビジネスにするための準備を加速していると発表しました。

情報発信元:comsa.io

背景
2017年4月1日に改正された日本の支払いサービス法が改正された後、テックビューローは2017年9月29日に金融庁に認定された仮想通貨取引所として登録されました。

金融庁は、全国的な暗号通貨ブームに対応して、プログラムを集中的にレビューし、暗号通貨やトークンに関する活動を監視するために、暗号通貨監視チームを構成しました。 2017年10月には、「Initial Coin Offerings(ICOs)のリスクについてのユーザーおよび事業者への警告」と題する摘要書を発表しました。具体的には、金融商品取引法に基づく「有価証券」の定義に適合する特定のタイプの「ICOトークン」に対する証券規制の適用可能性に注意を喚起するものです。

金融庁の公告に続いて、暗号通貨取引所を正会員として登録している自主規制組織である一般社団法人日本仮想通貨事業者協会(暗号通貨ビジネス協会)は、2017年12月に "Initial Coin Offeringsガイダンス"というタイトルの論文を発表しました。そのユーティリティトークンは、一般に、日本の支払いサービス法の下では暗号通貨とみなされます。

テックビューローは、ICOを取り巻く規制環境の進化と強化を踏まえ、改革、必要なガバナンス体制と内部ポリシーの整備、COMSAのICOプラットフォームの暗号通貨取引所サービスを提供し、整備するビジネスへの転換を決定しました。

次は何か?
COMSA ICOプラットフォームを暗号通貨取引所サービスに変えるために、テックビューローは改訂された資金決済に関する法律に従ってガバナンス構造を導入する必要があります。 この変換の結果、COMSA ICOプラットフォームのユーザーは、より安全な(整備された)環境でトークンの販売を開始することができます。
ICOの規制上の扱いは依然として世界各地で行われており、トークン売り手の地位は薄いものですが、テックビューローはグローバルなICO実践の導入をリードして高い規制基準を遵守し、COMSAを模範的な暗号通貨交換所ビジネスとすることを目指しています。

COMSAについて
COMSAはワン・ストップ・ソリューションを提供し、ICOキャンペーンとブロックチェーン技術の実装をビジネスにサポートするための相談、専門知識、ソリューションを顧客に提供します。 これは、企業顧客がトークンを販売したり、企業資産をトークン化したりして、資金調達に使用できる統合プラットフォームです。 テックビューローはこれらのサービスを、Zaif暗号通貨取引所とミジンプライベートブロックチェーン技術を組み合わせたワンストップソリューションとして提供しています。

日本のICOとICOトークンについて
ICOとは、しばしば「トークンセールス」と呼ばれるイニシャルコインオファーリング(Initial Coin Offering)の略です。この方法では、会社やプロジェクトは資産を電子トークンとしてデジタルで販売し、一般から資金を調達することができます。

日本では、ICOで販売されている企業の製品またはサービスへの今後のアクセスを表すユーザートークンまたはアプリコインとも呼ばれるユーティリティトークンは、支払いサービス法の下で「不特定人に販売される暗号通貨」とみなされます。 関連する地方財務局に暗号通貨取引所として登録されていない限り実施されます。

ICOトークンの法的特性は、事実と状況に基づいて見直されなければならないため、証券として扱われるか、より具体的には集合的投資スキームの下で扱われ、日本の金融商品取引法の下で規制される。

暗号通貨取引所サービス提供者
第2-8条の日本の決済サービス法は、厳格な会計処理、担保および顧客資産の管理を必要とする。 さらに、ユーザーの保護は必須です。

認可された暗号通貨取引所サービス提供者の一覧はこちらです。
以下の通知は、金融庁のウェブサイトに掲載されています。

認可された暗号通貨取引所サービスプロバイダのリストについて
・列挙された暗号化通貨を扱う暗号化交換サービスプロバイダは、支払いサービス法の定義に基づくサービスプロバイダ自身の説明に基づいて、金融庁によってのみ認められています。
・これは、金融庁および/または財務局は暗号通貨の価値を保証せず、暗号通貨が基になる資産を持たないため、推奨もしないことを意味します。
・暗号通貨取引所に参入する前に以下の注意を注意深く読んでください。

暗号化に関する重要な通知
・暗号通貨は、日本円や米ドルのような価値が保証されている「決済通貨」ではありません。 暗号通貨は、インターネット上で交換される電子データです。
・暗号通貨は価格が変動する可能性があります。 暗号通貨の価格が突然低下するか無価値になるリスクがあります。
・すべての暗号通貨取引所サービスプロバイダは、金融庁および/または財務局に登録する必要があります。 サービスを使用する前に、サービスプロバイダが登録されていることを確認してください。
・暗号通貨取引を行うことを検討する場合は、商品と取引所に関するすべての情報を読み、取引の性質を理解し、決定を下すための強固な基盤を得てください。
・暗号通貨と詐欺コインに関する相談の件数が増えています。 詐欺や悪意のあるビジネス手法が暗号通貨または暗号通貨取引サービスを導入することに注意してください。

Tech Bureau Groupについて
日本、米国、ヨーロッパのフィンテックと暗号通貨のグループ会社であるテックビューローは、ブロックチェーン技術のためのソフトウェアとサービスを開発しています。テックビューローはプライベートなブロックチェーンソフトウェアであるmijinと、Bitcoinと暗号通貨取引所プラットフォームであるZaifを開発しました。

テックビューローは最近、独自のICOとブロックチェーン技術の実装をビジネスにサポートするためのコンサルテーション、専門知識、ソリューションを企業に提供するワンストップソリューション「COMSA」を開始しました。

詳細については、次のURLを参照してください。
COMSA - https://comsa.io/ja/
Zaif® - https://zaif.jp/
mijin® - http://mijin.io/ja/

プレスコンタクト技術局:Fujita / pr@techbureau.jp / + 81-6-6533-2230

すべての製品および会社名は、登録された所有者の商標です。

・・・
以下原文
・・・

Accelerating preparations to make COMSA a regulated ICO platform
BY JULIAN · FEBRUARY 9, 2018

TOKYO –February 3, 2018 — Today Tech Bureau, a fintech and cryptocurrency solutions company, announced it is accelerating preparations for making COMSA a regulated ICO platform business under the Payment Services Act of Japan.

First appeared on comsa.io

Background
After the revised Payment Services Act of Japan came into effect April 1, 2017, Tech Bureau registered with the FSA as an authorized Cryptocurrency Exchange Service Provider on September 29, 2017.

In response to the nationwide cryptocurrency boom, the FSA formed the Cryptocurrency Monitoring Team to review applications centrally, as well as monitor activities related to cryptocurrencies and tokens. In October 2017, it released a memo entitled “Initial Coin Offerings (ICOs) – User and business operator warning about the risks of ICOs”, specifically calling attention to the potential applicability of Securities regulations to a specific type of “ICO token” that meets the definition of “Securities” under the Financial Instruments and Exchange Act of Japan.

Following the FSA’s public communication, the Japan Cryptocurrency Business Association, a self-regulating organization with registered Cryptocurrency Exchange Service Providers as regular members, released December 2017 a position paper (in Japanese) entitled “Guidance on Initial Coin Offerings,” in which it acknowledges that utility tokens are generally deemed to be cryptocurrency under the Payment Services Act of Japan.

Taking into consideration the evolving and stiffening regulatory environment surrounding ICOs, Tech Bureau is determined to strengthen its organization through reform, putting in place the necessary governance structure and internal policies, and turning COMSA’s ICO Platform into a regulated business that can offer cryptocurrency exchange services.

What’s next?
To turn the COMSA ICO Platform into a Cryptocurrency Exchange Service, Tech Bureau needs to introduce a governance structure in accordance with the revised Payment Services Act. As a result of this transformation, users of the COMSA ICO platform can initiate their token sales in a safer (regulated) environment.
While the regulatory treatment of ICOs remains in a state of flux around the world and the status of token sellers is tenuous, Tech Bureau aims to adhere to high regulatory standards, taking the lead in adopting global ICO practices, thereby making COMSA an exemplary cryptocurrency exchange business.

About COMSA
COMSA offers a one-stop solution, providing clients with consultation, expertise and solutions to support their ICO campaigns and implementations of blockchain technology into their businesses. It is an integrated platform that corporate clients can use to fundraise by selling tokens, or tokenizing corporate assets. Tech Bureau exclusively provides these services as a one-stop solution with its Zaif cryptocurrency exchange and mijin private blockchain technology.

About ICOs and ICO tokens in Japan
ICO stands for Initial Coin Offering which are often called “token sales.” With this method, a company or project can sell assets digitally as electronic tokens to raise funds from the public.

In Japan, utility tokens, also called user tokens or app coins, representing future access to a company’s product or service, sold in ICOs are considered to be “cryptocurrencies sold to unspecified persons” under the Payment Services Act, such that selling activities may not be undertaken unless registered as Cryptocurrency Exchange Services with the relevant local finance bureau.

The legal characteristics of ICO tokens must be reviewed on a facts-and-circumstances basis, so that they might be treated as Securities, or more specifically under the Collective Investment Scheme, and be regulated under the Financial Instruments and Exchange Act of Japan.

Cryptocurrency Exchange Service Providers
The Payment Services Act of Japan, Article 2-8, requires strict accounting, security, and separate management of customers’ assets. In addition, user protection is mandatory.

The list of authorized Cryptocurrency Exchange Service Providers is here.
The following notices are published on the FSA’s website:

About the List of authorized Cryptocurrency Exchange Service Providers
Cryptocurrency exchange service providers that deal in listed cryptocurrencies are only recognized by the FSA based on the explanation given by the service providers themselves under the definition of the Payment Services Act.
This means the FSA and/or finance bureau do not guarantee the value of cryptocurrencies or even recommend them as cryptocurrencies do not have any underlying assets.
Carefully read the below notices before entering into cryptocurrency exchange.

Important notices regarding cryptocurrencies
・Cryptocurrencies are not “fiat currencies” whose values are guaranteed like the Japanese yen or US dollar are. A cryptocurrency is electronic data that is exchanged on the internet.
・A cryptocurrency may fluctuate in price. There are risks that the price of a cryptocurrency may suddenly fall or become worthless.
・All cryptocurrency exchange service providers need to be registered with the FSA and/or finance bureau. Make sure that the service provider is registered before using the service.
・When considering engaging in cryptocurrency exchange, read all provided information on products and exchanges to understand the nature of the transaction and gain a solid basis for making a decision.
・The number of inquiries for consultations regarding cryptocurrency and scam coins is increasing. Be aware that scams or malicious business methods that use cryptocurrency or introduce cryptocurrency exchange services exist.

About Tech Bureau Group
Tech Bureau, a fintech and cryptocurrency group company in Japan, the U.S., and Europe, develops software and services for blockchain technology. Tech Bureau has developed mijin, a private blockchain software, and Zaif, a Bitcoin and cryptocurrency exchange platform.

Tech Bureau recently launched a one-stop solution, COMSA, that provides companies with consultation, expertise, and solutions to support their very own ICOs and implementations of blockchain technology into their businesses.

For more information, please see the following URLs:
COMSA – https://comsa.io/en/
Zaif® – https://zaif.jp/
mijin® – http://mijin.io/en/

Press contact Tech Bureau: Fujita / pr@techbureau.jp / +81-6-6533-2230

All product and company names herein may be trademarks of their registered owners.