警視庁がコインクチェック盗難事件についてNEMトレーダーに職務質問を行う。

以下は、
nemflash.io
を和訳したものです。

・・・

警視庁がコインクチェック盗難事件についてNEMトレーダーに職務質問を行う。
ジュリアン・2018年2月13日

日本の警察は、Coincheckから盗まれたNEMの一部をLitecoinに転換している国内のトレーダーに、現在進めている調査の一環として職務質問したという。

Coincheckで初めて登場しました ←(CCNの間違い?)

日本経済新聞社からのNEMトークン大量盗難の捜査に焦点を当てた最新の情報源を引用すると、日経は警察がハッキングに関連して少なくとも一人の被疑者がいると報告している。

この出版物によると、無名の人物は盗まれた少量の(シンガポールのnem財団によりタグ付けされている)NEMコインをダークウェブサイトから匿名でLitocoinに変換し入手した。 そのNEMがCoincheckから盗まれた物だと気づき認識した個人は、ダークウェブ上のウェブサイトを積極的に監視し、後に、警視庁サイバー犯罪部門によって追跡されました。 現在、その他の詳細はほとんど知られていません。

1月下旬に報告されたように、Coincheckの役員は、当時5億3000万ドルを超える5億2,600万のNEMトークンの大規模なハッキングを確認しました。 その後、盗まれたNEMトークンは、いくつかのデジタルアドレスの間で分割され、そのすべてがNEM.io財団によって追跡されています。

「非集中型NEMプロトコルの柔軟性により、トランザクションをリアルタイムで追跡することができ、悪意のある行為に付随するウォレットを識別できるよう取引所を支援する」と非営利団体が今月発表した。 これは、盗まれたXEMトークンを効果的に使用できないようにするのに役立ちます。なぜなら、NEMがフラグを立てることなくそれらを預金することはできないからです。 "

自動タグ付けシステムは、盗まれた資金を追跡し、盗難資金を保有するウォレットを特定する目的で特別に導入され、オブザーバーが規制された暗号通貨取引プラットフォームに及ぶかを確認および検証できるようにしました。

盗難の調査では、先週、盗難されたNEMの一部を所有する少なくとも1人のハッカーが、先週、暗号通貨をビットコインに交換しようとしていることが明らかになりました。 ハッカーは、Bitcoin-NEMスワップの取引に旨味をつけるために、ダークウェブ上のビットコイントレーダーに15%の割引を提供したと伝えられています

一方、コインクチェックは、明日から始まる平日の預金の引き出しを顧客に再び可能にすると発表した。

テレグラムで我々をフォローしてください。

・・・
以下原文
・・・

Tokyo Police Question NEM Trader Over Coincheck Theft
BY JULIAN · FEBRUARY 13, 2018

Japanese police have reportedly questioned a domestic trader who converted a small portion of stolen NEM from Coincheck into Litecoin as a part of an ongoing investigation.

First appeared on Coincheck

Citing sources with an ear to the investigation of the recent major theft of NEM tokens from Japanese exchange Coincheck, the Nikkei is reporting that police have questioned at least one individual in connection with the hack.

According to the publication, the unnamed individual had anonymously converted a small amount of the stolen NEM coins – tagged by Singapore-based NEM Foundation following the theft – into Litecoin through a dark web website. The individual, who reportedly admitted to being aware that the NEM sold was originally stoen from Coincheck, was tracked by Tokyo Metropolitan Police Deparrtment’s cybercrime division after actively monitoring websites on the dark web. Few other details are currently known.

As reported in late January, Coincheck executives confirmed a massive hack of 526 million NEM tokens, worth over $530 million at the time. The stolen NEM tokens were subsequently split up between several digital addresses, all of which are being tracked by the NEM.io foundation.

“The decentralised NEM protocol’s flexibility allows transactions to be traced in real-time, which aids exchanges to identify wallets attached to malicious activity,” the non-profit foundation said this month. “This helps make stolen XEM tokens effectively unusable, because they cannot be deposited without being flagged by NEM. “

The automated tagging system was specifically introduced with the objective of tracing stolen funds and identifying wallets holding stolen funds, enabling observers to check and verify if those funds reach regulated cryptocurrency trading platforms.

The investigation into the theft has already revealed at least one hacker possessing a portion of the stolen NEM making attempts to trade the cryptocurrency into bitcoin, last week. The hacker reportedly offered a 15% discount to bitcoin traders over the dark web to sweeten the deal with the Bitcoin-NEM swap.

Meanwhile, Coincheck has said it will re-enable withdrawals of fiat yen deposits to customers, starting tomorrow.

Follow us on Telegram.