NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

初のNEMベースにおけるPOS端末である、Pundi Xが2万台のXPOSデバイスを出荷すると明らかにしました

以下は
nemflash.io
を和訳したものです。

ちなみにpundiはマレーシア語で財布(pundi-pundi)という意味だそうです。

・・・

初のNEMベースにおけるPOS端末である、Pundi Xが2万台のXPOSデバイスを出荷すると明らかにしました
ジュリアン・2018年4月11日・2018年4月11日更新

シンガポール、2018年4月10日/ PRNewswire / - 小売店が様々な暗号通貨トランザクションを行うことを可能にするブロックチェーンベースのPOSサービスプロバイダーであるPundi Xは本日、XPOSスマートの新しい分野を発表しました。NEMブロックチェーン上でのみ稼働するPOS端末です。このデバイスは、小売業者と消費者の双方が暗号通貨から現行通貨へ、もしくは現行通貨から暗号通貨へのトランザクションを迅速かつ容易に行うこと手助けします。 Pundi Xは2万台のNEM XPOSデバイスを提供することになります。

情報発信元:Business Insider

新しいNEM XPOSデバイスは、ブロックチェーン開発者がデジタルウォレットに接続してスマートコントラクトリクエストを作成できるようにするPundi X Platform API XPluginsを介してNEMブロックチェーンに接続されます。NEM XPOSデバイスは、実店舗でのより高速な取引を提供します。 消費者は、XPOS端末を通じて複数のNEMベースにおける暗号通貨トランザクションを実行することができます。 このNEM XPOSデバイスに登録されていることが確認されているトークンは、XEM、PXSXEM、XARです。 XEMモザイクトークンは今後更にリストアップされます。

XEMは、coinmarketcap.comによると、世界で15番目に大きい暗号通貨であり、時価総額は21億ドルです。NEMの技術は現在、さまざまな金融機関や業界で採用されています。需要と取引量を考慮すると、XEMは日本で最も人気のあるaltcoinの1つです。 NEM XPOS端末は、プライベート・チェーンとパブリック・チェーンの両方にNEMブロックチェーンを使用します。

「NEMとPundi Xは、すべてのブロックチェーン開発者とそのユーザーが直面している最大の課題の1つに取り組むために共同で取り組んでおり、主な消費者が日々の生活の中で利用できるようにします。」nem財団の設立者であるロン・ウォン氏は「これによりNEMベースにおけるトークンが主流として初めて店頭で採用されることになるだろう」とコメントしました。

「消費者がブロックチェーンベースのトランザクションを行う場合、その速さは、ユーザーの使用感を向上させるためには非常に重要です」Pundi XのCEO、Zac Cheahはこう述べています。「それで、私たちは試験的にXPOSデバイスにNEMプライベート・チェーンを統合し始めたのです。 NEMプラットフォームが成長するにつれて、市場の需要を満たすためにNEM XPOS端末をパブリックとプライベートの両方に統合することは、私たちにとって自然な運びなのです。」

Pundi Xは2万台のNEM POSデバイスを生産し、NEM Foundationとパートナーに提供します。

NEM.io Foundation Ltdについて

NEM.io Foundation Ltd.はシンガポールに本拠を置く非営利団体で、NEMのブロックチェーン技術を世界的に推進するために設立されました。 現在のところ、暗号化処理業界で最も成功して成功したブロックチェーン技術プロジェクトの1つです。 NEMの技術は現在、さまざまな金融機関や業界で利用されています。

詳細については、www.nem.ioをご覧ください。

ここに記載されているその他すべての製品名および会社名は、登録された所有者の商標です。

Pundi Xについて

Pundi Xは、世界中のデジタル通貨を受け入れる小売店向けの各種暗号通貨POS(point-of-sale)サービスプロバイダです。 Pundi X POSは、店舗、カフェ、コンビニエンスストアが平均的な消費者のために暗号化トランザクションを容易にすることを可能にします。Pundi Xは、インドネシアの人気QRコードキャッシュレス決済アプリの1つであるPundi-Pundiの成功を基盤として、登録ユーザー数は10万人超、ジャカルタの商業パートナーは600を超えており、これを1年未満で達成しました。

国際間でより良い暗号通貨における産業構造の構築を目指しているPundi Xは、XPOSコンソーシアムとインドネシアブロックチェーン協会の創設メンバーです。 同社はまた、シンガポールフィンテック協会、香港フィンテック協会、ACCESS、スイス金融およびフィンテック協会のメンバーです。

詳細については、https://pundix.com/をご覧ください。

次のソーシャルメディアチャンネルでPundi Xを検索することもできます:

Twitter:https://twitter.com/PundiXLabs
テレグラム:http://t.me/pundix
メディア:http://medium.com/pundix
Facebook:https://web.facebook.com/pundixlabs
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCOIf6WeLEzZi3DQxzenTZeA
Instagram:https://www.instagram.com/pundi_x/

マルチメディアでオリジナルのコンテンツを表示する:http://www.prnewswire.com/news-releases/first-nem-based-point-of-sale-terminal-reveals-pundi-x-will-ship-20-000-nem- based-xpos-devices-300627026.html

ソース:Pundi X

・・・
以下原文
・・・

First NEM-based point-of-sale terminal reveals Pundi X will ship 20,000 NEM-based XPOS devices
BY JULIAN · PUBLISHED APRIL 11, 2018 · UPDATED APRIL 11, 2018

SINGAPORE, April 10, 2018 /PRNewswire/ — Pundi X, a blockchain-based point-of-sale (“POS”) solutions provider to enable the physical retail store to conduct multi-cryptocurrency transactions, today unveiled a new branch of XPOS smart point-of-sale terminal running solely on the NEM blockchain. This device will assist both the physical retailers and the consumers to do cryptocurrency to fiat or fiat to cryptocurrency transactions faster and easier. Pundi X will deliver 20,000 units of NEM XPOS devices.

First appeared on Business Insider

The new NEM XPOS device will be connected to the NEM blockchain via XPlugins, the Pundi X Platform API that allows blockchain developers to connect to digital wallets and create smart contract requests. The NEM XPOS device will deliver faster transactions at the physical retail stores. Consumers will be able to conduct multiple NEM-based cryptocurrency transactions via XPOS point-of-sale terminals. Tokens confirmed to be listed on this brand new NEM XPOS device are XEM, PXSXEM and XAR. There will be more XEM Mosaic tokens to be listed later.

XEM is the world’s 15th largest cryptocurrency, according to coinmarketcap.com, with a market capitalization of US $2.1 billion. NEM’s technology is currently employed by a variety of financial institutions and industries. When considering demand and trade volume, XEM is also one of the most popular altcoins in Japan. NEM XPOS terminal will use the NEM blockchain for both the private and the public chains.

“NEM and Pundi X are working together to tackle one of the biggest challenges facing all blockchain developers and their users – making it accessible for mainstream consumers to use in their daily lives,” commented Lon Wong, former president of NEM.io Foundation. “For the first time, NEM-based tokens will come to the store front for mainstream adoption.”

“When consumers conduct blockchain-based transactions, speed, by all means, is critical for better user experience,” said Zac Cheah, CEO of Pundi X. “That’s why we have started integrating NEM private chain in our pilot XPOS devices in the first place. As NEM platform is growing, it is a natural step for us to launch an NEM XPOS terminal by integrating NEM for both public and private chain to meet the market demand.”

Pundi X will produce 20,000 units of NEM POS devices and deliver to NEM Foundation and partners.

About NEM.io Foundation Ltd

NEM.io Foundation Ltd. is a non-profit organization based in Singapore, set up to promote NEM’s blockchain technology globally. It is currently one of the most well-funded and successful blockchain technology projects in the cryptocurrency industry. NEM’s technology is currently being utilized in a variety of financial institutions and industries.

For more information, please visit: www.nem.io

All other product and company names herein may be trademarks by their registered owners.


About Pundi X

Pundi X is a multi-cryptocurrency point-of-sale (“POS”) solutions provider for retail stores seeking to accept digital currencies in the world. Pundi X POS enables shops, cafes and convenience stores to facilitate cryptocurrency transaction for the average consumers. Pundi X builds on the success of Pundi-Pundi, one of Indonesia’s popular QR code cashless payment apps, has already signed up more than 100,000 registered users and over 600 merchant partners in Jakarta in less than a year of operation.

To build a better cryptocurrency ecosystem in different countries, Pundi X is a founding member of XPOS Consortium and Indonesian Blockchain Association. The company is also a member of Singapore Fintech Association, Fintech Association of Hong Kong, ACCESS, and Swiss Finance and Fintech Association.

For more information, please visit https://pundix.com/

You can also find Pundi X on the following social media channels:

Twitter: https://twitter.com/PundiXLabs
Telegram: http://t.me/pundix
Medium: http://medium.com/pundix
Facebook: https://web.facebook.com/pundixlabs
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCOIf6WeLEzZi3DQxzenTZeA
Instagram: https://www.instagram.com/pundi_x/

View original content with multimedia:http://www.prnewswire.com/news-releases/first-nem-based-point-of-sale-terminal-reveals-pundi-x-will-ship-20-000-nem-based-xpos-devices-300627026.html

SOURCE Pundi X