NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

ブロックチェーン関連のスタートアップ企業が、暗号通貨による資金調達を確保

本記事は以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/blockchain-startup-secures-cryptocurrency-funding/

ブロックチェーン関連のスタートアップ企業が、暗号資産による資金調達を確保
ジュリアン・2018年5月23日・2018年5月22日更新

2017年に創設された企業Choiceは、NEM.io財団からの非株式資金調達を確保するニュージーランドの最初のブロックチェーンプロジェクトであると述べています。
ニュージーランドに本拠地を置くブロックチェーンによる支払いシステムChoiceは、XEM暗号通貨の形式により100万ニュージーランドドル(約7200万円)に相当する金額を調達しました。

computerworld.co.nzに、スチゥアート・コーナー氏による初投稿

2017年に創設された企業Choiceは、NEM.ioファンデーションからの非株式資金調達を実施するために、ニュージーランドの最初のブロックチェーンプロジェクトであると述べています。
XEMを擁するNEM.io 財団は、シンガポールに本拠地を置く非営利団体であり、XEMの目的はNEMブロックチェーンテクノロジープラットフォームの使用を国際的な規模で、全産業や機関に導入、教育、促進することです。
Choiceは4000万米ドルのグローバル拡張プランの一部として2017年12月、ニュージーランドにオフィスをかまえました。そしてニュージーランドにおいて、地元のブロックチェーン会社の立ち上げを支援するために9000万米ドルのグローバル開発ファンドの促進を実施しています。
NEMブロックチェーンコミュニティファンディングの受け取り人は、操業コンセプトやビジネスプランをNEMコミュニティフォーラムに掲載した会社から、コミュニティ投票によって選ばれます。投票はユーザーによってされます。選ばれた会社は、NEM.io財団に推奨され、NEM.io財団は資金を発行する前にデューデリジェンスを行います。
Choiceは顧客と取引先の間の直接取引の構造基盤を立証することにより、ビザやマスターカードのような電子カード取引会社が取引先に課している2~6%の取引手数料を大きく減らすことを目的とした、支払いゲートウェイプラットフォームを自身の特徴として説明しています。
削減された手数料の半分は、顧客が選択し登録したチャリティに、寄付することを約束しています。
オッセイ・アミール氏はChoiceの共同創設者であり、ブロックチェーンの先導とっており、このプロジェクトは社会的な違いを作り出すために、フィアット支払いとブロックチェーンインフラを統合することにおいて、世界初であると述べています。
“世界のどこにもない社会的な影響を測るために認められた基準である”と彼は述べました。“Choiceは世界で積極的な変化を起こしたい、と希望する増加にある顧客に力を与えるために始まりました。そして、慈善寄付の影響を追跡し、測定できる新しい方法を作りました。
オーストラリアやニュージーランドのためのNEM.io財団のジェイソン・リー氏は、全世界にてNEMブロックチェーンの実用的な使用を見せるための有力企業としてChoiceをみなしていると述べています。
Choiceは、ベータ版製品に磨きをかけ、ニュージーランドの多数のホスピタリティビジネスへ、サービス導入する計画であると述べています。過去6週間、Kiwibankフィンテックアクセレータープログラムの一環として、ウェリントンにあるクリエイティブな本社にて、ニュージーランドのレギュレーターとともに作業を進めています。
ニュージーランドは、グローバルブロックチェーンの中心地になってきています。
フィンテック・ニュージーランドの部長であるジェームス・ブラウン氏は今週こう述べました。“ニュージーランドは、グローバルブロックチェーン中心地になってきています。”
ニュージーランドの会社に関係したブロックチェーンの資金調達の数が増えています。それに含まれるブロックチェーンラボ・ニュージーランドはイニシャル・コイン・オファリングを通して4億1千万ニュージーランドドルを調達するために支援しました。
ニュージーランドのテク・スターズのいく人かは、数十億ドルのグローバルオンラインレーティングや評価業界のために、世界発のブロックチェーンプラットフォームを最近開始したグローバルチームに関わっています。
2017ニュージーランドCEOオブ・ザ・イヤーのレイ・フロウンダーズ、ニュージーランドテックやフィンテック・ニュージーランドの社長ミッチェル・パウム氏、そしてブロックチェーン・ラボズ・ニュージーランド最高経営責任者マーク・パスカル氏がニュージーランド人として関与しています。
ブラウン氏によると、ブロックチェーンプラットフォームlina.reviewは、グローバル産業の全体を変え、ブロックチェーンがどのように世界の問題を解決していくかを示していくでしょう。
彼は他に注目すべき成果をこのように示しました:
ニュージーランドのファイナンシャルテクノロジーアドバイサリーサービスのプロバイダーであるキャピタル・トラスト・グループ(CTG)は、ウェリントンでの三つのブロックチェーン・プロジェクトを形成するためにパートナーシップを徐々に進めています。
ニュージーランドの会社であるCentralityは、最近オンライン・マーケットプレイスで使用できる仮想通貨にて1億1050万ドルに相当する金額を調達しました。
クライストチャーチに本拠地を置くクリプトピアは、12か月前2人からなるチームだったところから50人を雇用するまでに成長しました。そして世界において、大規模の暗号資産取引所のひとつとなっています。

・・・・
以下原文
・・・・

Blockchain startup secures cryptocurrency funding
BY JULIAN · PUBLISHED MAY 23, 2018 · UPDATED MAY 22, 2018
Choice, founded in 2017, claims to be the first blockchain project out of New Zealand to secure non-equity funding from the NEM.io Foundation
New Zealand based blockchain based payments system Choice has raised the equivalent of NZ$1 million in funding in the form of XEM cryptocurrency.

First appeared in computerworld.co.nz by Stuart Corner
Choice, founded in 2017, claims to be the first blockchain project out of New Zealand to secure non-equity funding from the NEM.io Foundation, the Singapore based not-for-profit organisation behind XEM whose stated purpose is “to introduce, educate, and promote the use of the NEM blockchain technology platform on an international scale to all industries and institutions.”
It opened an office in New Zealand in December 2017 saying as part of what it said was $US40 million global expansion plan, and was promoting, in New Zealand, a $US90 million ($130m) global development fund that it said would help kick start local blockchain companies.
Recipients of NEM blockchain community funding are chosen through community voting, with companies posting the concept for their startup or business on NEM community forums, which are then voted on by users. Successful companies are then presented to the NEM.io Foundation, which carries out due diligence before issuing the funding.
Choice describes itself as a payments gateway platform that aims to greatly reduce the two to six percent transaction fees that electronic card transaction companies such as Visa and Mastercard pass on to merchants, by proving a direct transfer infrastructure between customers and merchants.
It promises to donate half of those merchant savings to registered charities of the consumers’ choice.
Ossie Amir, co-founder and blockchain lead at Choice, said the project was the first in the world to integrate fiat payment transactions with blockchain infrastructure in order to make a social difference.
“Nowhere in the world is there an agreed standard for the measurement of social impact,” he said. “Choice has set out to empower the growing number of consumers wanting to make a positive change in the world and create a new measurable way to track the impact of charitable donations.”
NEM.io Foundation for Australia and New Zealand, Jason Lee, said the organisation saw Choice as “a leading contender to showcase the practical use of the NEM blockchain to the entire world.”
Choice says it is refining its beta product and expects to implement the service with a number of New Zealand hospitality businesses. It has been working in Wellington at Creative HQ for the past six weeks as part of the Kiwibank Fintech Accelerator program and says it is working closely with New Zealand regulators.
NZ becoming “a global blockchain centre”
FintechNZ general manager James Brown said this week that New Zealand was becoming a global blockchain centre.
“There are a growing number of blockchain launches involving Kiwi firms including Blockchain Lab NZ which has helped raise over NZ$410 million through initial coin offerings,” he said.
“Some of New Zealand’s tech stars are involved in a global team which recently launched the world’s first ever blockchain platform for the multi-billion-dollar global online ratings and review industry.
“Kiwis involved included the 2017 New Zealand chief executive of the year award winner Leigh Flounders, NZTech and FintechNZ chair Mitchell Pham and Blockchain Labs NZ chief executive Mark Pascall.”
According to Brown, the blockchain platform lina.review will change an entire global industry and demonstrate how blockchain can solve real world problems.
He listed other notable achievements as being:
• A New Zealand financial technology advisory services provider, Capital Trust Group (CTG), has forged partnerships to form three blockchain projects in Wellington;
• Kiwi firm Centrality recently raised the equivalent of $110.5 million in virtual currency that can be used in an online marketplace.
• Christchurch based Cryptopia has grown from being a two-person team 12 months ago to employing 50 people and being one of the larger cryptocurrency exchanges in the world.