NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

NEMファウンデーション、XEM暗号通貨で23億ドルに相当し、主要トレーダーの一つである韓国において事業を拡大

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/nem-foundation-expand-south-korea/

ファウンデーション、XEM暗号通貨で23億ドルに相当し、主要トレーダーの一つである韓国において事業を拡大
ジュリアン 2018年6月15日発行、6月16日更新

f:id:jijikokkoku:20190109074434p:plain
ALCのオープニングセレモニーの様子

Accelerate Koreaは、FutureBlockシンポジウムにおいて、我々が人脈を拡大し、韓国や世界においてパートナーを獲得できるようなプラットフォームを提供してくれました。

初出はeinpresswire
FutureBlockシンポジウムにおいて、韓国はブロックチェーンを渇望する活気に満ちたビジネスシーンの中にあるということを我々に示しました。

2018年6月11日韓国のソウル、/EINpresswire.com/
財団のプロジェクトディレクターであるLance Cheang氏は、”韓国は、NEMによる活動が行われていないにも関わらず、常にNEMの暗号通貨であるXEMを強力にサポートしてくれています。"と財団のプロジェクトディレクターである Lance Cheang氏は話しました。"
我々は、韓国のNEMに対する信頼に報いるべき時期がやってきたと感じ、NEMの技術を更に向上させ、韓国のエコシステムを含めたNEMのユースケースを拡大していこうと考えています。"

現在のところ、NEMのシステムインテグレーターであるKChainや、ブロックチェーンにおける拡張現実システムであるScanetchainへのサポートを含めて、韓国においての活動は散発的です。
しかし、NEMが現地法人を設立し、NEM財団の韓国における進出をリードできるような現地の人材を登用することによって、近い将来この状況は変わっていくでしょう、とCheang氏は話しました。

NEMはプロジェクト提案書やライトペーパーの提出の申し込みでスタートアップが可能な2億5000万のXEMのコミュニティーファンドを持っています。
そのプロジェクトがコミュニティ内の投票をパスすれば、スタートアップでは300万XEM(今日時点で75万ドル相当)まで受け取ることが可能です。

ブロックチェーン業界は、かなり初期の段階からアジアにおいて最先端を走っています。これは企業が先に行動を起こし、それを軸にして展開していることが理由にあるとcheang氏は話しました。
対照的に、彼は計画の遂行を遅らせる規制やコンプライアンスの必要条件を理由に、アメリカについては悩みの種と考えています。NEMは通貨拡大やコミュニティーエンゲージメント(共同社会の結びつき)のために4000万ドルを世界規模でブロックチェーンに投資しています。

"韓国には数多くの潜在的な成長の可能性があると見ています"と先月韓国のソウルで開かれたFutureBlockのシンポジウムで話しました。このFutureBlockは、ブロックチェーン技術の未来を模索し、様々なセクターの主要ステークホルダー間で相乗効果を生み出すことを目的とした組織です。

"今日は製薬業界に携わる男性、昨日は金融部門の方と運輸部門の方が、業界においてどのようにブロックチェーンを実装すればよいのかについて私に意見を求めてきました。ゆえに私は、韓国は多くの可能性を秘めており、様々なことが韓国で実行可能ではないかと考えています。

FutureBlockシンポジウムは、韓国はブロックチェーンを欲する活気あるビジネスシーンの中にあると我々に示してくれました。我々NEMはそれを補完する準備ができています。

"我々はブロックチェーン分野におけるNEMの専門家や、既存のエンタープライズユースケースが韓国ビジネスの手助けになると感じています。"とcheang氏は話し、"使いやすさは、我々のAPI主導のブロックチェーンソフトウェアを通して、ブロックチェーンシステムの開発に乗り気な新進気鋭の開発者たちにとって更なる利点でしょう”と続けました。

個人、政府、学会、企業やビジネスが、将来のNEM Blockchain Centerを通して学習の機会や支援を受けられることになるでしょう。そこでは、企業ブロックチェーンアプリケーションの開発を支援するための研修チームや技術チームが駐在している、とcheang氏は話しました。

"韓国のブロックチェーン業界は急激に成長しており、世界市場と連動している"とFutureBlockを設立、組織したAccelerate KoreaのAlina GratschnerとCarlo Jacobsは話し、 "おそらくこれらは、現在ブロックチェーンにおいて繁栄している韓国における経済のスタートアップに対する巨額の投資からくる潜在的な影響かもしれません"と続けました。

NEM憲章では、ブロックチェーン技術を公的機関や政府、学会、企業に教育、推進していくことを定めています。先月韓国で開催されたFutureBlockシンポジウムには3500人を超える人が参加をしました。このFutureBlockは、世界の技術分野、政治分野におけるリーダーである前アメリカ副大統領 Dick Cheney氏 、ドイツのGerhard Schroeder氏、
チリのMichelle Bachelet氏、オランダのJan Peter Balkenende氏を招集するために、アジアリーダーシップ会合の一環として開催されました。

シンポジウムで講演した、韓国のスタートアップアクセラレーター(ベンチャー企業に少額の投資を行う)FoudationXのCEOであるSungjae Hwang氏は、韓国の暗号通貨取引における高い需要は、100を超える取引所や、ICOsを中心としたマーケティング機関、法律事務所、デベロッパーを生み出してきた、と話しました。

金融監督官は昨年、ICOsを認めないと発言していましたが、法的な措置は取られていません。韓国のブロックチェーン企業は、ICO立ち上げの為、単にプロジェクトを海外へと移しただけでした。

ICONプロジェクトは、昨年に立ち上がり、国内をハイパーコネクトで接続するという狙いをもつThe Loopの支援を受けた、韓国では有名なブロックチェーン財団です。The Loopは、ブロックチェーンネットワーク構築の為、Lineコーポレーションや、韓国カスタマーサービスといった官公庁と協力関係を結んできました。

Hwang氏は、このような革新が技術分野において韓国がフォロワーから脱却し、リーダーになることに繋がると信じています。

"我々には多くの人的資源があり、合理的で効率的なやり方で技術を取り扱うことに長けています"と彼は話しました。"現実世界にはあまり多くのブロックチェーンアプリケーションはありません。韓国人は実際の生活の中で使用するアプリケーションを開発することが可能です。"小売業向けのロイヤルティポイントシステムをデジタル化するSpoqaは、ユーザーポイントをトークン化するためのリバースICOの準備を進めています。

韓国は中国と日本の間に位置し、またシンガポールや香港にもアクセス可能であり、
ブロックチェーンコミュニティーのハブとして機能できる場所にあります、とHwang氏は付け加えました。

韓国アクセラレータであるFuturePlayのスピンオフであるFoundationXは、ICOsのポンプアンドダンプ(虚偽の情報を流すこと)や詐欺といったブロックチェーン業界の影の側面を払拭するために立ち上げられました。

"ICOの中でも1%しかリーダーになることはできないと思いますが、韓国において次のグーグル、フェイスブック、カカオになる可能性を持っています。ゆえに我々はこのエリアの中へと飛び込み、その1パーセントを探し出そうとしています"と彼は話しました。

hwang氏は、IoT、VR、ARまた、eコマースといったエリアに技術を導入することに潜在的な可能性を感じています。

彼は、制度を壊して分権化させるというブロックチェーン技術の潜在性と、階級的な伝統に対抗するという韓国の文化に似通った点があると見ています。"両親から多大な資金援助を受けた人と、自分の力で成功した人のスタートラインはまるで異なります。"とHwang氏は話しました。"ブロックチェーンはこれらの隔たりを取り壊すことができます。ブロックチェーンの基本的な要素は、ブローカーを排除することです。ブロックチェーンによって韓国は国民にとって、より公平な国となるでしょう。"

Carlo Jacobs
Accelerate Korea
1049367770
メールはこちらへ
Accelerate koreaのFutureBlockシンポジウムのハイライトと講演者インタビュー
youtu.be


・・・・
以下原文
・・・・

The NEM Foundation to expand into South Korea, one of the biggest traders of its XEM cryptocurrency worth $2.3 billion
BY JULIAN · PUBLISHED JUNE 15, 2018 · UPDATED JUNE 16, 2018

ALC Opening Ceremony
ALC Opening Ceremony
Accelerate Korea’s FutureBlock Symposium provided NEM with the platform to expand our network of contacts and gain partners in the Korean and global scene.
First appeared on einpresswire
The FutureBlock Symposium showed NEM that Korea has a vibrant business scene that is hungry for blockchain…”
— Lance Cheang, project director at the foundation
SEOUL, SOUTH KOREA, June 11, 2018 /EINPresswire.com/ — “Korea has always been a strong supporter of NEM’s cryptocurrency XEM despite the lack of activities by NEM,” said Lance Cheang, project director at the foundation. “The Foundation feels it is high time to repay the faith that Koreans has in NEM and further improve on our technology and expand NEM’s use cases with the inclusion of Korea’s ecosystems.”
So far, activities have been sparse in South Korea, including NEM’s support for KChain, a systems integrator for NEM, and Scanetchain, an augmented reality system on blockchain. But this will change in the near future as NEM creates a local entity and hires local talent to lead the NEM Foundation’s expansion into Korea, Cheang said.
NEM also has a community fund of 250 million XEMs open to startups that apply by submitting project proposals, or lightpapers. If the project passes a community vote, the startup can receive up to 3 million XEMs (valued today at USD$750,000).
Cheang said the blockchain industry has an edge in Asia, which is first out of the gates because companies do first, pivot later. In contrast, he has seen complications in the U.S. due to regulations and compliance requirements that delayed execution. NEM is investing $40 million in blockchain globally for expansion and community engagement.
“I do see that there’s a lot of potential growing in South Korea,” he said on the sidelines of FutureBlock, a Symposium held last month in Seoul, South Korea, that seeks to explore the future of blockchain technology and create synergy between key stakeholders of diverse sectors. “Just today, a gentleman from the pharmaceutical industry, yesterday somebody from banking sector and somebody from the transportation sector pushed me for input on how to implement blockchain in their industry. So I think there’s a lot of potential and a lot more things can be done here. The FutureBlock Symposium showed NEM that Korea has a vibrant business scene that is hungry for blockchain and NEM is ready to fill the gap.”
“We feel that NEM’s expertise in the blockchain sphere and our existing enterprise use cases can benefit Korean businesses,” he said. “Ease of use is also an added advantage for budding developers keen to dabble into blockchain systems development through our API-driven blockchain software.”
Individuals, government, academia, corporates and business can also be more assured of learning and support via the future NEM Blockchain Center, which will house the training and technical teams to assist companies creating blockchain applications, Cheang said.
“Korea’s blockchain industry is growing exponentially and engaging with the global market,” said Alina Gratschner and Carlo Jacobs of Accelerate Korea, which founded and organized FutureBlock. “Perhaps those are also latent effects from the huge investment made in Korea’s startup economy drive that are now flourishing in blockchain.”
NEM’s charter is to promote and educate the public and government, academy and corporates about blockchain technology. Over 3,500 attended the FutureBlock Symposium last month in Seoul, held as part of the Asian Leadership Conference to convene the world’s technological and political leaders including former U.S. Vice President Dick Cheney and leaders Gerhard Schroeder of Germany, Michelle Bachelet of Chile and Jan Peter Balkenende of the Netherlands.
Sungjae Hwang, CEO of Korean blockchain startup accelerator FountationX who spoke at the symposium, says Korea’s high demand for cryptocurrency trade has spawned the creation of over 100 exchanges and new industries around ICOs, such as marketing agencies, law firms and developers. Although financial regulators last year said they aimed to quash ICOs, it was never legally enforced. Korean blockchain companies simply moved their projects overseas to launch the ICO.
The ICON project, launched last year, is a popular Korean blockchain foundation powered by The Loop that aims to hyperconnect the country. The Loop has partnered with companies like Line Corp. and public agencies like the Korean Customs Service to build their blockchain networks. Hwang believes such innovation will help Korea break from fast follower to leader in this technology.
“We have lots of human resources and we are good at doing tech in a rational, effective way,” he said. “There are not that many blockchain applications in the real world. Koreans can make tangible applications for use in daily life.” Spoqa, a startup that digitizes loyalty point systems for retail businesses, for example, is preparing for a reverse ICO to tokenize its user points.
Korea’s location, between China and Japan and conveniently close to Singapore and Hong Kong, helps to make the country a hub for the blockchain community, Hwang added.
FoundationX, a spinoff of Korean accelerator FuturePlay, was launched to clear up the dark side of the blockchain industry such as scams and pump-and-dump ICOs.
“Only 1 percent of ICOs will lead, but they could become the next Google, Facebook, or Kakao in Korea. That’s why we jumped into this area and try to find the 1 percent,” he said. Hwang sees high potential for applying the technology for good in areas like Internet of Things, virtual and augmented reality, and ecommerce.
He sees a parallel in Korean culture, which is steeped in tensions over its hierarchical traditions, for blockchain technology’s potential to disrupt and decentralize. “The guys who got big money from their parents and those who are self-made – their start lines are totally different,” Hwang said. “Blockchain tech can demolish these gaps. The basic factor of blockchain is to demolish the middleman. Blockchain can make Korea fairer for people.”
Carlo Jacobs
Accelerate Korea
1049367770
email us here
Accelerate Korea’s FutureBlock Symposium Highlights Video and speaker interviews