NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

フィリピンを拠点とするロイヤルコインが、世界的なロイヤルティ計画の為に暗号資産を採用

本記事は以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/philippines-based-loyalcoin-cryptocurrency-create-global-loyalty-scheme/

フィリピンを拠点とするロイヤルコインが、世界的なロイヤルティ計画の為暗号資産を採用
ジュリアン・2018年7月22日掲載・2018年8月13日更新

f:id:jijikokkoku:20190116133523p:plain

フィリピンを拠点とするロイヤルコインが世界最大のロイヤルティネットワーク構築に動き出しています。これにより数千の異なるブランドのポイントが交換可能になるでしょう。

当初、Johnny GreaneyによってCryptoDailyに掲載されました。
消費者は様々なブランドのポイントをタクシー乗車や航空マイル、ファーストフード店での優待などその他あらゆる物に還元できるようになります。
今年8月からは、初めてそれらのポイントを法定紙幣として現金引き出しすることも可能になります。
画期的なデジタルアセットであるロイヤルコインはフィリピン企業Appsolutelyの新構想であり、ここ5年ロイヤリティと報酬部門で中心的な役割を果たしてきました。
今では世界的な報酬スキームを創造するため、ブロックチェーン技術を用いています。
そのスキーム上では、例えば宅配ピザを頼んだポイントで週末飛行機に乗れたり、日用品を買ったレシートを使ってタクシー代を払ったりする事が可能になるのです。

ロイヤルコインのCOO、Paolo Bedionesはこう言います。「暗号資産が報酬部門に参入する時が来ました。」
「消費者は異なるお店からのロイヤルティポイントを一つにまとめることが出来るのです。」
「それは、彼らが容易にポイントを管理出来、本当に欲しい物とポイント交換出来ることを意味しています。以前よりもっと便利な方法で、それが可能になるのです。」

NEM財団のピアツーピアブロックチェーンプラットホームと協力して、ロイヤルコインはすでに20万人のコミュニティを持ち、90億枚のコインを流通させています。

CoinMarketCapによると1656枚のコインのうち268位に格付けされており、CryptopiaとNEM Exchangeで取引されています。

ロイヤルコインは現在フィリピンで事業を展開していますが、年末までに韓国、日本、そしてアメリカに規模を拡大していく計画です。ヨーロッパ市場への進出は2019年を予定しています。

彼らはすでに様々な企業との契約締結に成功しています。
5月にはセブパシフィック航空と契約を結び、フィリピン航空で採用しているGetGoポイントシステムの利用を決めました。
国際展開している大手コンビニチェーンのセブンイレブンや、今年初めにUberの東南アジア企業を買収した送迎サービス企業のGrabらとの契約も確認されています。

Bediones氏は付け加えます。
「無数のロイヤルティプログラムが存在するにもかかわらず、企業は未だにリピーター客を失っています。利用者がポイントを管理しきれず、限られた場所でしかポイントを使用できないからです。」
「ロイヤルコインがあれば、どこでもポイントを使用した取引が可能になります。すべてのポイントとプログラムを一つに結合できるからです。」
「企業は顧客と収益を増やし、人々はポイントを積極的に使用するようになるでしょう。一方で、新たにロイヤルティ経済が拡大すれば、所有者が持つコインの価値も上がっていくと考えられます。」
カガヤン経済特区庁(CEZA)は現在クリプトプラットフォームの国内使用を許可していますが、フィリピン中央銀行(BSP)は年末までに公的規制を実施する考えです。
Bediones氏は言います。「クリプトカレンシーを世界的に発展させる上で、規制は必要ですが、ギブアンドテイクも必要なはずです。」
「規制は重要ですが、成長の余地も残されるべきだと思います。」
社長でありCEOのPatrick Palaciosは言います。「ロイヤルコインは、私たちがパートナー契約をしている企業で使用できるデジタルな報酬ウォレットです。」
「本質的に、顧客はいつでもどこでもポイントを使用出来るのです。」

ロイヤルコインはロイヤルウォレットに保管されます。それはiOSとAndroid のオペレーティングシステムに使用可能で、安全なブロックチェーン基盤のシステムです。
Bediones氏は言います。「伝統的な報酬ポイントと同様に、ロイヤルコインは参加企業からの報酬を交換することが可能です。」
「あるお店からのポイントをシステム内の他のすべてのお店のポイントと交換できるということです。」
「一方で、ロイヤルコインは他の人へ送金したり、受け取ったりすることも可能です。それにより参加店との支払いに利用できるのです。」

ロイヤルコインは、英国の電動自転車店、50cyclesとのパートナー契約を結んだことでも話題になっています。
先月発表された電動自転車の新ラインであるTobaは、自転車に乗る人が走行距離によってロイヤルコインを獲得できる機能を搭載しています。1000マイル走行ごとにおよそ20ポンド(26.50ドル)相当のコインを得ることが出来ます。

さらに詳しく知りたい方はロイヤルコインのホームページをご確認ください。

f:id:jijikokkoku:20190116134339p:plain
ロイヤルコインのロゴ

f:id:jijikokkoku:20190116134400p:plain
ロイヤルコインのCEOパトリック・パラシオス

f:id:jijikokkoku:20190116134446p:plain
ロイヤルコインのCOOパオロ・ベディオネス

・・・・
以下原文
・・・・

Philippines Based LoyalCoin Is Using Cryptocurrency To Create The First Global Loyalty Scheme
BY  JULIAN · PUBLISHED JULY 22, 2018 · UPDATED AUGUST 13, 2018
Philippines-based LoyalCoin is aiming to create the world’s largest loyalty network where points from thousands of different brands are interchangeable – all thanks to cryptocurrency.
 
First appeared on CryptoDaily by Johnny Greaney
Customers will be able to turn reward points from numerous brands into taxi rides, air miles, fast food treats and pretty much anything else they want.
And from August this year they will also be able to cash out their points into Fiat currency for the very first time.
A groundbreaking digital asset, LoyalCoin is the brainchild of Filipino firm Appsolutely which has become a leading player in the loyalty and rewards sector over the last five years.
It is now using blockchain technology to create the only truly global rewards scheme where you can use your passion for pizza to jet off on holiday, and your grocery shopping bills to pay for a cab across town.
LoyalCoin Chief Operating Officer, Paolo Bediones, said: “It’s time for crypto to come into the rewards segment.
“The idea is that customers can combine their loyalty points from different merchants into one place.
“That means they can much more easily keep track of them and trade them for things they actually want – and in more ways than they previously thought possible.”
Working with peer-to-peer blockchain platform the NEM Foundation, LoyalCoin already has a 200,000-strong community and nine billion coins in circulation.
It is rated 268 out of 1,656 coins on CoinMarketCap and is being traded on Cryptopia and the NEM Exchange.
LoyalCoin is currently operating in the Philippines but is set to expand into South Korea, Japan and the United States by the end of the year. A route into the European market is slated for 2019.
And it already has some big brands on board.
In May it signed a deal with Cebu Pacific to harness the Filipino airline’s existing GetGo points system.
Agreements with international convenience store giant 7-Eleven and ride-hailing company Grab, which acquired Uber’s South East Asia operations earlier this year, have also been confirmed.
Mr Bediones added: “There are thousands of loyalty programmes but businesses still lose repeat customers who can’t keep track of them all and who can only use their points in a few places.
“With LoyalCoin it will be possible to use and trade them everywhere – it will unite all points and programmes into one.
“Businesses will gain customers and revenue, and people will actively use their rewards points. Meanwhile, coin-holders will see their points appreciate as the new loyalty economy expands.”
The Cagayan Economic Zone Authority (CEZA) currently allows crypto platforms to operate in the country but the Philippines central bank, Bangko Sentral ng Pilipinas (BSP), is working towards official regulation due to be in place by the end of the year.
Mr Bediones said: “Regulation is crucial to the advance of cryptocurrency globally, however there has to be some give and take.
“It is important but there should be room for growth within that.”
President and Chief Executive Officer, Patrick Palacios, said: “LoyalCoin is a digital rewards wallet that can be used within the group of merchants that we partner with.
“Essentially is solves the problem of consumers not be able to use their points anytime, anywhere.”
LoyalCoin is stored in a LoyalWallet, a secure blockchain-backed system that is available for both iOS and Android operating systems.
Mr Bediones said: “Like a traditional rewards point, LoyalCoin can be used to redeem rewards from any participating merchant.
“That means that your points from one merchant can be redeemed with every other merchant within the system.
“However, LoyalCoin can also be sent to and received from other people, and used as payment with participating merchants.”
It has already made waves in the cryptocurrency world through its partnership with United Kingdom e-bike retailer 50cycles.
Last month the British company announced a new range of electric bikes called Toba, on which riders can earn LoyalCoin while they pedal – at the rate of around £20 ($26.50) for every 1,000 miles they cover.
For further details visit loyalcoin.io.