NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

Qチェーン開発チームからの報告:2018年7月31日

Qチェーン開発チームからの報告:2018年7月31日
ジュリアン・2018年7月31日公表・2018年8月13日更新

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/updates-qchain-dev-team7-31-18/

今月、私達の小さなチームの仕事はとりわけ忙しかったです。2-3週間前、我々の駆け出しのビジネスに関しての努力の数々を発表しましたが、われわれが何に向かっているかはっきりと焦点をあて、そっくりそのまま発表しました。主な意味としては、われわれの市場に向けて、最新のフロントエンドのGUIを発表しました。加えてバックエンドデータベースの開発がなされ、現在の市場はわれわれがブロックチェーン関係のMVPにデビューする形の塊で、来月発表を予定しております。この成り行きのさらなる情報は、下までスクロールし7月の更新をお読み下さい。

Bizデバイス

私達のテレグラムグループの人たちはブランディング改善のために新しいロゴを公表しようとしていることに気付いていた。新しいロゴの鳥はケツァール鳥の簡単な風刺画である。ケツァール鳥はグアテマラの国鳥で、その生息地域はメキシコからパナマに及びます。動物や神話上の生き物の中から、Qから始まる名前のものをすみずみ探しケツァールを選びました。その他に候補にあったのは麒麟、クアッガ、そして最後に、我々のバリューをもっとも具現化するケツァール鳥を選ぼうと意見がまとまりました。(また、あのけばだった頭も気に入りました。)

ワールドカップが月半ばに終了するのと同じように、私達のブラケットコンテストを行い、3人の勝者はQチェーンシャツ、貨幣、そしてトレゾールハードウェアウォレット初の場所へと持ち帰ります。合計で48の参加者がお祭りに参加しました。コンテストの勝者、おめでとうございます、そしてレ・ブルー、おめでとうございます!

イベントの面では、私達のCEO、Wallyが9月にマレーシアのクアラルンプールで行われるBlocfestにて話をし、パネリストとして席に座ります。この会議の期間は9月24日から28日です。準備では、彼はブロックチェーンライターのSean Fitzjohnにインタビューをしました。その全体に関してはこちらをお読み下さい。

そして大事なことをひとつ言い残しました。2つの分散型取引、TokenJarとLoopringはイーサリアムベースのERC-20通貨EQCのリストを選択しました。後者はまだそれらのプラットフォームに出てくるための作業中であるため、発表を楽しみに目を凝らしていてください。覚えとして、XQCはNEMchange上での購入が可能です。NEMの過去の非公式取引の代わりとして、NEMは取引のコミュニティベースを支えるものを探しています。

テクノロジーデバイス

私達のマーケットプレイスのフロントエンドでは、詳細の閲覧を掲載し、より読みやすくなるよう一覧の構成を作り、レイアウトを改善しました。加えて、上位の構成の中のいくつかのカスタム要素の書き直しを行いました。

バックエンドにおけるマーケットプレイスのデータベースは活発に動いており、マーケットプレイスのフロントエンドにも融合しています。ユーザー、両広告主、そして発行主はマーケットプレイスにログインすることができ、他のユーザーが作ったリストの閲覧、あらゆる基準に基づきリストをフィルターにかけること、他の人から見えるリストを作成することができます。新しいユーザーは初めにプレースホルダーの統計とユーザーのダッシュボードを見るでしょう、そしてそれは一度他の広告主や発行主と取引をするとリアルタイムのデータとしてそれぞれ自身の契約として引き継がれるでしょう。

マーケットプレイスへの新たな追加項目の一つは、提供の段階で、広告主が発行主に内容の掲載を申し出ることができます。

また、我々はユーザーとの間でのメッセージのシステムの設定にも取り組んでいます。そのため、ユーザー達はお互いのリストについて連絡を取り交渉できます。フロントエンドの市場で、一度それが完成されて一手段となると、testnetsのはじめのうち、私達はXQCとEQCの取引を開始するためにユーザーのNEMイーサリアムのアカウントをマーケットプレイスの契約へつなぐよう取り組みます。

おわりに、わくわくするdevニュースをお伝えします。広告主と発行主の合意の上のよりよいマッチのために、Qチェーンはマシン学習アルゴリズムを開発中です。来週には、私達のNLP(自然言語処理)に関する計画を、ブログ記事にて詳細を投稿いたします。

・・・・
以下原文
・・・・

Our small team has been especially hard at work this month. The last few weeks presented an array of struggles for our fledgling business — but we emerged intact and with a clear focus on what’s ahead of us. Of primary import, we presented an updated front end GUI for our marketplace. With the added back-end database development that has occurred, the marketplace now has the bulk of the features we will debut with in our blockchain-linked MVP, which we plan to launch next month. For more details on our progress, scroll down to read our July dev update.

Biz Dev
Those who are members of our Telegram groups have noticed that we are rolling out a new logo as part of a branding revamp. The bird represented in the new logo is a simplified caricature of a quetzal bird (Pharomachrus mocinno). The resplendent quetzal is the national bird of Guatemala, and its habitat ranges from Mexico to Panama. We chose the quetzal after scouring through an array of animals and mythological creatures whose names begin with the letter Q. Other contenders included the Qilin and the quagga, but ultimately, we agreed that the quetzal embodied our values the most. (We also liked their fuzzy heads.)

As the World Cup came to a close mid-month, so too did our bracket contest, with three winners taking home prizes including Qchain shirts, tokens, and a Trezor hardware wallet for first place. 48 participants joined for the festivities in total. Congratulations to contest winners, and congratulations to Les Bleus!

On the event side, our CEO, Wally, will officially be speaking and sitting as a panelist at September’s Blocfest in Kuala Lumpur, Malaysia. The conference will last from September 24th to 28th. In preparation, he did an interview with blockchain writer Sean Fitzjohn. Read it in its entirety here.

And last but not least: Two decentralized exchanges — TokenJar and Loopring — opted to list our Ethereum-based ERC-20 token, EQC. The latter is still working on rolling out their platform, so keep your eyes peeled for its launch. As a reminder, XQC is available for purchase on NEMchange. In lieu of NEM’s previous plans for an official exchange, NEM is now looking for community-based support to bolster NEMchange.

Tech Dev
On the front end of our marketplace, we implemented detailed view for listings and updated our layout for creating listing components for improved readability. In addition, we refactored several custom components into High-Order Components.

Our back end marketplace database is up and running and now integrated into the marketplace front end. Users, both advertisers, and publishers, can log into the marketplace, view listings created by other users, filter by listings by various criteria, and create listings of their own for others to see. New users will initially see placeholder statistics and analytics in their dashboard, which will be replaced by real-time data for their own contracts once they start making deals with other advertisers and publishers.

One of the new additions to the marketplace is the offers section, where advertisers can make offers on publisher content listings.

We are also working on setting up our messaging system between users, so they can contact each other about their listings and directly negotiate contracts. Once that is finalized and implemented in the marketplace front end, we will work on connecting the marketplace contracts to users’ NEM and Ethereum accounts to begin transactions of XQC and EQC, initially on the testnets.

We end with some exciting dev news: To better match advertisers with publishers based on their content, Qchain is working on developing a machine learning algorithm. In upcoming weeks, we will publish a detailed blog post about our plans with natural language processing (NLP).