NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

NEM ネイティブアメリカンも注目を

NEM ネイティブアメリカンも注目を
ジュリアン 2018年9月4日発行 2018年9月13日更新

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/nem-gaining-exposure-native-americans/

ブロックチェーン技術の主な可能性は世界中で過小評価され十分なサービスを受けていない人々に権利を与えることです。全米のネイティブアメリカン諸部族はおそらくブロックチェーンの可能性の恩恵を最も多く受けることができるグループであると言えます。アメリカでのNEMによる構想はネイティブアメリカンとの協力です。

8月18日、第100回クロウフェアでモンタナ州のクロウ族族長に対してNEMシステムのデモが行われました。 ブロックチェーンネットワークのエキスパートであるHe3Labsと現・旧ネイティブアメリカン部族および居留区住人と経済的機会を結びつける活動をしているビジネスリーダーで構成されている組織Universal Tribe Partners(UTP)との協力のもと、NEM基礎構造のデモが行われました。

デモはNEMのカタパルトブロックチェーンエンジンで構築されたeガバナンスと通貨のための包括的なブロックチェーンエコシステムが含まれていました。カタパルトはNEM構成のネットワークおよびスマート契約機能を活用した共用および個人用のブロックチェーンの製作を可能にします。
He3LabsとNEMは将来的なシステムの拡大や開発もしくは他部族との統合の可能性を妨げないように、既存の部族のインフラに解決策を構築するのではなく、ゼロからまったく新しいシステムを構築することを選択しました。
もし全てがうまくいけば、ブロックチェーンのeガバナンスをクロウ部族だけではなく、全米の他部族にも展開していくことが目標です。さらにブロックチェーン建築の開発と相互作用に関する可能性と性能について住民を教育するため、全米の居留区にブロックチェーン技術ハブを構築する計画があります。ハブはネイティブアメリカンを世界的なデジタル経済と結び付けるための手段にもなります。
多くの居留区が周辺地域から切り離され、適切な住居形態や経済的および教育的な機会などのインフラが欠けた生活をしています。居留区の失業率は20%を超えていますが、いくつかの部族では60%を超えとなっています。その結果、健康状態の悪さ、自殺率の高さ、薬物やお酒の乱用、そしてその他多くの災いが先住民族を悩ませています。
ブロックチェーンのeガバナンスおよび通貨システムは諸部族間での政治的かつ経済的インフラ開発の記念すべき第一歩となるでしょう。さらに、ブロックチェーンハブは他に例のない教育的かつ経済的機会を提供し、貧困と失業の負担を軽減することで、現在十分なサービスを受けていない居留区の住んでいる100万人以上のネイティブアメリカンを大いに力づけるでしょう。
NEMにとってこの協力は重要な意味があります。特にカジノを運営したりその他ビジネスベンチャーで成功している居留区では住民が部族政府からかなりの収入を得ていますが、その収入を投資したり貯金する方法を心得ていないという状況が多く見られます。その方法を直接提供することによって、ネイティブアメリカンが暗号通貨を使い投資やその他多くのことを始める可能性があります。





NEM Gaining Exposure Among Native Americans
BY JULIAN · PUBLISHED SEPTEMBER 4, 2018 · UPDATED SEPTEMBER 13, 2018
A major potential of blockchain technology is its ability to empower the underserved and disenfranchised across the world. Sovereign Native American nations throughout the United States represent perhaps one of the groups that can most benefit from the possibilities of blockchain. Initiatives by NEM in the US are looking to work with Native Americans across the country.
First appeared on nulltx by Zane Huffman
On August 18, at the 100th annual Crow Fair, NEM systems were demonstrated to the sovereign Crow tribe in Montana. Through collaboration with He3Labs, a network of blockchain experts, and Universal Tribe Partners (UTP), an organization of current and former Native American tribal and business leaders working to connect reservation citizens with economic opportunities, a demo of the NEM infrastructure was held.
The demo included a comprehensive blockchain ecosystem for e-governance and currency, built with NEM’s Catapult Blockchain Engine. Catapult enables the creation of public and private blockchains that leverage the network and smart contract capabilities of the NEM framework.
Rather than building solutions upon existing tribal infrastructure, He3Labs and NEM elected to create an entirely new system from the ground up, as to not inhibit the potential of future expansions and developments of the system or integration with other sovereign tribes.
If all goes well, the goal is to roll out this method of blockchain e-governance to the Crow tribe as well as other tribes throughout the United States. Additionally, there are plans to build blockchain technology hubs on reservations across the states to educate citizens on the capabilities and opportunities associated with developing on and interacting with blockchain architecture. The hubs will also act as resources to connect Native Americans to the global digital economy.
Many reservations remain highly disconnected from surrounding areas, lacking infrastructure in the form of adequate housing and economic and educational opportunities. Unemployment across reservation lands exceeds 20%, and in some tribes, it’s greater than even 60%. As a result, poor health, high suicide rates, drug and alcohol abuse, and many more woes plague these indigenous people.
Blockchain-based e-governance and currency systems will act as a monumental step in developing political and economic infrastructure among the sovereign nations. Additionally, the blockchain hubs will present unrivaled educational and economic opportunities, alleviating the burdens of poverty and unemployment and vastly empowering the currently underserved 1 million-plus Native Americans currently residing on reservation land.
For NEM, this cooperation also has significant implications. Particularly on reservations that operate casinos and other successful business ventures, there are often situations where residents receive significant income from the tribal government, but lack methods to invest or save their money. By providing hands-on exposure to the people who need it most, it is very possible that cryptocurrency will see a lot of activity and investment from Native Americans.