NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

ミットヴァイダのブロックチェーンコンピテンシーセンターにNEMブロックチェーンを紹介

以下は下記記事を和約したものです。
https://nemflash.io/showcasing-nem-blockchain-blockchain-competence-center-mittweida/

ミットヴァイダのブロックチェーンコンピテンシーセンターにNEMブロックチェーンを紹介
ジュリアン · 2018年9月20日

NEM ヨーロッパのチームメンバーは、ミッドヴァイダのブロックチェーンコンピテンシーセンターから、ミットヴァイダ応用科学大学で9月10日から9月14まで開催される2018年秋季講座に参加すべく招待されました。

NEMヨーロッパのソリューションアーキテクトの一人、イシュトヴァンデアークがNEMブロックチェーンを理論的に紹介し、実践的なプロトタイピングワークショップセッションを通じてその開発の容易さを披露しました。この秋季ブロックチェーン週間におけるハイライトのひとつはザクセンミートアップでしたが、そこでは更に、より広くライプチヒやドレスデンから参加した聴衆を前にして、NEMブロックチェーンとその潜在的なユースケースが紹介されました。

f:id:jijikokkoku:20190110141916p:plain
NEM Solutions Architect Istvan Deak

ミットヴァイダのブロックチェーンコンピテンシーセンターにNEMブロックチェーンを紹介 1週間のイベントには、分散型台帳技術(Distributed Ledger Technologies/DLT)「および関連トピックに関する35以上の理論的および実践的なセッションが含まれていました。これらセッションには、DLT については殆ど、または全く知識のないブロックチェーンの新規参入者を対象するものと、それに並行して、ブロックチェーンに精通している高度な人々を対象とするものがありました。

NEMを紹介した相手は、主としてコンサルティング企業、企業ユーザー、学生の代表者からなる高度なターゲットグループでした。NEMは彼らに、ブロックチェーン技術と他のブロックチェーンとの違いについて詳細に説明しました。聴衆は特に、複数の当事者間での同時アトミックスワップが可能な「構成可能資産」、「多重署名アカウント」、「集計トランザクション」などの既存の組み込み機能により、オフチェーンの既存ビジネス理論と、その理論の純粋なオンチェーン実行(既存システムのブロックチェーンへの接続)を利用するハイブリッドアプローチがもたらす企業にとっての付加価値に興味を示しました

f:id:jijikokkoku:20190110142055p:plain

1週間の会期中を通じて、円卓会議、深夜の討論、そしてアイデアの競演など、
最も熱心に行われたのは、ブロックチェーンアプリケーションを巡る議論でした。

f:id:jijikokkoku:20190110142116p:plain

ミットヴァイダ応用科学大学は、ヨーロッパのブロックチェーン教育分野における、主要大学の一つです。毎年1週間にわたって一連のイベントが催される秋のブロックチェーンウィークは、すでに3回目を数えます。これらの点で、この大学はヨーロッパを通じユニークな存在です。

さらにこの秋には、新たなブロックチェーンマスタープログラムがスタート、この大学には、地元のパートナーたるミットヴァイダ市と Volksbank Mittweida eG,Volksbank(ミットヴァイダeGフォルクス銀行) との関連で、教育研究省(BMBF)の資金計画である「WIRー地域のイノベーションを通じた変革」が適用されています。
このイニシアチブは、ミットヴァイダ市をブロックチェーンの模範地域に開発することを目的とし、現在は市の消防署業務、公証、ボランティアへのインセンティブの支払いのような初歩的なアイデアに取り組んでいます。

f:id:jijikokkoku:20190110142139p:plain
ミートアップ:

ザクセンブロックチェーンミートアップは、2016以降、毎月のようにブロックチェーンミートアップを開催し、さまざまな DLT プロジェクトを綿密に導入している非常に活発なミートアップグループです。彼らは、ハイテクのノウハウを強化し、それを産業界、ブロックチェーン愛好家/開発者に紹介し、それらの間で議論を可能にすることを目的としています。


・・・・
以下原文
・・・・


Showcasing NEM Blockchain at Blockchain Competence Center Mittweida
BY JULIAN · SEPTEMBER 20, 2018
Team members of NEM Europe were invited by Blockchain Competence Center Mittweida to participate at the Blockchain Autumn School 2018 at University of Applied Sciences Mittweida from September 10th till September 14th. One of NEM Europe’s Solutions Architects, Istvan Deak gave a theoretical introduction to NEM Blockchain and showcased the ease of development through a practical prototyping workshop session. One highlight of the Autumn Blockchain week was the Blockchain Meetup Saxony where NEM Blockchain and potential use cases were further introduced to a wider audience from Leipzig & Dresden.

NEM Solutions Architect Istvan Deak

Showcasing NEM Blockchain at Blockchain Competence Center Mittweida:
The week-long event included more than 35 theoretical and practical sessions on Distributed Ledger Technologies and related topics. It was targeted at both Blockchain newcomers with little or no knowledge about DLT, and in parallel sessions for the more advanced people who are already familiar with Blockchain. NEM was largely introduced to the advanced target group consisting of representatives of consulting companies, corporate users, and students. NEM explained in detail its Blockchain Technology and differences compared to other Blockchains. The audience was particularly interested in the added value for companies through the hybrid approach of utilizing existing business logic off-chain and purely the execution of it on-chain (Connect existing systems with NEM Blockchain) through existing built-in features like „Configurable Assets“, „Multisignature Accounts“ and „Aggregated Transactions“ which enable atomic swaps among multiple parties at the same time.

First appeared on Medium
The most interesting discussions circled around Blockchain Applications and were presented and discussed throughout the week in roundtables, late night discussions and the final idea competition.

The University of Applied Sciences Mittweida is one of the leading universities in Blockchain Education in Europe. The autumn Blockchain week has already been the third in a week-long series of events. In this regard, it‘s a unique offering throughout Europe. Additionally, a new Blockchain master program starts this autumn, and the university, in conjunction with its local partners the City of Mittweida and the Volksbank Mittweida eG, has applied for “WIR! — Transformation through innovation in the region” which is a funding programme of the Ministry of Education and Research (BMBF). The initiative aims to develop Mittweida into a Blockchain Showcase Region and is currently working on first ideas like distribution of payments for regional fire department services, notarizations and incentives for volunteers.

Meetup:
Blockchain Meetup Saxony is a very active meetup group organizing a Blockchain meetup every month since 2016 and introducing different DLT projects in depth. Their vision is to enhance the tech know-how and connect Industry, Blockchain enthusiasts & developers and enable discussions among them.