NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

サプライチェーンのためのブロックチェーンPoCがNEMブロックチェーン上につくられました

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/blockchain-poc-supply-chain-built-nem-blockchain/

サプライチェーンのためのブロックチェーンPoCがNEMブロックチェーン上につくられました
ジュリアン・2018年9月28日発行・2018日9月25日更新

Cryptodusでは、我々は本当にブロックチェーンの価値を信じています。我々はICOアドバイザリーとソフトウェアエンジニアリング企業として歩み始め、伝統的なビジネスがこの技術に関する悲しみを振り払うのを見て来て、次第に企業にとってのブロックチェーンの考え方を変えました。私達は、目の前にある道は、クライアントのビジネスを転換する現実のユースケースであると認識しました。

近年私達は保証されているNEMブロックチェーンサービスパートナーとなりました。NEMは使うのが簡単なSDKs(ソフトウェア開発キット)と、素晴らしいブロックチェーン構造を提供します。そのほかのナンバーの中で、それらの理由はNEM上にプロダクトを作るため十分納得できるものでした。

f:id:jijikokkoku:20190304132845p:plain

発行元:HACKERNOON


ビジネスケース

A地点からB地点に物を動かすのはたくさんの複雑さを伴います。貨物としての靴を例に中国からリトアニアに移動させる場合を見て見ましょう。シンプルに聞こえますが、その過程はたくさんの書類仕事(はい、まだ紙なのです)が全過程で必要になり複雑なものです:

■中国:貨物運送業者が輸送オーダーを作成します。
■中国:売り主はコンテナに商品を積み込み、そして運搬人に所有権を引き渡します。
■中国:運搬人は港までコンテナを運び、所有権はコンテナの海運業者に所有権を引き渡します。(例:デンマークの海運コングロマリットのA.P.モラー・マースク)
■中国:税関が出荷を承認します。
■中国からリトアニアへ輸送します。
■リトアニア:税関が入荷を承認します。
■リトアニア:コンテナ海運業者が運搬業者に商品を引き渡します。
■リトアニア:運搬業者は買い主に商品を引き渡します。

完了です!これはかなりスムーズな場合の経過です。さらにたくさんの関係者が入ってきます(例:保険、規制機関、などです)。

f:id:jijikokkoku:20190304132901p:plain

鍵となる問題は、現在すべてのものがそれぞれの企業の内部のクローズドデータベースに蓄積されていることです。引き渡しには毎回関係者両方のマニュアルインプットが必要となり、税関やロジスティクス管理、運送業者や運搬人、海運業者、運送業者、などです。膨大な量の書類作業が発生し、それぞれのステップから移っていきます。結果として、貨物の紛失、遅延、またその他の論争などのような思いがけない状況に備えて、前面自動化された問題解決経過を行える事実のシングルソースをもつことは困難なのです。

解決策

私達は分散化された方法の全行程に真のシングルソースをつくることで技術を最大に活用できます。それを行う中で、すべてのデータをコントロールする単一体はなく、また単一障害点もありません。このことはブロックチェーンの踏み込むべきところです。ブロックチェーンは変更不可能の行動ログのすべてや、タイムスタンプ、共有された元帳の直接形跡の確証を提供します。鍵となるのはブロックチェーン上ですべての関係者が確認できる荷物の引き渡し経過や配達証明(POD)です。

f:id:jijikokkoku:20190304132933p:plain

The PoC(コンセプトの証明)

ビジネスロジック

PoCのために、私達は次のような流れで全体の流れを削減し、解決策を実行してみる必要があります:

■ロジスティクスマネージャーが配送オーダーを作成します。
■所有権は税関により運搬者に移ります。
■配送において、運搬者は買い主とIoTロケーションセンサーの確認を必要とする過程を開始します。
■配達証明(POD)の検証が動作させられ、ロジスティクスマネージャー(彼らの経理部と一緒に)は、すべてのトレースを検証し支払いプロセスを開始します。


技術的解決

鍵となる要素:

■NEMブロックチェーン ― 分散化されたデータストレージ
■IPFS ― 分散化された書類ストレージ
■Node.JS ― バックエンドとAPI

高レベルの計画:

f:id:jijikokkoku:20190304132957p:plain

それぞれの荷物にNEMアカウントが作成され、ブロックチェーン上の荷物をあらわすものとして利用されます。取引の有効二重メッセージは以下のキーデータ蓄積のために使われます:オーダーID、配送位置、IPFS上に蓄積された書類へのリンクです。解決法は、N/Mの確認が必要なNEMマルチシグネチャーアカウントは確かな取引(例:乙中とロジスティクスマネージャーが輸送企業に荷物を引き渡すことなど)に活用されます。NEMモザイクは証明用トークンとして使われます(例:IoTが現時点の位置や配送位置の照合をするための輸送中場所を確認するモザイクを感知します。)集団契約の取引は契約すべての関係者のサインが必要な取引を有効にします。(例:配送完了のために配送者が開始する取引は、IoTセンサーの“ロケーション・コンファームド”モザイクや受取人が“荷物を受け取れた”とのモザイク転送が必要となる取引です。)


新しいフロントエンド画面

荷物の情報を作成します。

f:id:jijikokkoku:20190304133010p:plain

その情報を確認します。

f:id:jijikokkoku:20190304133020p:plain

確認の最後のステップです。

f:id:jijikokkoku:20190304133031p:plain

価値

この解決方法を利用して、APIを通した統合を経由して企業は簡単にブロックチェーンをためすことができます。そして既存のシステムを通しブロックチェーンと直接やりとりを開始することができます。実施に必要なコストは驚くほど低く、その理由は、各部隊のカスタム統合が必要でないからです。結果として、共有されていて勝手に編集ができない元帳が記録され配送プロセス全体において追跡する状態が維持されます。


その次には?

このような解決法は既存のシステムと平行して取り入れられる可能性があり、パイロット・プロジェクトの期間中は複製ログとして働きます。一度この方法が確立され、すべての部隊が違和感なく感じられるようになったら、さらなる活用ステージが整えられるでしょう。

ブロックチェーンについてさらに理解するには?リンクトインにてコメントをしてください:https://www.linkedin.com/in/lkairys/

この方法に興味をお持ちいただけましたか?お気軽に私達の同僚Ievaにお声掛けください(ieva@cryptodus.com)

f:id:jijikokkoku:20190304133107p:plain

f:id:jijikokkoku:20190304133209p:plain

f:id:jijikokkoku:20190304133220p:plain

Ieva Ivanauskaiteさん、ありがとうございます。

・・・
以下原文
・・・


Blockchain PoC for Supply chain built on the NEM Blockchain.
BY JULIAN · PUBLISHED SEPTEMBER 28, 2018 · UPDATED SEPTEMBER 25, 2018
At Cryptodus, we truly believe in the value of Blockchain. We began life as an ICO advisory and software engineering company, and having seen traditional businesses shake off their fears about this technology, we gradually shifted our mindset to blockchain for enterprise. We’ve seen the way forward for us is real world use-cases for our clients to transform their businesses.
We recently became a Certified NEM Blockchain Service Partner. NEM provides easy-to-use SDKs (software development kits) and great blockchain infrastructure. Those reasons, among a number of others, were convincing enough for us to build this product on NEM.

First appeared on HACKERNOON
The business case
Moving goods from point A to point B has a lot of complexity. Let’s take a look at the movement of shoes as cargo from China to Lithuania. Even though it sounds simple, the process is pretty complex with a lot of paperwork (yes, still paper) used in the whole process:
⦁ China: Freight forwarder creates the shipping order.
⦁ China: Seller loads the goods into the container and hands over the ownership to the carrier.
⦁ China: Carrier brings the container to port and hands over the ownership to the container shipping company (e.g. Maersk).
⦁ China: Customs approve the shipping.
⦁ China to Lithuania. Shipping…
⦁ Lithuania: Customs approves the import of goods.
⦁ Lithuania: Container shipping company hands over the goods to carrier.
⦁ Lithuania: Carrier hands over the goods to buyer.
DONE! This is just a high-level process description. There are even more parties involved (e.g. insurance, regulatory institutions etc.).

The key problem is that everything is currently being stored in closed databases by each company’s internal system. Every hand over requires manual input by parties on both sides including: customs and logistics managers, carrier and freight forwarder, shipping company and freight forwarder, etc. A huge amount of paperwork is being generated and transferred during each step. As a result, in case of unforeseen circumstances such as: loss of cargo, late delivery, or any other disputes, it’s hard to have a single source of truth that would allow for a fully automated problem-solving process.
The Solution
We can utilise technology by creating a single source of truth for the whole process in a decentralised way. In doing so, there is no single entity controlling all the data, nor a single point of failure — this is where the blockchain steps in. Blockchain provides a full tamper-proof log of actions, timestamps and confirmation tracing directly on a shared ledger. The key is to have the process of parcel hand over and proof of delivery (POD) verifiable on the blockchain for all parties involved.

The PoC (Proof of Concept)
Business logic
For the PoC we decided to reduce the overall scope and implement a solution with the following flow:
⦁ Logistics manager creates a shipment order.
⦁ Ownership is transferred to the carrier with customs approval.
⦁ Upon delivery, the carrier initiates the delivery process which requires confirmations from the buyer and an IoT location sensor.
⦁ Proof of delivery (POD) verification is triggered and the logistics manager — together with their billing department — verifies the full trace and initiates the payment process.
Technical solution
Key elements:
⦁ NEM Blockchain — for decentralised data storage.
⦁ IPFS — for decentralised document storage.
⦁ Node.JS for backend and API.
High-level scheme:

A NEM account is generated for each parcel and is used as a representation of cargo on the blockchain. A transaction payload message is used to store key data including: order id, delivery location, link to documents stored on IPFS. The solution utilizes NEM multi-signature accounts that requires N out of M (e.g. 1 out of 3) confirmations to initiate certain transactions (e.g. confirmation of Customs broker and Logistics manager to hand-over parcel to container shipping company). NEM mosaics are used as confirmation tokens (e.g. IoT sensor transferring “location_confirmed” mosaic in the case when location of the current coordinates and delivery coordinates match). Aggregated bonded transactions enable bonded transactions that would require signatures of all parties for a transaction to happen (e.g. to complete delivery Carrier initiates the transaction that requires IoT sensor to transfer “location_confirmed” mosaic and receiver to transfer “parcel_received” mosaic).
A few front-end screens
Parcel creation.

Parcel view.

Final step for verification.

The value
By taking advantage of this solution, companies can easily test the Blockchain via an integration through an API. They can then start interacting directly with the Blockchain through their existing systems. Implementation costs are surprisingly low, as it does not require custom integrations with each party. As a result, a shared and tamper-proof ledger is maintained to log and track the whole shipping process.
What’s next?
A solution like this can be introduced in parallel with existing systems and act as a duplicate log during a pilot o the project. Once the value is clear and all parties are feeling comfortable with the solution, further implementation stages would be completed.
Want to learn more about the Blockchain? Let’s connect on Linkedin: https://www.linkedin.com/in/lkairys/
Interested in the solution? Feel free to engage my colleague Ieva (ieva@cryptodus.com).



Thanks to Ieva Ivanauskaite.