NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

「パートナーシップ」ポータルネットワークとNEM

下記は以下の記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/partnership-portal-network-nem/

「パートナーシップ」ポータルネットワークとNEM
ジュリアン 2018年10月5日

f:id:jijikokkoku:20190116161228p:plain

ポータルネットワークはパフォーマンスのために設立されたスマートアセットブロックチェーンのNEM財団とのパートナーシップの発表にとても喜んでいます。

パートナーシップについて
10月1日、ポータルネットワークはNEM財団とブロックチェーンネームシステムをNEMブロックチェーンのトップの基準に確立するコラボレーションのための戦略的パートナーシップの同意にサインしました。私たちはネーミングの基準が、世界中のユーザーの経験を力づけるNEMの必要不可欠な要素の一つになると信じています。

NEMについて
NEM財団はビジネスモデルと実在するサービスのためのソリッドブロックチェーンの基盤として作られ、認められています。NEM建設のデザインは、開発者の利用を単純化する「REST API」、「モザイク(カスタマライズアセット)」、「マルチコントラクト」、そして「メッセージ」を構成しています。NEM財団とポータルネットワークはブロックチェーンテクノロジーにおいて広大なユーザーアダプションの成功に同じ情熱を共有しています。

NNSとはなにか
NNS(NEMネームサービス)は、分散化されたネットワークドライブ間でやり取りし慣れたアドレスの「あなた自身のウェブサイト名.nem」のようなトランスフォームヒューマンコンプリヘンシブドメインを構成するスマートコントラクトによって管理されたドメインネームサービスです。

NEMはとても長い暗号法アドレスをコピーしたり打つ必要性を取り除き、ユーザーは‘NDFRSC-6OVQUO-…..-’のような難しいアドレスの代わりに「友達の名前.com」といったような簡単なアドレスでトークンを受け取り、送ることが可能にします。さらに、NNSの他の拡張可能な機能は、開発者が「私のコントラクト名.com」のようなアドレスの構築や、また「あなたのウェブサイト名.com」のようなドメイン名を使ったProxima Xによって管理される分散化されたウェブサイトと関係を持つことが出来るようにします。

予期されること
ポータルネットワークは、スマートコントラクトによって管理された特別なブロックチェーンネームサービス(BNS)を使ったブロックチェーンプロトコルとプロジェクトを供給する奨励された。そして完全に分散化されたプラットフォームです。関連するこの分野での私たちの経験と同時に、私たちはマーケットプレイスやブラウザーエクステンジョンそしてそれ以外の周りに数多くあるプロダクトと同じようにNNS基準を上場するためにNEM財団と密接に関わっていくでしょう。

私たちはまた、技術者やそうでないユーザーどちらもがBNS(ブロックチェーンネームサービス)を使って分散化されたウェブサイトやアプリケーションをを作り、展開し、その機会を持てるようにすることが出来るプロダクトスイートを構築していきます。ポータルネットワークは近い未来、NNS(NEMネームサービス)のこれらのさまざまな特徴を完全なものにするでしょう。

Thank you for reading.
ご精読ありがとうございます。

・・・・
以下原文
・・・・

[Partnership] Portal Network x NEM
by Julian · Published October 5, 2018 · Updated October 3, 2018
Portal Network is pleased to announce a strategic partnership with NEM Foundation, the smart asset blockchain built for performance.
First appeared on medium
About the Partnership
On 1st of October, Portal Network and NEM Foundation signed a strategic partnership agreement for a collaboration to establish the blockchain name service standard on top of the NEM blockchain. We believe that the naming standard will become one of the essential elements for NEM to enhance the overall user experience.
About NEM
NEM Foundation is recognized and created to be the solid blockchain infrastructure for business models and existing services. The design of NEM architecture consists of ‘REST API’, ‘Mosaics’ (customizable assets), ‘Multisig contracts’, and ‘messages’ which will simplify the utilization for developers. NEM Foundation and Portal Network share the same passion of succeeding mass user-adoption on blockchain technology.
What’s NEM Name Service (NNS)
NNS (NEM Name Service) is a domain name service governed by smart contract components that transform human-comprehensible domains, such as ‘yourwebsite.nem’, into addresses that are used to communicate among the decentralized network devices.
NNS removes the necessity to copy or type long hashed cryptographic addresses, enabling users to send and receive tokens with simple addresses like ‘myfriend.nem’ instead of a default address like ‘NDFRSC-6OVQUO-…..-’. Moreover, other extensible functions of NNS allow developers to interact with a contract at address like ‘mycontract.nem’ or visit a decentralized website hosted on Proxima X with a domain like ‘yourdweb.nem’.
What to expect
Portal Network is an incentivized and fully-decentralized platform that provides blockchain protocols and projects with identical Blockchain Name Service (BNS) standards governed by smart contracts. With the experience we have in this relative field, we will work closely with NEM Foundation to develop NNS standard as well as multiple surrounding products such as marketplace, browser extension and many more.
We have also built a product suite that allows both technical and non-technical users to create, deploy and experience the decentralized website and applications using our BNS (Blockchain Name Service). Portal Network will integrate these diverse features with NNS (NEM Name Service) in the coming future.
Find out more about NNS (NEM Name Service).
Thank you for reading.