NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

日本の不動産会社ルーデン・ホールディングスが、暗号資産による決済制度を行う目的でビットコインとNEMのブロックチェーンの採用を決定

本記事は以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/japan-real-estate-ruden-utilize-nem/

日本の不動産会社ルーデン・ホールディングスが、暗号資産による決済制度を行う目的でビットコインとNEMのブロックチェーンの採用を決定

ジュリアン・2018年10月6日・2018年10月3日
ジョシュ・フェルナンデス・2018年9月5日 ブロックチェーンリポーターに掲載

日本の不動産会社が、シームレスな資金移動を実現するために暗号資産による決済制度を採用したと明らかにしました。2018年4月にDigitFinanceが報じています。

NEMとビットコインのブロックチェーンを利用
東京株式市場の上場会社、ルーデン・ホールディングスはビットコインとスマートコントラクトによる決済制度が現行の決済制度をはるかに上回る有用性を持つと伝えています。

そのシステムは仮想通貨決済プラットフォームと呼ばれており、オーストラリアのBlockchain Globalと共同してシステムの構築を行うとともに、デジタルデータ照会元帳の作成も行われてきました。

ビットコイン決済はビットフライヤーのAPIと起業家向けのウェブサービスを使用して実行されました。システムの一部には、移動を確実にするためNEMのブロックチェーンが使用されています。

日本での最高取引額を持ち優位性を維持する一方で、ビットフライヤーはかなりの流動性を暗号資産企業に与えていますが、2018年6月の金融規制による法令制定後は新しいユーザーの参入を停止しています。

NEMの実験
初めに、的確な不動産販売人、並行して購入者が選ばれます。購入者は申込書を記入し、必要な書類をすべて提出します。ルーデン・ホールディングスのアカウントに選択したクリプトカレンシーを送金すれば、作業は終了です!

会社関係者はさらに詳しく述べます。
「送金が確認されればすぐに契約は履行され、暗号資産は日本円に変換されます。」

公証書類や売買契約はスマートコントラクトに内蔵され、円滑な資金の受け取りによって即座に購入者と販売者に共有されます。

スマートコントラクトには、重要な物件情報や、登録書類、政府関連の書類なども含まれており、不動産購入をスムーズに行うことを可能にしています。

伝統に囚われない試み
ルーデン・ホールディングスは、旧来のシステムと比較して、ブロックチェーンに基づくビジネスの形が持つ有益性に注目しています。費用有効性や、腐敗した仲介業者の排除のほかにも、数えきれないメリットがあるのです。

お金を預けるということ‐不動産取引においてはかなり高額になるでしょう-それは銀行で行われる伝統的な方法より、もっと安全で迅速に処理されるべきです。
スマートコントラクトでは手続きをより早く正確に処理し時間的拘束を軽減することが出来るのです。

一方でルーデン・ホールディングスはデジタルトークンを来月から提供する予定です。これについてはシンガポールを基盤とした団体がすでに設立され、準備を進めています。


・・・・
以下原文
・・・・

Japan: Real Estate Company Ruden Turns to Bitcoin and NEM Blockchains for Cryptocurrency Settlement System
BY  JULIAN · PUBLISHED OCTOBER 6, 2018 · UPDATED OCTOBER 3, 2018
written by Josh Fernandez September 5, 2018, first appeared on blockchainreporter
 
A Japanese real estate company has unveiled a cryptocurrency settlement system for seamless property transactions, reported DigitFinance on September 4, 2018.
NEM and Bitcoin Blockchains Used
Listed on the Tokyo Stock Exchange, real estate business Ruden Holdings revealed the Bitcoin and smart contract-based settlement system produced far-better results than the currently used framework.
Dubbed the “Virtual Currency Settlement Platform,” the company partnered with Australia-based Blockchain Global to develop the system and build a “virtual registration data inquiry ledger.”
Bitcoin settlements were conducted using Bitflyer’s API and web service solutions for enterprises, while “some parts” of the system used the NEM blockchain to confirm transactions.
While maintaining its dominance as Japan’s biggest exchange by traded volume, Bitflyer offers substantial liquidity to crypto-businesses but halted the addition of new users after a legal order from the country’s financial regulator in June 2018.
NEM Experiment
First, an eligible property seller was chosen, alongside a buyer willing to purchase. The latter filled out an application for purchase, submitted all necessary documents, sent his cryptocurrency of choice to Ruden’s accounts … and done!
The company elaborates:
“As soon as Ruden (system) confirms the remittance of the virtual currency, we will execute the contract and [convert the] virtual currency to Japanese yen.”
A notarized purchase and sale agreement were inbuilt in the smart contract, promptly shares with buyer and seller upon successful receipt of funds.
The smart contract included several other documents – including essential property forms, registration documents, and other government forms – making for a one-stop solution for such property purchases.
Triumphing Over Tradition
Ruden noted the innumerable benefits the blockchain-based design had over traditional systems, apart from cost-effectiveness and the elimination of corrupt intermediaries.
Depositing money – a significant amount in case of property deals – was more secure and faster than traditional methods of conducting a bank wire. Smart contracts reduced the time-constraint for processing applications faster and with accuracy.
Meanwhile, Ruden intends to offer its digital token in the coming months – a Singapore-based organization has already been established in this regard.