NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

若い世代とコミュニティ発展のためのイノベーションと起業:国連パネリスト・プロフェッサー/ラジェッシュ・ナイア

本記事は以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/innovation-entrepreneur-youth-community-developmentprofrajesh-nair-panelist-united-nations/

若い世代とコミュニティ発展のためのイノベーションと起業:国連パネリスト・プロフェッサー/ラジェッシュ・ナイア
ジュリアン・2018年10月15日更新

f:id:jijikokkoku:20190108170704p:plain

「普通の人々やコミュニティから革新者や起業家を生み出すことはできるのか?私はできると確信しています。」 Lux Tag のアドヴァイザーであり、アジア・スクールオブビジネスの教授であるラジェッシュ氏は、第73回国連総会の冒頭で、我々がまだ開拓できていない優秀な人材が社会には膨大に埋もれているのだ、と切り出しました。

彼の言葉をそのまま鵜呑みにする必要は全くありません。ここからそれを検証していきましょう。

他の多くの優秀な研究者がそうしているように、ラジェッシュ教授は、コミュニティの中からより多くの起業家が生まれるための手段について、またそのことが社会に多大な影響を及ぼすのだという仮説を立証すべく、様々な実験を行ってきました。

教授によれば、多くの国々で行われている地域社会からの起業家育成の試みは、トップダウン・アプローチによる誤った手法が用いられ、ほとんど効果が上がらないものです。世界のほとんどのこうしたプログラムが起業家の卵を対象にし、彼らを保育器や加速装置の中でぬくぬくと育てていこうとしているだけのものに過ぎません。

f:id:jijikokkoku:20190108170732p:plain

一方、ラジェッシュ教授は、もっと大きな一般集団の中に、より大きな価値が存在するのだとし、そしてそこにある最大の課題は、いわゆる普通の人びとが起業家を目指せるような環境を整備できるかどうかにあるというのです。そうすることで社会全体が彼らを教育し、さらに生産性をあげることができるようになるというのです。

では、一体何が、普通の人びとが起業すること、いやそれどころか、起業を考えるスタートラインに立つことを妨げているのでしょうか。そして、どのようにしたら、彼らをその気にさせることができるのでしょう。

ラジェッシュ教授は、セルフ・エフィカシー(自己効力感)、エコシステム(収益活動協調体制)、そして早い段階でのイニシエーション(手ほどき)の3つが、起業家育成には極めて重要な要素であると確立しました。

1.セルフ・エフィカシーとは。実行、失敗、学習、反復を通して構築 された未知なる挑戦を突破してきた自信を代表とする内面的な要素。

2.エコシステムとは。その人が置かれた社会や文化によって決定づけられる外面的要素。

3.早い段階のイニシエーションとは、若い世代に早い時期に関わり、人生設計の方向性を起業家へと少しずつ変換させること。介入的な要素であり、彼らが年齢を重ねるとともにこれが大きな結果をもたらす要因となる。

ここでラジェッシュ教授が自己に問うたのは:
どのくらい早い段階で子供たちの生活に関わり、彼らを刺激することが大事なのか、ということです。

ラジェッシュ教授は言います。「私たちが小さい頃、子供たちはいつもいろんなことを想像し、また生み出してもいました。しかし、大人たちはどうでしょう?昨年一年間の間に何か作り出したと言える人は少ないのではないでしょうか。」 しかし、このようなかたちでなくても良いのです。

ラジェッシュ教授は「Making Makers( 「メイキング メーカーズ」)というプログラムを作り出しました。このプログラムでは、17歳の子供たちが、機械部品を基礎からデザインしたり、電気製品を組み立てたり、コード化を学んだり、モノを作ったり、そしてプレゼンテーションをしたりといったことを48時間の中で教わります。子供たちはとても面白いモノを作りだしますが、もちろんこれらが世界の様々な問題を即解決するわけではありませんし、ましてやそれがこのプログラムの最終目的ではありません。

こんなことは絶対にできないと思いこんでいた子供たちが、このプログラムを通して、自分たちにもできるんだと驚くことになるのです。

ラジェッシュ教授は同じようなワークショップをベトナムの小学六年生と行いました。子供たちは機械工学の卒業課程を修了しているわけではありませんが、それでも3Dプリンターやレーザー器機、プログラミングなどの技能を駆使して様々なモノづくりを体験します。これらのことで教授自身が気づいたのは、この取り組みが特に女子に多大なインパクトを与えたということです。ほとんどの女子は、女の子だからできないことがあるのだと言われて育っています。そして、他の誰もができることを自分も成し遂げているのだと気づいた瞬間、自分の可能性というものに対して既成観念を覆していくのです。

何かを作り上げる時に、高価なツールは必要か。

そんなことはないのだ、とラジェッシュ教授は続けます。 自分たちの周りにある何気ないモノごとを刺激剤とすることは十分にあり得ることなのだと。ちょうど彼がジャカルタでゴミ素材から楽器を作ったこともそれを証明しています。

「メイキング・メーカーズ」から次の段階へ、それはイノベーター(革新者)を作ること。

革新者とは、問題を根本から見つけ出しそれを解決に導くことができる人です。そしてこのような精神的構造を育てるには、何が必要でどんな解決策が適切であるかを見極めるための道具としてのデザイン思考を学ばせる必要があります。

最終ステージは起業に乗り出すこと – 問題解決策を機会とみなし、そしてそれを収益化していくこと

ラジェッシュ教授が提唱するこの過程が、知識や経験のない人々を、モノごとを根本から捉え実現可能なものを生み出せる作り手にしていくのです。同じように、課題を根本から切り崩すことができる革新者を、また、機会を見定めてモノごとに発展性を見出す起業家を、作り上げるのです。

結論:
ラジェッシュ教授の実験は2013年に行われ、大学内における10もの新規事業立ち上げに貢献しました。それ以前の12年間ではたった一つの新規事業立ち上げ実績であったにも関わらずです。特筆すべきは、学内ワークショップに参加した学生の輪はその友人へと広がり、また新たなコミュニティを仲間と作り上げていったということです。グループ内で新たに起業精神が促進されていく環境、つまりエコシステムの誕生がここにあります。

一連の事象は、個人やコミュニティにおける継続的な変化をもたらすことを可能にしましたが、果たして継続維持可能な発展目標にどのように到達できるでしょうか。この種の取り組みは、潜在能力を引き出すという観点から、徐々に人々に影響を与え始めており、またそこから周辺環境へと大きく広がりを見せてきています。なぜなら、ここから生まれた新しい起業家たちは批判的思考ができる者として、また問題解決能力を発揮できる人として訓練されてきているからです。

では、どのように取り組むべきか、おさらいを。
未開拓の大多数集団を対象とする
早い段階にアプローチをかける
ゼロから起業家に引き上げる
コストの低い製作スペースを提供する
彼らが継続維持可能な発展的目標を達成できるように導く




・・・・
以下原文
・・・・



Innovation and Entrepreneurship for Youth and Community Development: Prof. Rajesh Nair Panelist at United Nations


“Can you create innovators and entrepreneurs from ordinary people and communities? I absolutely believe so.” This is how Prof. Rajesh Nair, LuxTag Advisor and Professor at Asia School of Business, opened his speech at 73rd United Nations General Assembly, stating that there’s so much talent out there that we are not really tapping.

We don’t have to trust what he believes just because he does, we have proof and this article will show it.

As any good researcher, Prof. Rajesh carried out different experiments that would prove or reject his hypothesis, that there are ways to increase the number of entrepreneurs in the communities and that this fact would have a remarkable impact on society.

According to him, many countries are trying to create more entrepreneurs in their community but there’s a top-down approach that has been incorrectly taken and is not very effective. Most programs in the world to create entrepreneurs target aspiring entrepreneurs and build them up through incubators, accelerators, etc.



Prof. Rajesh on the contrary, believes that there is bigger value in the larger population and that the only challenge is to make common people aspire to be entrepreneurs so that the rest of the world can train them and be more productive.

But what is stopping an average person from starting a company or even thinking about it? And what would trigger this man or this woman to take action?

The three major factors that Prof. Rajesh identified as critical in entrepreneurial development are: self-efficacy, ecosystem, and early initiation.

1. Self-efficacy is the internal factor, and it includes the confidence taken from unknown challenges that is built through doing, failing, learning, and repeating.

2. Ecosystem is the external factor that is determined by society and culture to which a person is exposed.


3. Early initiation is the interventional factor, and it is the biggest value that we’re leaving behind. Getting involved at a young age and slowly change life projects a few degrees would in fact give huge results with ageing.

So what Prof. Rajesh asked himself is:
How early can we get involved in these kids’ lives and stimulate them?

“When we were kids we used to imagine things and create things, but only few adults can say to have created something in the last year” said Prof. Rajesh. But it doesn’t have to be this way.

Prof. Rajesh created this program “Making Makers” with a 48 hours duration where 17 years old are taught how to ideate and design mechanical parts, put together electronics, learn to do coding, to make a product, or simply a presentation. The guys create very silly things: of course none of them solves world’s problems but that is not the goal there.

You’re taking kids who would have never thought they could do all this and putting them on a place where they suddenly realize that they could.

Prof. Rajesh did similar workshops with sixth graders in Vietnam: the kids didn’t have any engineering degree and still built all their creations with 3D printers, lasers, programming and such. What the Professor noticed, is that the largest impact is in girls: most of them are told that they cannot do certain things, and the moment they realize that they can do just as anyone else, completely changes the way they think about what they could do.

Do we really need a lot of expensive tools to build something?
No, as Prof. Rajesh explained, it is totally possible to create stimuli with what surrounds you, as he proved when he went to Jakarta recently and built music instruments using trash.

The next stage after “making makers” is making innovators.
An innovator is someone who identifies a problem and solves it, and to trigger this kind of mentality, it is essential to teach design thinking as a primary tool to define need and idea solution.

The last stage is launching entrepreneurs –The knowledge of a problem that is seen as an opportunity, and that can be monetized.

This process described my Prof. Rajesh takes uninitiated individuals to makers that can hack things and make things that are feasible, to an innovator who can hack problems, and finally to entrepreneurs that can hack opportunities and make things viable.

Results:

Prof. Rajesh experiment carried out in 2013, resulted in the creation of 10 startups within the college, while only one startup was created in the previous 12 years. What happened was that the people who attended the workshops in the school involved their friends and started a community within their college. That’s how an ecosystem is created, an environment where entrepreneurship is promoted within the group.

These events can create a sustainable change in the individual and the community, but how does it all come up to Sustainable Development Goals? This kind of approach starts to impact few people, seeing results on people’s own abilities, and then expands on the surroundings, because these new entrepreneurs have been trained to be critical thinkers and problem solvers.

What to do, then?
Target the Untapped majority
Target them early
Bring the from zero to entrepreneur
Provide low cost makerspaces
Enable them to solve Sustainable Development Goals