NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

LuxTag ブロックチェーンソリューションアジア2018へ参加

本記事は、以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/luxtag-attends-blockchain-solutions-asia-2018/

LuxTag ブロックチェーンソリューションアジア2018へ参加
ジュリアン 発行2018年10月29日 更新2018年10月30日

f:id:jijikokkoku:20190113102351p:plain

クアラルンプールコンベンションセンターで9月27日から29日にかけて行われたブロックチェーンソリューションアジアにLuxTagのチームが参加しました。このイベントは、技術によって導かれる新しい世界秩序に適応するため、ブロックチェーン革命の影響や彼らのビジネスモデル、運用プロセスにおけるブロックチェーンの技術的先進性
をより深く理解したいという組織体に答えを提供するために行われました。2日間に渡って行われたイベントでは、6つの重要なトピックスがカバーされました。それは、ブロックチェーンの説明、ブロックチェーンのインフラと開発、資金調達、銀行と保険、そしてエネルギーです。

ブロックチェーンは、様々な業界で使われる破壊的な技術となっています。2022年までに、ブロックチェーン全体の市場規模は、75億ドルを超えることが予想されています。現在、36以上の異なる業界で、ブロックチェーン技術の調査、計画、或いは事業への積極的な適用が行われています。この大きな成長が、新しい技術による影響の拡大とブロックチェーンソリューションを活用することによってもたらされる機会に目を向け始めることが事業にとって重要である理由を示しています。ブロックチェーンソリューションアジアのようなイベントは、このイノベーションの知識や活用の成長を促進するために行われています。

初日は、イベントの導入の役割を果たし、プレゼンテーターはブロックチーンのインフラと開発について話しました。この導入は、出席していた多くのビジネスリーダーがブロックチエーンの全体像をよりよく把握することに役立ちました。発表者は、ブロックチェーンが特にアジアにもたらしたであろう影響を示しました。聴衆は、多くの様々な技術バックグラウンドをもったビジネスマンとビジネスウーマンで構成されていました。多くの聴衆はブロックチェーン技術についてよくトレーニングされている一方、ブロックチェーンの可能性に興味を持ち始めた完全な初心者の方もいました。

イベントの2日目には、プレゼンターは、ブロックチェーンの活用事例について少し深く話しました。銀行や保険、エネルギー、スマートシティや輸送を含めたたくさんの重要な産業について話し、さらには、これらの会社がどのように資金調達できるかまで話しました。ブロックチェーンは、会社が可能性のある投資家にトークンを発行することでより多くの資本にアクセスすることや資本金を失うことなくお金を得ることを可能にするので、資金調達のトピックは、カバーされたトピックの中でも興味深いものでした。

ICOは非常に興味深いオプションである一方、投資家だけでなくトークンを発行する会社にとってもリスクだらけです。ICOはまだきちんと規制されておらず、こうした緩い規制が多くの詐欺につながっています。会議では、ICOを行った会社のうち成功したのは、たった10%ほどの会社であるという話がありました。この原因の一部分は、ICOを発行する会社の多くは、投資家を欺こうと試みる悪人であるという事実です。LuxTagがこうした手法による資金調達を避けると決めた理由の一部は、規制の欠如とICOが抱える多くの問題です。我々の成長は、時間によって証明された手法、或いは、投資家の資本を頼りにしていきます。

・・・・
以下原文
・・・・

LuxTag Attends Blockchain Solutions Asia 2018
by Julian · Published October 29, 2018 · Updated October 30, 2018

First appeared on medium
LuxTag’s team attended the Blockchain Solutions Asia on the 27–29th of September at the Kuala Lumpur Convention Center. The event (BSA2018) was set to provide the answers for organizations to better understand the impact of Blockchain Revolution and its technological advances on their business models and operating processes in order for them to adapt to this new world technology-led order. Being held over two days, the event covered six important topics; Blockchain Explained, Blockchain Infrastructure and Development, Fundraising, Banking and Insurance, and Energy.
Blockchain has become a disruptive technology that has started to be used in many different industries. The entire market size of the blockchain market is expected to reach over $7.5 billion by 2022. Currently, there are over 36 different industries that are researching, planning or actively implementing blockchain technology in their businesses. This huge growth shows the growing impact of this new technology and why it is important for businesses to begin to look at the opportunities offered by using blockchain solutions. Events like Blockchain Solutions Asia are met to promote growth in the knowledge and use of this innovation.
The first day served as an introduction to the event and the presenters spoke about the infrastructure and development of blockchain. This introduction helped many business leaders attending to get a better perspective of blockchain. Presenters showed the impact that blockchain would have on businesses specifically in Asia. The crowd consisted of businessmen and women from many different technical backgrounds. Many were well trained in blockchain technology while others were complete novices just becoming interested in blockchains possibilities.
During the second day of the event, presenters dove a little deeper into the use cases of blockchain. Speaking about many key industries including banking and insurance, energy, smart cities and transportation, and even speaking how these companies can raise funding. The raising of funding was an interesting topic covered as blockchain opens companies to being able to access more capital by issuing tokens to possible investors, being able to raise money without losing equity in the company.
While ICO’s are a very interesting option they are riddled with risk for not just the investor but also the company issuing the tokens. ICO’s are still not well regulated, this loose regulation has resulted in many frauds. It was said at the convention that only around 10% of companies that issue an ICO are successful at doing so. Due partly to the fact that many companies issuing an ICO are bad actors that are just trying to defraud their investors. A lack of regulations and the many issues with ICOs is part of the reason that LuxTag has decided to avoid raising capital through these means. Relying on the time proven method or relying on investors for capital to help grow our company.