NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

マージンXプロジェクト– 「減らすことで生まれる豊かさ」をアフリカで実践

本記事は以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/marginx-africa/

マージンXプロジェクト– 「減らすことで生まれる豊かさ」をアフリカで実践
ジュリアン・2018年11月23日・2018年11月23日更新

ブロックチェーンテクノロジーが、炭素排出量削減への取り組みにおいて今後重要な役割を担うことになりました。このことにより、これまで電力の恩恵を受けられなかった100万を超える人々に電力供給できる可能性が高まりました。ブロックチェーンアプリケーションは、短期間での目的達成と継続的な影響力の2つを同時にアフリカへ提供いたします。

炭素排出量削減問題は、我々が蛍光電球やハイブリッド車に切り変えれば達成できるというレベルのものではありません。それは、人間一人ひとりが生活習慣を根本から変えなければ成し遂げられないたいへん難しい課題であることは言うまでもありません。多くの人が気候変動対策に必要なエネルギー消費制限の義務や責任を、巨大産業に押しつけている現状です。しかし実際問題として、これらの業界は消費者のニーズに呼応した生産活動を行なっているだけなのです。我々は習慣というものから抜け出すことができない生き物です。その習慣は、環境に対する配慮をなくしてしまった我々の行動が生み出しているのです。

今、我々は変わらなければなりません。

我々が直面している問題は、決して気候変動だけではありません。何百万もの人々が電力の供給を受けられない状況にあることをお考えください。私は今この記事をタンザニアで執筆しています。ここで電気を使用できるのは一般市民の33%にとどまります。世界的にも有名な観光地、ザンジバル島(the island of Zanzibar)の小さな村ヌングィ(Nungwi)の住民であれば、電気を使える自分たちの境遇に感謝することでしょう。しかし、ここでの電気は決してエアコンや、ましてテレビなどといった贅沢なものではありません。ここにある電気とは、電灯のことです。家が火災に見舞われたり、有毒な煙を吸ったりする恐れのない、単なる「灯り」のことです。村にはエネルギー効率の優れた街灯がありますが、どこにでもあるというわけではありません。夕方になると、少しばかりあるその街灯の下に人々が集う風景が見られるのです。

記事ソース: medium

f:id:jijikokkoku:20190221195854p:plain

タンザニア、ヌングィ村の街灯

消費活動が少ないこのようなローカル地域では、公共事業投資の利益回収率が極端に低いため電力が普及しないという現状にあります。しかし、タンザニアの人々の安定した生活維持のため、そして教育や開発の推進力として、何としてもクリアしなければならない課題といえるのではないでしょうか。ただ、コスト面で政府に大きな負担がかかるというのも事実です。電力の販売供給による損失部分の補填を政府が行わなければならないという問題があるからです。

一方で明るい見通しもあります。タンザニアには、未だ手付かずの水力発電源が数多く存在するのです。36億ドルの建設費を投じ2021年新たに完成予定のStieglaer’s Gorge水力発電所によって、今までの2倍のエネルギー供給量を確保できる見込みとなっています。しかしそれはその場しのぎに過ぎず、3 ,600万もの人々がなおも電力の恩恵を受けられないという状況が続きます。1ワットの追加電力供給を都市部にもたらすには大変な苦労を伴います。しかしそんなことは気にもとめず、人々はただ普段通りの生活を続けています。役に立たない製品は簡単に捨てられ、消費者の消費活動は西洋の人々のそれと同じように、軽率であまりにもカジュアルです。
タンザニアに限らず、アフリカの多くの国々が抱えるエネルギー効率化の問題は、国家としての最重要課題であり、また残念ながら未だ決定的な解決法を持たない難しい問題でもあリます。そんな中我々は、高級志向の消費者、都市部の人々、すでに送風機やエアコンを装備している高級層を対象にマージンXプロジェクトを立ち上げました。

f:id:jijikokkoku:20190221200159j:plain

これは、タンザニアではまだまだ少数派と言える約600万人の高級層を対象にしたエネルギー効率化のプロジェクトで、さらに100万〜200万もの人々に供給できる電気を生み出すことが可能となります。この提案はまた、許容範囲に収まるコストでの電力供給とその収益回収をも可能にしています。マージンXのような取り組みは、アフリカの多くの地域に電力を供給すると同時に、炭素排出量の削減に効率的に寄与できる有望なプロジェクトといえるでしょう。

f:id:jijikokkoku:20190221200302j:plain

1ヶ月のザンビア・タンザニアの滞在が終わりに近づこうとしている中、私は我々がここにいること、そしてアフリカの地でブロックチェーン技術を生かすチャンスを模索していることをお伝えするためこの記事を書いています。手応えは十分です。我々は地域の大学、政府機関、公共事業団体、そしてNGOなどと多くの話し合いを重ねてきました。ザンビアでは、COMESA主催の第8回水力発電の現状フォーラム(the 8th Hydropower for Today forum)に参加し、国連の産業開発団体の代表者たちやアフリカをはじめとする世界各地での継続維持可能な開発に携わる主要な出資者と会談することができました。

「第8回水力発電の現状フォーラム」 
COMESA本部:ザンビアのルサカ

f:id:jijikokkoku:20190221200329p:plain

今週我々はタンザニアにて、EUのタンザニア訪問代表団主催のエネルギー効率化計画に関する会合に、エネルギー省および出資者たちとともに参加する予定になっています。

将来の見通しはたいへん明るいものです。いくつかの覚書がすでに締結、または進行中です。懸命な努力と少しばかりの幸運をもってして、来年の今頃我々は、この試験的なプログラムを実行に移していることでしょう。

マージンXに関する情報更新(不定期)及びディスカッションへの参加はこちらからどうぞtelegram.
あなたはパイソンの上級者ですか、それともGO言語のプロでしょうか?あなたのコーディングスキルを是非我々に提供してください。我々と一緒により良い未来を切り開いていきましょう。

まずはアフリカから、そして全世界へ。

敬具

マージンX ディレクター
アンドリュー・ホバン(Andrew Hoban)
www.marginx.io

  • - - - -

以下原文

  • - - - -


With such low consumption in the countryside, there is very poor ROI for utilities
MarginX — Africa, where less is more
BY JULIAN · PUBLISHED NOVEMBER 23, 2018 · UPDATED NOVEMBER 23, 2018
Blockchain technology will play a major role in reducing carbon emissions and could bring electricity to millions who don’t yet have access to it. Blockchain application in Africa supplies both quick wins and long-term impact.
Reducing carbon emissions is about more than fluorescent light bulbs or hybrid cars, it’s about changing human behavior. Many like to place the onus on big industry for the energy savings necessary to combat climate change, but the reality is that industry will always cater to the desires of the consumer. Energy efficiency must come from changes in human behavior. We are creatures of habit, and our habits are formed in a world that has little concern for the impact of our actions on the environment.
This needs to change.
Apart from the pressing issue of climate change, there is another problem with a more human face. Millions of people have no access to electricity. I write this piece from Tanzania, where only 33% of the citizenry can even access electric light. The residents of the small village of Nungwi, on the island of Zanzibar, count themselves among the lucky few. Electricity here does not mean air conditioning or even televisions. It means light, without the added danger of burning your house down or inhaling toxic fumes. In the evenings, residents can be found gathering around the few energy efficient light bulbs in the village.
First appeared on

Electric light in Nungwi Village, Tanzania


With such low consumption in the countryside, there is very poor ROI for utilities in extending the grid to these areas. But it must be done, to better the lives of Tanzanians and encourage increased learning and development. This comes at a heavy cost for the government. They must subsidize the losses realized by the utility with each watt sold.
On the other hand, Tanzania has massive untapped hydroelectric potential. The addition of the Stiegler’s Gorge hydroelectric power plant expected in 2021 and at a cost of $3.6 billion, will double the countries renewable energy capacity. This is but a stopgap with 36 million people still unconnected to the grid. While each extra watt of capacity is hard-fought, in the cities, life carries on much as it does anywhere else. Inefficient appliances abound, and consumers consume with the same careless abandon as they do in the West. Energy efficiency in Tanzania, and indeed in many countries across Africa is an issue of national import, an issue with no single solution.
At MarginX, we are targeting the high-end consumers, the city people, the fanned, the air-conditioned.

By targeting the behavior of these few, approximately 6 million in Tanzania, we can generate enough energy savings to give light to another 1–2 million. We propose to do this while also generating revenue for the utility, and at a cheaper cost than increasing capacity. Systems such as MarginX have the potential to efficiently reduce carbon emissions and bring light to many millions more across Africa.

As my one month trip in Zambia and Tanzania draws to a close, I write this to let you know we are here, we are seeking to apply blockchain in Africa. The response has been positive. We have been in discussions with local universities, governments, national utilities and NGO’s. In Zambia, we attended the 8th Hydropower for Today forum hosted by COMESA. Here I met with representatives of the United Nations Industrial Development Organisation as well as key stakeholders engaged in sustainable development in Africa and around the world.

8th Hydropower for Today forum, COMESA HQ, Lusaka, Zambia
This week in Tanzania, we will attend an energy efficiency strategy planning meeting with the Ministry of Energy and other stakeholders, hosted by the delegation of the European Union to Tanzania.
The future is bright, some MOU are signed and more are in process. With hard work and a bit of luck, we will be running our pilot programs here this time next year.
For irregular updates on MarginX, or to be part of the discussion join our telegram.
Proficient in python or golang? Please reach out and help us code a better future.
First in Africa, then the world.
Regards,
Andrew Hoban
Director, MarginX
www.marginx.io