NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

Tech Talk:なぜ LuxTagはNEMのブロックチェーンを使うのか

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/tech-talk-luxtag-nem-blockchain/


Tech Talk:なぜ LuxTagはNEMのブロックチェーンを使うのか
ジュリアン 2018年12月5日発行 12月3日更新

f:id:jijikokkoku:20190120201603p:plain

このシリーズの最初の記事において、私たちは我々の研究の積み重ねである、ブロックチェーンの核心を見てみましょう。

現段階では、たくさんのブロックチェーンのソリューションがあります。どの約束もそれぞれいくつかの革命的なキラーコンテンツの特徴です。それゆえ、それらの特徴を我々の要求に従って査定することは重要なことなのです。

“次の点では、私たちのCTOであるJeff McDonaldからお聞きしたインタビューシリーズに基づいて書かれています。あなたはここから全シリーズを見ることができ、また、似たようなコンテンツをよりたくさん見るために私たちのYouTubeチャンネルを訪ねることができます。
“このインタビューは2018年初期に撮られたものです。それ以来他にももっと多くのわくわくするブロックチェーンプロジェクトについての告知があげられています。未だ、ここで提示された基礎となる原則は保持されています。

LuxTagで働いていると、私たちは次のような疑問を多く抱きます。どうしてNEMのブロックチェーンを使うのでしょうか?

なぜNEMなの?
NEMは他のブロックチェーンとは違う構造様式を使っています。例えば、Ethereumのものを見てみましょう。Ethereum Virtual Machine (EVM)のEthereumは対になった良いブロックチェーンソリューションです。すべてのスマートコントラクトであるEthereum内の構想基盤はEVMの中で実行されなければなりません。それは文書や公証以外にとって良いシステムと言えるでしょう。

Ethereumを使用して、ほとんどの人々は文書全体自体ではなく、ブロックチェーン上の書類に指紋をつけます。より複雑なことを構築するには、あなたが高価なソリューションであるEVM上でそれを組み立てる必要があると言うことです。

LuxTagでは、より費用対効果が高く、新言語でスマートコントラクトを書く必要がないシステムを採用しています。我々はNEMが提供するSDKとAPIを利用し、ブロックチェーンと連携を施しています。これこそが昨今のiOSないしはAndroid上のアプリの機能方法です。各アプリはスタックを最初から再構築する必要がありません。むしろアプリの開発群はモバイルアプリケーションエコシステムによるツールを使うことでコードをより速く出荷することができるのです。同様に、我々はNEMのブロックチェーン上のツールを十分に活用してより効果的なLuxTagのアプリを作っています。

LuxTagはどのようにNEMを使用しているのか
NEMは、2018年初頭の現在において、それぞれのアイテムにユニークな識別子を付けられる唯一のブロックチェーンです。他のブロックチェーンでは卒業証書の指紋を作成し、それをブロックチェーンに当てはめます。それによって今では、卒業証書の原本は破損、紛失、または盗まれる可能性があります。

“ではどうやって指紋を更新すればよいのでしょうか?どうやって指紋の所有権を譲渡しますか?”

ほとんどの人はその形を保持するために新しく指紋を創ります。他の人々はこのような場合に対処するためにEVMに新たなスマートコントラクトを書くでしょう。このような事件がアーキテクチャをよりややこしいものにし、開発プロセスを妨げるのです。

LuxTagでは個別の証明書をブロックチェーンに配置します。それぞれの指紋は一意に識別できるので新しい指紋を添付することができます。たとえば車や時計、その他の高級品のLuxTagの指紋を所得すると、NEMブロックチェーンに詳しい情報がすべて表示されます。もし修繕したければNEMブロックチェーンですることができます。そのアイテムを売ればすぐにNEMに送られます。もし製造業者によってリコールされても、証明書はそこに存在し検証することができるのです。

NEM上のマルチシグネチャアカウント
マルチシグネチャアカウントはNEMのブロックチェーンの第1級市民であり、あなたの資産を保護するべくLuxTagが活用します。

アカウントを他の人に委託する時、Ethereum内で自然に行うことができません。アーキテクチャがどのようにして設計されているのか見てみましょう。

ビットコインでは、マルチシグネチャコントラクトを作る際、マルチシグネチャアカウントであるアカウントMを作るためにアカウントA,B,Cを第三者の財布に組み合わせます。このマルチシグネチャアカウントを実装次第で多くの制限があり、通常のシングルシグネチャアカウントのすべての利点を持っていません。

NEMでは、アカウントMを作成することができ、しかもすべてのブロックチェーン上においてアカウントA,B,またはCに、アカウントMの所有者かのように割り当てることができるのです。今ではアカウントMは更新も拡張も譲渡も自由自在にできるスマートアセットとして機能しているのです。


・・・・
以下原文
・・・・


Tech Talk: Why LuxTag uses NEM Blockchain

In the first article of this series, we will take a look at the core of our technology stack, the blockchain.

At this point, there are many blockchain solutions. Each one promises some revolutionary “killer” features. Hence, it is important to evaluate their features according to our needs.

The following points are based on a series of interviews given by our CTO Jeff McDonald. You can view the entire series here or visit our YouTube channel for more content like this.

This interview was recorded in early 2018. Since then there have been many other exciting blockchain projects announced. Yet, the underlying principles presented here still holds.

Working at LuxTag, we get this question a lot. Why NEM?

Why NEM?
NEM uses a different architecture from other blockchains. For example, let’s take a look at Ethereum. Ethereum is a good blockchain solution coupled with Ethereum Virtual Machine (EVM). The basic concept in Ethereum is that all smart contracts have to live in the EVM. That is a good system for some things but not for documents and notarization.

Using Ethereum, what most people would do is to put a fingerprint of the document on the blockchain, not the whole document itself. To build something more complicated you would need to build it on EVM, which is an expensive solution.

At LuxTag, we have a more cost effective system where we do not have to write smart contracts in a brand new language. We leverage SDKs and APIs provided by NEM to interface with the blockchain. This is how modern apps on iOS and Android work today. Each app doesn’t need to rebuild the stack from scratch. Rather, app developers are able to ship code faster by using tools provided by the mobile application ecosystem. Likewise, we use tools already on the NEM blockchain to build a more efficient LuxTag app.

How LuxTag uses NEM
NEM is the only blockchain (as of early 2018) that can make a unique identifier for each item. On other blockchains you would generate a fingerprint a diploma and place it on the blockchain. Now, the original diploma can be damaged, lost, or stolen.

How would you update the fingerprint? How would you transfer ownership of a fingerprint?

Most would generate a new fingerprint to store that message. Others would write a new smart contract on EVM to handle these cases. All these further complicate the architecture and hamper the development process.

At LuxTag we place individual certificates on the blockchain. Each certificate is uniquely identifiable, which allows us to attach new information on it. For example, when you get a LuxTag certificate for a car, watch, or other luxury items, you can see all the details right on the NEM blockchain. When you send it for repairs, it is on the NEM blockchain. Once you sell the item, it is there. So if a recall is issued by the manufacturer, it is there and verifiable.

Multi-signature accounts on NEM
Multi-signature accounts are first class citizens on NEM blockchain and is what LuxTag uses to secure your assets.

Transferring accounts to other parties, you can’t do that natively on Ethereum. Let us take a look into how the architecture is designed.

On Bitcoin, to make a multi-signature contract, you would take accounts A, B, and C and combine them together on a third party wallet to create account M, a multi-signature account. This multi-signature account has many limitations depending on the implementation and do not have the full benefits of a regular single signature Bitcoin account.

On NEM, you can create an account M, and assign accounts A, B and C as owners of account M all on the blockchain. Account M now acts as a smart asset — updatable, augmentable, and transferable.