NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

NEM 取引総合ガイド

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/nem-exchange-integration-guide/

取引総合ガイド
ジュリアン 2018年12月11日発行・2018年12月6日更新

このガイドは取引所がNEM導入をするにあたって必要なことが簡単に説明されています。

f:id:jijikokkoku:20190110075005p:plain

1.アカウント

アカウントを作成するにはhttps://nem.io/downloads/ 7 にアクセスし、デスクトップにダウンロードしてください。シンプルウォレットを作成することを推奨します。デリゲートキーはServices/Delegated Harvesting/Manage delegated accountにあり、個人アカウントキーは Accountにあります。

2.APIマニュアル

NEMはAPIを利用していますので、言語を問いません。開始するにはAPIマニュアルをご確認ください。https://nemproject.github.io/ 21
さらにNEMデータベースは多くの開発者用リソースをまとめています。 詳細はこちら。 https://docs.nem.io 12

3.セルフホスティングノード / ヒュージノード

ほとんどの取引所が自身のノードを実行したいと考えていますが、NEMライブラリからスーパーノードからAPI呼び出しを実行した方が作動中のノードを見つけ出すまで呼び出しを続けるため、ご自身のノードを実行するより確実性が高まります。
https://nemlibrary.com/documentation/connection_pool/ 9

3.1セルフホスティングノード

ご自身のノードを実行したい場合は、スーパーノードガイドをご利用してください。 ただしNo. 3を飛ばして下さい。
https://forum.nem.io/t/nem-supernode-command-line-tutorial-for-debian-8-4/2211 6

3.2 セルフホスティングヒュージノード

検索履歴が必要な場合は (例えば、36時間以上のハッシュを/account/transfers/allで実行)、ノードの設定変更およびRAMが必要になります。

RAMの必要条件

検索履歴のノード実行にはNIS処理のため少なくとも9GBが必要です。 NISに10GBを要する16GB VPSを推奨します。スーパーノードガイドの1.3を確認し、設定ファイルを以下のように変更してください。
#!/bin/bash

java -Xms10240M -Xmx10240M -cp ".:package/nis:package/nis/*:package/libs/*" org.nem.deploy.CommonStarter

設定変更
nis-ncc/package/nis/config.propertiesの以下2項目を下記のとおり変更してください。
nis.optionalFeatures = TRANSACTION_HASH_LOOKUP|HISTORICAL_ACCOUNT_DATA

および、
nis.transactionHashRetentionTime = -1

・・・・
以下原文
・・・・

NEM Exchange Integration Guide
BY JULIAN · PUBLISHED DECEMBER 11, 2018 · UPDATED DECEMBER 6, 2018
This tutorial will quickly guide you through everything an exchange needs to add NEM.

1. Account
To create an account go to https://nem.io/downloads/ 7 and download the desktop client. We recommend creating a simple wallet. The delegated keys can be found at Services/Delegated Harvesting/Manage delegated account. The account’s private key can be found at Account.

2. API Documentation
NEM is completely API based and therefore language agnostic. To get started, take a look at the API documentation https://nemproject.github.io/ 21.
Further, the NEM Knowledge Base consolidates lots of developer resources and examples: https://docs.nem.io 12.

3. Self-Hosted Node/Hugenode
Most exchanges like to run their own node for obvious reasons. I’d still like to point out that you can use the NEM library to execute API calls on a pool of supernodes. This is more reliable than running your own node since the call will be attempted until a working node has been found: https://nemlibrary.com/documentation/connection_pool/ 9

3.1. Self-Hosted Node
If you want to run your own node, you can use the supernode guide and skip step 3: https://forum.nem.io/t/nem-supernode-command-line-tutorial-for-debian-8-4/2211 6

3.2. Self-Hosted Hugenode
If you require historical lookups (i.e. running /account/transfers/all with a hash that’s older than 36 hours), you’ll need to change a few settings for your node and you’ll need much more RAM.

RAM Requirements
Running a node with historical lookups requires at least 9GB of RAM for the NIS process. I recommend a 16GB VPS that assigns 10GB to the NIS. Check section 1.3. of the supernode guide and change the config file to:
#!/bin/bash

java -Xms10240M -Xmx10240M -cp ".:package/nis:package/nis/*:package/libs/*" org.nem.deploy.CommonStarter

Config Changes
Change the following in nis-ncc/package/nis/config.properties:
nis.optionalFeatures = TRANSACTION_HASH_LOOKUP|HISTORICAL_ACCOUNT_DATA
and
nis.transactionHashRetentionTime = -1