NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

フィンテックの変容:セキュリティトークンブームへの国際的なアプローチ

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/transforming-fintechglobal-approach-security-tokens-movement/


フィンテックの変容:セキュリティトークンブームへの国際的なアプローチ
ジュリアン 2018年12月20日発行 2018年12月17日更新  
NASDAQにて初版
著者Fran Strajnar―Techmey社(ブロックチェーン経済圏の株式会社)CEO

今日において、暗号資産市場が後退しているにも関わらず、セキュリティトークンブームはブロックチェーンや金融業界内では未だ楽観的な「要塞」と化しています。推定500兆ドルの潜在需要をもつセキュリティトークン市場の可能性は多くの人にとっては疑いようのない魅力にうつるようです。
しかしながら、この産業が本格的に動き始めるとすれば、即時相互運用性リスクの問題や、国際規制といった多くの障害を克服していかなければならないでしょう。そして、これらのとてつもなく新しいアセットクラスの潜在能力を過不足なく引き出すには、産業連関、それも国際規模の提携が必要となるでしょう。
セキュリティトークンが金融技術の未来の支柱となるのは自明のこととみられています。すでに暗号資産がこの世界を貨幣や支払活動をデジタル化しており、セキュリティトークンはまた所有権さえもデジタル化します。そして、既存の有価証券から金のような実物資産といったすべてのものがブロックチェーンに内包されていくでしょう。
実際にこの産業で起きていることは今後数十年の「価値のデジタル化」時代の始まりとして描かれていくかもしれません。それらの変化は証券市場にブロックチェーン市場独自の透明性を与えるだけでなく、高額な管理業務の必要はなくなっていき、市場参入は以前より容易となります。
市場の透明性及び費用対効果の増大に加え、セキュリティトークンは国際金融市場に新しい段階の効果と流動性をもたらすでしょう。現在、有価証券の売買、販売は場所を問わずトランザクションの完了までに数時間から数日を要しています。グローバル経済であっても証券取引所は通常の勤務時間の下で操作されているからです。ですが、セキュリティトークンは世界中、24時間、毎日取引可能です。ブロックチェーンにはインターネットの「不在」のような概念はありません。
現在、膨大な数の取引所がオンラインの売買プラットホームを稼働させていて、時間場所を問わず株式取引を可能にしています。
既存の金融機関に対してはっきりとわかっていることは、セキュリティトークンが主要銀行や機関投資家からの多くの関心を寄せられていることです。そうして私はセキュリティトークンが従順な資産担保商品として利益となり、また古株の金融業者の見解がありふれた魅力的な投資商品となっていくと思います。機関投資家はたいてい正当なアセットクラスに対してとても慎重で、そしてその姿勢は数多くある市場条件の一部に帰しています。
証券市場が厳しい規制を行った結果、初期のころ(2017年におけるWild West時代を乗り越えることにも役立ちました)からSTOsは法令順守においても成功しています。
セキュリティトークンは機関投資家に有利な市場とするチャンスを与え、またそれが結果としてブロックチェーン市場に変革的な影響をもたらします。
セキュリティトークンがそれほど大きな潜在的な利益を持っているのですから、暗号資産の急増の陰でコンプライアンスを持つセキュリティトークンの登場がなぜ立ち遅れているのか、問いを立てる価値があります。
様々な団体が発行したセキュリティトークンは稼働時よりブロックチェーンや市場参加者間で交換、管理、そして個人所有の互換性を持つまでに至っておりません。それらの問題を効率的に克服するために業者間でのセキュリティトークンの国際的連携と提言が必要でしょう。
それが新しい国際市場の核を形成することは明らかですが、セキュリティトークンが現実運用される前に克服すべきハードルはたくさんあります。直面する問題のいくつかは水面下に若しくは勝手に解決されている可能性は低いです。そのため、ブロックチェーンの先進的な合弁企業が ’ The Millbrook Accord’という団体を創設しました。セキュリティトークンブームのキーパーソン達が運営する団体で、VTF間での国際的なコンプライアンスを持つセキュリティトークンの登場を加速させるための明確なガイドラインと実践的な解決方法を明示することが目的です。
当初はその活動はただの良心的なものでありましたが、今やオープンリソース化され、VTFコードに完全な機能を持たせ、セキュリティトークン産業が実際に成功するためにはイノベーションを協力して進める必要がある、という意志を具体的に示しています。
多くのメリットをブロックチェーン、金融セクターの両社が感じているのですから、セキュリティトークンの質問はその解答を与えられるべきです。そして、真に国際的なブームで予期しない結果を得たとしても、その国際企業と開かれたダイアログを以てその解答が形成されるべきです。
本ページにある意見・見解は作者によるものであり、Nasdaq,Incに基づくものではありません。
セキュリティトークン・ムーブメント

・・・・
以下原文
・・・・

Transforming FinTech: A Global Approach to the Security Tokens Movement
BY JULIAN · PUBLISHED DECEMBER 20, 2018 · UPDATED DECEMBER 17, 2018

First appeared on NASDAQ

By Fran Strajnar, CEO of Techemy, a holding company for an industry-wide blockchain enterprise ecosystem

Despite current setbacks in the cryptocurrency market, the security token movement remains a bastion of optimism for industry actors within the worlds of blockchain and finance. With an estimated addressable market of $500 USD trillion, it is no wonder that security tokens are an attractive prospect for many.

Before the industry can truly take off, however, a number of obstacles must be overcome, including an impending interoperability crisis and differing regulatory requirements in global jurisdictions. To unlock the full potential of this tremendous new asset class, industry collaboration – on a global scale, will be necessary.

There seems to be little doubt that security tokens will serve as a fundamental pillar of the future of financial technology. Where cryptocurrencies have already digitized money and payments, securities tokens will digitize ownership rights: bringing everything from traditional securities to physical assets, like gold, onto the blockchain.

What is actually happening in the industry can be described as the beginning of a multi-decade ‘digitization of value.’ Not only will this furnish securities markets with the transparency inherent in blockchain technology, it will mitigate the need for expensive custodian services, making the securities market more accessible than ever before.

In addition to increased transparency and cost-effectiveness, securities tokens will introduce new levels of efficiency and liquidity in global financial markets. At present, trading or selling securities can take anywhere from hours to days for transactions to settle. This is because even in a globalized economy, stock exchanges operate under normal working hours. Security tokens will be tradable 24/7 everywhere in the world, as, like the internet, the blockchain doesn’t have an “out of office.”

At present, numerous exchanges are working online trading platforms which will allow stocks to be traded at any time of day, anywhere in the world.

As a result of their clear value to traditional financial institutions, security tokens have garnered much attention from major banks and institutional investors. I believe that this can only benefit the blockchain industry as compliant, asset-backed digital assets will serve as familiar and attractive investment vehicles for traditional financiers. Institutional players are often wary of crypto as a legitimate asset class, which can be attributed in part to the seemingly incalculable market conditions.

As a result of the already highly regulated securities market, successful security token offerings (STOs) will be legally and regulatory compliant from the first – helping the blockchain industry shake off its “Wild West” label of 2017. Security tokens will offer institutional investors a chance to involve themselves in a market they are more comfortable in, and have a transformative effect on the blockchain industry as a result.

With so many potential benefits, it is worth asking why the creation of compliant security tokens has lagged behind the proliferation of cryptocurrencies. A major challenge to the success of the security tokens movement is the fragmented nature of regulation globally. While security tokens promise to transform the traditional securities industry into a globalized, 24/7 marketplace – the regulation surrounding securities around the world is complex and often inconsistent.

With limited industry cooperation, security tokens issued by various groups are set to be incompatible between blockchains and between market participants, including exchanges, custodians, and individual wallets, once they go live. To effectively overcome these issues, international collaboration between industry actors and security tokens advocates will be necessary.

Although certain that they will form the core of a new global economy, there are many hurdles for the securities tokens to overcome before they become a reality. It is unlikely that any of the problems facing the industry will be resolved in silos or isolation. This is why a consortium of blockchain industry leaders have formed The Millbrook Accord, a working group of key drivers of the security tokens movement, to provide clear guidelines and practical solutions to accelerate the creation of globally compliant security tokens through a Verified Token Framework (VTF).

The first of its kind, the now open-source, fully functioning VTF code embodies the spirit of collaborative innovation necessary to make the success of security token industry a reality.

With many benefits to be felt both in the blockchain and financial sectors, the security tokens question is one which needs answering. For a truly global movement, with global ramifications – the answer should be formed with open dialogue and international cooperation.

The views and opinions expressed herein are the views and opinions of the author and do not necessarily reflect those of Nasdaq, Inc.

Security Tokens Movement