NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

NEMウクライナ2018の総括

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/nem-ukraine-2018-summary/

NEMウクライナ2018の総括
ジュリアン 2019年1月2日

中国の漢字で”crisis”を表すとそれぞれ2つの言葉”危険”と”機会”という意味を持っています。

f:id:jijikokkoku:20190107165445p:plain

 NEMウクライナの拡大地図
これまではブロックチェーン産業と架空産業にほとんど成功はありませんでした。成功がなかったにも関わらず、NEMウクライナチームはこの課題をうまく乗り切りました。NEMウクライナの創業は2月25日と考えられ、最初の会議がNEM101の形式で行われた時でした。ここで私たちはブロックチェーンを技術として、そして中心となる発展として、またNEMの特徴として、その情報をより多くの興味を持っている最初にブロックチェーンを学び始めた人々から経験を持った先駆者や政府機関に至るまでの人々に情報を広げることを目標に始めました。
別の目標はNEMの発展のために基盤を作り出すと同時に、ブロックチェーンの解決策を実施するためのプロジェクトを支え、新しいニッチ産業を見つけることです。

f:id:jijikokkoku:20190107165505p:plain
最初の投稿:Medium

これらを実行するために、私たちは50以上ものさまざまな形式を管理し、さまざまな会議や会合に参加し、ネットワークを広げ、話し合い、交渉し、私たちはあなたたちといくつかの社会的なプロジェクトを作り出し実行してきました。私たちは特にこのプロジェクトに誇りを持っています、

f:id:jijikokkoku:20190107165542p:plain

暗号資産における支払いのウクライナの国内記録(90以上の支払いがXEMで行われた)
この記録はウクライナの歴史の中で初めての記録でした。そして支払いの手段として暗号資産が適応するということを証明しました。この記録への良い持続性はいわゆる野菜でさえも暗号資産で購入されうる場所であるBessarabian市場においてPaytomatとの共同プロジェクトへと繋がりました。

f:id:jijikokkoku:20190107165557p:plain

国際募金ランニング“栗の木の下で”
ウクライナNEMのコミュニティーはウクライナのブロックチェーン産業からこのようなレースに参加した最初のチームになりました。15000人もの残りの人々と一緒に、私たちは子供たちの心臓センターで医療設備を購入するための慈善寄付を行っています。

f:id:jijikokkoku:20190107165617p:plain

クリプトヒーロープロジェクト
年末に、“クリプトヒーロー”のプロジェクトが世界中からの賛同者に助けられて実施されました。あなたと一緒に私たちは36000XEMをも集め、癌を患う子供たちのいるセンター“Dacha”の小さな住民のために初夢を実現しました。そしてさらにお金の一部は新しいセンターを建設するための資金に変えられました。プロジェクトは慈善産業におけるブロックチェーン技術の使用の技量や将来性が貢献の面で透明性と確実性を増加することを示しました。
私たちは私たちの計画がさらに多くの大志を抱けるように楽観的で興味深く、刺激的な次の年を待っています。新しい年には私たちはビジネス、新規事業、プロジェクト、政府機関そしてNEM技術の開発者を伝え続けます。そしてエコシステムを発展させていきます。しかし私たちは明らかな発展においての私たちの努力と公共のブロックチェーンのプロジェクトに随時従事し続けることに重点を充てていきます。

まだまだ多くの興味深い成長がみられます。乞うご期待!
Telegram Facebook Youtube
敬具
NEMウクライナチーム

・・・・
以下原文
・・・・

NEM Ukraine 2018 Summary
by Julian · January 2, 2019
The Chinese word stands for “crisis” composed of two Chinese characters respectively signifying “danger” and “opportunity”.
NEM Ukraine expansion map 
The past year was not the most successful for the blockchain and crypto industry, but in spite of this, the NEM Ukraine team managed to cope with the tasks. The founding date of NEM Ukraine can be considered February 25th, when the first meeting was held in the NEM101 format — here started our goals to spread the information about blockchain as a technology and the main advantages and NEM features among as many interested people as possible, ranging from people who first learned about the blockchain to experienced developers and government agencies. Another goal is supporting projects and finding new niches and industries for implementing blockchain solutions along with creating infrastructure for NEM development.
First appeared on Medium 
To make it happen, we conducted more than 50 activities in various formats, took part in various conferences and meetings, we networked, talked, negotiated, we were creative and implemented several social projects with you — we are especially proud of this.
National record of Ukraine in the number of payments in cryptocurrencies (more than 90% of these was in XEM). 
This record was the first in the history of Ukraine and proved the applicability of cryptocurrency as a means of payment. A good continuation to this record became a joint project with Paytomat on payments in the Bessarabian market, where even vegetables could be bought for a crypto.
International charity run “Under the chestnuts” 
The Ukrainian NEM community became the first team from the blockchain industry in Ukraine who took part in such type of this race. Together with the rest of 15,000 people, we make a charitable contribution to the purchase of medical equipment for the children’s cardio center.
Cryptoheroes project 
At the end of the year, the “Cryptoheroes” project was implemented with the help of nembers from all over the World. Together with you, we collected 36,000 XEM and realized the New Year dreams of the little residents of the Center for Children Affected by Cancer “Dacha”, also part of the money was transferred to the fund for the construction of the new center. The project showed the abilities and perspectives for the use of blockchain technology in the charity industry to increase transparency and confidence in contributions.
We are waiting for the next year with optimism, interest and motivation, as our plans are even more ambitious. In the New Year, we will continue to acquaint businesses, startups, projects, government agencies and developers with NEM technology and develop the ecosystem, but will focus our efforts on converting existing developments into prototypes and constantly working projects on the public blockchain.
There is still a lot of interesting ahead! Stay turned!
Telegram Facebook Youtube
Yours faithfully,
NEM Ukraine team