NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

Consensus 2018でのNEM

本記事は以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/nem-consensus-2018/

Consensus 2018でのNEM
ジュリアン・2018年5月24日・2018年5月22日更新

f:id:jijikokkoku:20190104105012p:plain

コンセンサスとは、物事についての意見の総意を意味し、グループの団結や和解を達成するためのダイナミックなプロセスです。投票制度のように、少数は無視し多数にとって好都合なように物事を取り決めるのではなく、コンセンサスはその取り決めがグループ全体にとってしっかり利益になるのか確かめるものです。意味的にはコンセンサスは理想主義的に聞こえるかもしれませんが、テクノロジーはそれを現実にする方法を見つけました。

コンセンサスメカニズム・プロトコルはブロックチェーン技術の中核を担っています。その証拠に、ここ数年、多くのブロックチェーンプラットフォームが続々と多様なコンセンサスメカニズム・プロトコルを導入してきています。

2018年5月14日から16日にかけて、ニューヨークでまた別の種類のコンセンサスが起こっていました。それがConsensus 2018です。年に一度のブロックチェーン技術のサミットであり、ブロックチェーンの新たな革新やアプリケーションが注目される場所でもあります。ブロックチェーンのニュースを取り扱う世界最大のメディアであるCoinDeskがConsensusを組織し、今年で4年連続開催されています。ブロックチェーンとデジタル経済に大量の新規参入者がいる現在、Consensus 2018はブロックチェーンの将来性を世界が知るための大事なイベントなのです。

f:id:jijikokkoku:20190104105131p:plain

Consensus 2018でのNEMチーム
この素晴らしいイベントの一部を担ったのがNEM財団です。最も優れたスマートアセットプラットフォームであるNEMは、NEMとともに進化してきた自身らの目玉の製品やプロジェクトを展示しました。NEMが技術を提供する、テックビューロ、Asta、He3Labs、LoyalCoin、Verses、Zeus Exchange、PeerStream、Kchain、Digital2Go、GoBlock、そしてLuxtagの代表たちがSutton Space Pavillionのフロア全体を占拠しました。これらのパートナーたちの存在がいかにNEMがあらゆる部門において開発・実行することができる革新的な解決策を見出すために必要なプラットフォームを提供することが可能かを示しています。

さらにこれはNEMのCatapultのリリースによってより確かなものとなりました。3年近い開発と試験、そして強化によりCatapultはすべての産業部門の企業の動的需要に対処するより機能的なプラットフォームを提供することが可能です。

NEM財団の暫定社長であるKristof Van de ReckがCatapultがブロックチェーン技術を活用している、またはしようとしている企業に何をもたらすのか、正確に説明しています。
“Catapultを有するNEMは、ブロックチェーン技術を活用する企業にとってスイス・アーミーナイフのようなものです。その強力なコンポーネントは使いやすさと実装のしやすさとあわさせって、電子通貨システムやユーザー認証、土地や資産の登記、物流の追跡や食品のトレーサビリティなど、いかなるものであれ、世界で最も大きいテクノロジービジネスの需要にこたえ、企業のブロックチェーンの採用を加速させるだろう。”

Consensus 2018にNEMが参加することによって、より多くの人々が、NEMの製品とNEMのパートナーたちが世界に貢献できることが何なのかを知ることができます。それは過去と未来の需要への新たな解決策なのです。

Consensus 2018では、確かに総意の意味でのコンセンサスがありました。ブロックチェーン技術は必ずや未来そのものとなり、世界のあらゆる物事のやり方を変えていくでしょう。この未来こそがNEMが今作っているものなのです。


以下原文

NEM in Consensus 2018
BY JULIAN · PUBLISHED MAY 24, 2018 · UPDATED MAY 22, 2018

consensus
First appeared on medium

Consensus means a general agreement about matters, a dynamic process of achieving union or compromise in a group. Unlike voting that settles thing by just favoring the majority while neglecting the minority, consensus makes sure that the agreement could benefit the entire group. Consensus, by definition, may sound idealistic. But idealistic as it may be, technology has found its way to make it a reality.

Consensus mechanisms and protocols are at the center of the blockchain technology. Evidently, in the recent years, many blockchain platforms have sprung up introducing various consensus mechanisms and protocols.

Last May 14–16 2018, there is a different kind of consensus that transpired in New York: Consensus 2018. It is an annual blockchain technology summit, an avenue where new innovations and applications of the blockchain were highlighted. CoinDesk, the leading platform for blockchain news, organized Consensus, now on its fourth consecutive year. With the plethora of new players in the blockchain and digital economy, Consensus 2018 is an important event for the world to know of one thing — that blockchain is the future.


NEM Team in Consensus 2018
Part of this significant event is NEM.io Foundation. Being the best smart-asset platform that it is, NEM showcased some of its top products and projects that are innovated with NEM. Representatives from TechBureau, Asta, He3Labs, LoyalCoin, Verses, Zeus Exchange, PeerStream, Kchain, Digital2Go, GoBlock and Luxtag, featured by NEM, utilized an entire floor of the Sutton Space Pavillon. The presence of these NEM partners is reflective of how NEM is able to provide the necessary platform for innovative solutions that can be developed and implemented in various sectors.

This is further complemented by NEM’s release of Catapult. With nearly three years of development, testing, and enhancements, Catapult is now ready to provide a more functional platform that can be used to address the dynamic demands of enterprises in any industry sector.

Kristof Van de Reck, NEM.io Foundation’s interim President is spot on in describing what Catapult can bring to enterprises that are and will be adopting blockchain technology.

“Fueled by Catapult, NEM is the Swiss Army knife for enterprises adopting blockchain technology… Its powerful suite of components, combined with ease of use and implementation, will accelerate enterprise blockchain adoption to serve the needs of the biggest technology businesses in the world, whether for electronic money systems, user authentication, land and property registration, logistics tracking, food traceability, or numerous other uses.”

With NEM being in Consensus 2018, more and more people will know about what NEM, its products, and its partners can offer to the world — new solutions for old and future needs.

Indeed, there was consensus in Consensus 2018. Blockchain technology will be the future and will change the way the world does things. This future is what NEM is building today.