NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

サプライチェーンにおけるデジタル化への主要課題

本記事は、以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/main-challenges-supply-chain-digitization/

サプライチェーンにおけるデジタル化への主要課題
ジュリアン 2019年1月5日

f:id:jijikokkoku:20190106201859p:plain

サプライチェーンと物流は、もはや、デジタル化せずに管理することのできない複雑なプロセスのまとまりとなっています。アリババやアマゾンのような大きな小売店を考えてみてください。こういった企業は、実在庫を保有していませんが、毎月、世界中の何百万もの消費者や事業主に商品を供給しています。何百、何千という製品サプライヤーを因数分解してみることで、こういった会社の運営規模について何となく分かり始めます。古いやり方で対応することは、もはや現実的ではありません。

3Dプリントサービスを店舗で提供しようとしているUPSからドローンでの配達を試行しているアマゾンまで、世界中の主要な会社は皆、サプライチェーンのデジタル化に向かっています。デジタル経済への移行は、おそらく、経済史における最も大きくて急進的な変化であり、ビジネスの運営方法を変えています。デジタル化は、私たちが生み出した製品や資産の設計、計画、製造、出荷、そして運営の方法を変えており、変え続けることでしょう。

しかしながら、サプライチェーンの大規模なデジタル化には、課題もあります。

デジタルサプライチェーンの課題

サプライチェーンのデジタル化に対する主要な課題は、理解と適切な準備が欠けていることです。デジタル経済がビジネスに影響を与えることには、多くの事業主が同意しています。しかしながら、それを受け入れようとしているのは、ごく少数です。ここ10年程度で急速なデジタル化が進んだにもかかわらず、多くの会社は未だにデジタル化の初期段階にあります。

それでは、デジタル経済がどのようにビジネスへ影響を及ぼすのでしょうか?
この質問に対する答えは、デジタル取引だけの範疇を超えています。認知度と購買力があがったおかげで、消費者はますます、より良く個々のニーズ向けにカスタマイズされた製品を求めるようになってきています。それには、要求に最短で応えられる動的なサプライチェーンが必要です。

すると、財政面での話が出てきます。デジタル取引のコンセプトは新しいものではなく、何十年も出回っています。しかしながら、より安全で非集中化されたピアツゥーピアの支払いネットワークに向かって、最近発明された技術、すなわちブロックチェーンが、デジタル通貨の考え方を変えているのです。仮想通貨で支払うという考え方はまだ主流ではありませんが、ブロックチェーンが既存の商品サプライチェーンプロセスを破壊するのは時間の問題です。

サプライチェーンのデジタル化は、多くのプロセスを自動化していますが、ある製品の原産地はどこなのか、製品の真の所有者は誰なのか、製品は本物なのか偽物なのか、といった質問には適切に答えていません。これらの質問が、サプライチェーンの統合に挑んできます。

異なる部品を組み合わせ、ICやCPUなどの供給ネットワークに強く依存するスマートフォンの製造者を例に考えてみましょう。その製造者は、モバイルCPUが本物のARM製品であるのか、或いはレプリカであるのか、確信をもっているでしょうか?ひるがえって、ICチップ製造者は、半導体材料、トランジスタ、そしてその他部品の供給ネットワークに強く依存しています。彼らは、偽物のトランジスタや不純物半導体のもとをたどれるでしょうか?

原材料供給者から半導体チップの製造者、電子部品サプライヤ、そしてスマートフォンの製造者自身まで、スマートフォンの製造に携わるものは皆、システム内に、デジタル化されたものを多少は持っているかもしれません。しかし、情報共有に関して、満場一致で同意された標準というものは存在しません。企業は、データのコントロール権を手放したり、他社が定めた標準を採用することに消極的です。その結果、方程式には多くの不確定要素が存在することになります。サプライチェーン全体のあらゆる箇所において、データが変更され、操作され、或いは壊されうることになり、結果として最終消費者に悪く、欠陥のある或いは偽物の商品が届くことになるのです。

解決法

こうしたサプライチェーンの問題に対して、一般的に受け入れられている解決法はありません。しかしながら、ブロックチェーンは、多くの可能性を秘めた技術です。ブロックチェーンは、取引を記録し、製品価値の信憑性を確認し、各製品の原産地を原材料レベルまでたどることのできる非集中化された、分散型台帳技術です。ブロックチェーンは、サプライチェーン全体の透明性とデータ操作や破損への耐性を高めます。

サプライチェーンネットワークを変えるため、ブロックチェーンはすでに実施されています。ウォルマートやスターバックスのような企業は、商品のオリジナリティを確立し、欠陥、標準以下、或いは偽物の商品や原材料をたどるため、ブロックチェーンを配備しています。

f:id:jijikokkoku:20190106201951p:plain

この影響は、非常に大きいです。ブロックチェーンが世界中のサプライチェーンに採用されれば、商品やサービスの配送方法を変えてしまうでしょう。食品やヘルスケア商品はより安全になり、ファッションや高級品の偽物は減り、盗難を防止するために商品の真の所有者が確認される、などその可能性は無限です。これら全ては、究極的には、世界の産業をより透明で倫理的な行動へと導いていくのです。

・・・・
以下原文
・・・・

The Main Challenges of a Supply Chain Digitization
by Julian · January 5, 2019
Supply chain and logistics is a complex assortment of processes that can no longer be managed without digitization. Consider large retail stores such as Alibaba or Amazon. They do not stock actual inventories, but they supply to millions of consumers and businesses around the world every month. Factor in the management of hundreds of thousands of product suppliers, and you begin to grasp the scale at which these companies operate. It is no longer practical to do things the old-fashioned way.
From UPS looking to provide 3D printing services at its stores to Amazon testing out deliveries through drones, all major companies around the world are moving towards the digitization of their supply chains. The transition towards a digital economy is perhaps the largest and most radical change in the history of economics, and it has transformed the way businesses operate. It has — and will continue to — change the way we design, plan, manufacture, ship, and operate products and assets.
Large-scale digitization of supply chains, however, come with their own sets of challenges.
Challenges in a Digital Supply Chain
A major challenge in the digitization of the supply chain is the lack of understanding and adequate preparation. Most business owners agree that digital the economy will impact their business. However, a very small fraction have plans to adopt. Despite the rapid digitization in the last decade or so, many companies are still at an early stage of digital maturity.
So how does the digital economy impact businesses? The answer to this question is beyond the scope of digital transactions alone. Thanks to increased awareness and buying power, consumers are increasingly demanding more and more products that are better and customized to individual needs. It calls for a dynamic supply chain that can cater to their requests in the shortest time possible.
Then there is the financial aspect itself. The concept of digital transactions is not a new one and has been around for many decades. However, technologies developed in recent history, namely blockchain, have transformed the idea of digital currencies towards more secure and decentralized peer-to-peer payment networks. While the idea of payment through cryptocurrencies has still not become mainstream, it is only a matter of time before the blockchain disrupts the supply chain process for good.
While the digitization of supply chains has automated many processes, it hasn’t adequately answered questions such as where does a product originate from? Who is the real owner of a product? Is a certain product genuine or counterfeit? All these questions challenge the integrity of a supply chain network.
Consider the example of a smartphone manufacturer that assembles different components and relies heavily on networks that supply integrated circuits, computing chips and so on. Does the manufacturer know for sure whether a mobile CPU is a genuine ARM product or a replica? Chip manufacturers, in turn, rely on their supply networks for semiconductor materials, transistors, and other components. Can they trace the origin of a faulty transistor or an impure semiconductor?
All the parties involved in the manufacture of a smartphone, from raw material providers to chip manufacturers to electronic component suppliers all the way up to the manufacturers themselves might have some form of digitization in their system, but there is no unanimous agreement on standards for information sharing. Companies are reluctant to let go of the control of their data or adapt to the standards set by another company. As a result, there are many unknowns in the equation. At any point in the entire supply chain, data can be changed, manipulated or corrupted, resulting in a bad, faulty or counterfeit product reaching end consumers.
The Solution
There is no generally accepted solution to these supply chain problems. However, blockchain is a technology that potentially holds a lot of promise. Blockchain is a decentralized, distributed ledger technology that can be used to record transactions, establish the authenticity of value items and trace the origin of each product down to its raw materials. It will make the entire supply chain much more transparent and highly resistant to data manipulation and corruption.
Blockchain is already being implemented to transform supply chain networks. Companies such as Walmart and Starbucks have deployed their blockchains to establish the originality of their products and track the origin of faulty, substandard or counterfeit products and raw materials.

The implications of this are enormous. If supply chains around the world were to adopt blockchain, it would transform the way goods and services are delivered. Food and healthcare items can be made safer, counterfeiting of fashion and luxury goods can be reduced, authentic ownership of goods can be established to prevent theft — the possibilities are limitless. All this will ultimately drive global industries towards more transparency and ethical practices.