NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

NEMでICO(イニシャルコインオファリング)を始める方法

本記事は以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/launch-ico-nem/

NEMでICO(イニシャルコインオファリング)を始める方法
ジュリアン 2018年6月16日・2018年7月8日更新

f:id:jijikokkoku:20190113171117p:plain

NEMは、開発者が利用しやすい世界規準のブロックチェーンのプラットフォームです。これは今後よく耳にするでしょう。

オープンソースのトークンセールスタータープロジェクトがより簡単に使用できるようになりました。

APIプロジェクトをダウンロードする

ANGULARプロジェクトをダウンロードする

NEMでICOを行う方法
1.NEMで暗号通貨を作成する(詳しくはEASY tutorialをご覧ください
2.トークンソースプロジェクトをダウンロードする
3.所有するトークンのIDとトークン名をスワップアウトする
4.所有するトークンのプロジェクトをリローンチする

プロジェクトに付随するものは?
我々はトークンの購入プロセスを出来るだけスムーズにしたいと考え、以下のものを初期設定で利用できるようにしています。

• Angularのフロントエンド及びNodeのバックエンドAPI
• XEMの利用
• コインベースコマースでのETH(イーサリアム)、BTC(ビットコイン)、LTC(ライトコイン)の利用
• 決済に成功すれば自動的にトークンが送られる
• XEMのサクセスとエラー、コインベースコマースの取り扱い
• KYC(顧客確認)― 情報や写真を得られる、自身のKYCのEメールに送ることができる
• 7つのAPIエンドポイント
• 詳細が書かれたREADME

このプロジェクトはAPIとなります。フロントエンドの顧客に好きなように使用することができます。mobile app、Angular、Reactなどです。エンドポイントをコールするか、Angularフロントエンドを使用してください。

ウェブサイト用でエンドポイントをコールすることで顧客のXEM取引を開始することができます。

POST: /initiate-xem-purchase
BODY:
{
productId: "5b1ec82fc28a1112ee2af2fe"
tokenRecipientAddress: "TBIUQMOGHUH7GN5LM62WU455IPHIYZ"
tokenType: "XEM"
}

開始する方法
APIプロジェクトをダウンロード後、自身のローカルホストにて起動させます。
自身のローカルAPIを起動させた状態で、Angularプロジェクトをスタートさせます。
画像やアートワーク、トークンIDなどが変更可能になるので、トークンセールを始めてください。

コードを使っているのは?
以下のコードを使用したNEMのブロックチェーン上で、我々はトークンセールを開始しました。

f:id:jijikokkoku:20190113171939p:plain

Cacheトークンはこちらから購入することができます。https://getcache.io

f:id:jijikokkoku:20190113171954p:plain

我々はフロントエンドのクライアントサイドもオープンソースであることを望んでいます

ご自身のトークンセールを行う前に、こちらのコードをご検討ください。しかし我々は、いかなる損失や不具合にも責任を負いません。

MITライセンスはご自由にお使いください。

・・・・
以下原文
・・・・

How To Launch Your ICO On NEM
by Julian ·Published June 16, 2018· Updated July 8, 2018

NEM is the world’s most developer-friendly blockchain platform — if you follow me you’ll hear that phrase a lot.
We’ve just made it even easier with our open source token sale starter project.

DOWNLOAD API PROJECT
DOWNLOAD ANGULAR PROJECT

How to launch an ICO on NEM
1.Create a cryptocurrency on NEM (Read this EASY tutorial)
2.Download the token source project
3.Swap out the ID’s and token names with your own token
4.Relaunch the project for your own token!

What does the project come with?
We wanted to make the token purchase process as smooth as possible. Here are some of the things you get out-of-the-box:
◾Angular Front-end and Node API Backend
◾Accept XEM
◾Accept ETH, BTC, LTC with Coinbase Commerce
◾Tokens send automatically after successful payment
◾Handles success and errors for XEM and Coinbase Commerce
◾KYC — Accept info and photos and have it sent to your KYC email
◾7 simple API Endpoints
◾Detailed README

This project is the API — you can use whatever you like for your front-end client — a mobile app, Angular, React, etc — just call the endpoints — or use our Angular Front-end.
For instance, from your website you might call this endpoint to start a XEM transaction for a customer:

POST: /initiate-xem-purchase
BODY:
{
productId: "5b1ec82fc28a1112ee2af2fe"
tokenRecipientAddress: "TBIUQMOGHUH7GN5LM62WU455IPHIYZ"
tokenType: "XEM"
}

How to get started?

Download the API project and get that up and running first on your localhost.
With your local API running, start the Angular project.
You can now modify images, artwork, token IDs, etc, and start your token sale.

Who is using this code?
We just launched our own Token Sale on the NEM blockchain using this code.
You can purchase our Cache token here: https://getcache.io

We are hoping to open source our front-end client side as well too.
Please review this code thoroughly before deploying your own token sale — we are not responsible for any of your losses or bugs you might find.
MIT License — use as you see fit!