NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

UnibrightとLufthansa、Microsoft、NEMと提携し、異業種間の架け橋を築く

本記事は以下を和訳したものです。
https://nemflash.io/unibright-partners-lufthansa-microsoft-nem-build-bridge-industries/

UnibrightとLufthansa、Microsoft、NEMと提携し、異業種間の架け橋を築く
ジュリアン・2018年8月17日

ブロックチェーンベースのビジネス統合のための統一されたフレームワークであるUnibrightは、Lufthansa、Microsoft、そしてNEMと提携しています。
________________________________________
ブロックチェーンを簡単にする

わずか10日でUnibrightがハードキャップに達してから3か月後、同社は左右のニュースに値するパートナーシップを結んできました - それらすべてがプロジェクトに実際のユースケースをもたらすでしょう。

Bitcoinistに初登場

Unibrightは、20年以上に及ぶビジネス統合の経験を持つ開発者チームであり、特にブロックチェーンに関して、新しいテクノロジに関してあらゆる企業の共通の主要な問題に対処する方法を知っているようです。

Unibrightは、一般的なアプローチではなく、特定の技術的ソリューションを提供しながら、将来そのテクノロジーを使用し続ける人々の間で認識と理解を高めることで、ビジネスにとって魅力的な製品として際立っています。

そのアプローチにより、Unibrightは以下の点で魅力的であることが証明されています。

・自社のインフラストラクチャを消費したいと考えている技術大手は、ブロックチェーンノードを構築します。
・顧客にブロックチェーン技術への道を示すための解決策を探しているコンサルティング会社
・ブロックチェーン技術の出発点を見つけるための将来性のあるソリューションを探している企業
・ブロックチェーン企業がプラットフォームとプロトコルを提供し、「現実の世界」のクライアントを探しています。

これらの異なるビジネスを橋渡しするために、Unibrightはマイクロソフト、ZühlkeおよびLufthansaのパートナーとの公のイベントを共催しています。その上、高品質のブロックチェーンプロトコル(2018年8月のNEMのような)との積極的な提携は、すべてにおける参加者の成功の可能性を支えています。

UnibrightのCEO、Marten Jungは次のように述べています。

"今日、ほとんどの企業はブロックチェーン技術に強い関心を持っていますが、それを使用するのに苦労しています。それが、Unibrightフレームワークを作成した理由です。最先端のブロックチェーンテクノロジを既存のビジネスおよびITシステムのランドスケープに統合することは、企業にとって使いやすく、巧妙ではないアプローチです。"

Unibrightは、新しい規格をブロックチェーンの採用に設定する統一されたフレームワークを提供することによって、ビジネス関連のプロトコルを実装しようとしている人に強力なブロックチェーンの資格を提供します。このアプローチは「コーディング不要」アプローチと呼ばれており、企業は自社の事業運営に集中することができます。

"私たちはUnibrightの“ノンコーディング”アプローチが好きです。ビジネスのためにブロックチェーンで本当に「足を濡らす」ことができる絶好の機会です。私たちはしばしばブロックチェーンが流行語としてしか使われていないと思いますが、それを実際に使うことを好む、とLufthansaのJörgLiebe博士は付け加えます。"


みんなのためのソリューション

熟練したブロックチェーンとスマートコントラクトの開発者はまれで高価ですが、ほとんどの人は明日は関係ないかもしれない1つの特定のプロトコルに特化しています。スマート契約の誤りは広範囲に及ぶ結果をもたらし、それによって企業は間違った馬を後退させたくありません。このような課題を考えると、企業内の既存のすべてのITシステムの99%が、まだどのブロックチェーンも使用または接続していないことは理解できます。 Unibrightはそれを変えたいのです。

Unibrightフレームワークは、その定義、計画、実装、保守、監視、および統合を含む、ビジネスプロセスのライフサイクル全体の面倒を見ます。この総合的なアプローチにより、企業は、主題を深く掘り下げる必要なしに、自社のビジネスにおけるブロックチェーンテクノロジの利点に専念することができます。 Unibrightの枠組みが手元にあれば、企業は問題のあるブロックチェーンの水を恐れる必要はなくなり、それが本当に意味のある新技術の恩恵を受けることができます。

Unibrightのフレームワークは世界中でビジネスにすぐに利用できるので、ユーザーフレンドリーなブロックチェーンが理にかなっているところならどこでもそれが実装されることを期待してください。


QRYPTOSへの掲載

8月14日から、UnibrightのユーティリティトークンはQRYPTOS取引所に上場されています。

KYC承認済みで少なくとも100 UBTを保持している最初の100個の新しいQRYPTOSアカウントについては、9 USD中旬に10米ドル相当のQASHトークンが無料で付与されます。これは、次のリンクを使用して9月14日より前に作成されたアカウントに適用されます。
https://accounts.qryptos.com/sign-up?affiliate=MzlXD82s545068

Unibrightについてどう思いますか?以下のコメントでお知らせください。

・・・・
以下原文
・・・・

Unibright Partners with Lufthansa, Microsoft, and NEM to Build a Bridge Between Different Industries
BY JULIAN · AUGUST 17, 2018

Unibright, a unified framework for blockchain-based business integration, has partnered with Lufthansa, Microsoft, and NEM.

Making Blockchain Easy

Three months after Unibright reached its hardcap in only 10 days, the company has been making newsworthy partnerships left and right — all of which will bring real use-cases to the project.

First appeared on Bitcoinist

Being a team of developers with 20+ years of experience in business integration, Unibright seems to know how to address common key problems of any company when it comes to new technology, especially in terms of Blockchain.

Unibright stands out as an attractive offering for businesses because, instead of taking a generic approach, it offers a specific technical solution while also raising awareness and understanding among those who will continue to use the technology in the future.

With its approach, Unibright has proven itself attractive to:

tech giants who want to get consumption to their infrastructure build for blockchain nodes,
consulting companies searching for solutions to show their customers a way into blockchain technology,
enterprises looking for a future-proof solution to find a start in blockchain technology,
blockchain companies offering platforms and protocols and looking for clients of the “real world”.
To bridge these different businesses, Unibright co-hosts public events with its partners: Microsoft, Zühlke and Lufthansa. On top, an active partnering with high-quality blockchain protocols (like NEM in August 2018) supports the success chances of all participants.

Marten Jung, CEO from Unibright, states:

Nowadays most companies have a strong interest in Blockchain technology, but struggle to use it. That is why we created the Unibright framework. It’s an easy-to-use, non-techie approach for companies to integrate state-of-the-art blockchain technology into existing business and IT system landscapes.

Unibright offers strong blockchain credentials for those looking to implement business-relevant protocols by offering a unified framework that sets new standards in blockchain adoption. The approach has been referred to as a “no-coding-needed” approach, which allows companies to focus on running their businesses.

We like the “non-coding” approach of Unibright. It’s a great opportunity to really “get your feet wet” with blockchain for business. We often see blockchain only used as a buzzword, but prefer to make real use of it, Dr. Jörg Liebe from Lufthansa adds.

Solutions for Everyone

While skilled blockchain and smart contract developers are rare and expensive, most of them are specialized in one specific protocol that may not matter tomorrow anymore. Errors in smart contracts have far-reaching consequences, thereby companies don’t want to back the wrong horse. Given that challenges, it’s understandable that 99 percent of all existing IT systems within enterprises don’t use or connect to any blockchain yet. Unibright wants to change that.

The Unibright framework takes care of the entire life-cycle of a business process, including its definition, planning, implementation, maintenance, monitoring and integration. This holistic approach allows companies to focus solely on the advantages of blockchain technology for their own business without having to delve too deep into the subject matter. With Unibright’s framework at hand companies do not have to fear troubled waters of blockchain anymore but benefit from a new technology where it really makes sense, the team explains.

With Unibright’s framework readily available to business all over the world, expect to see it implemented everywhere user-friendly blockchain makes sense.

Listing on QRYPTOS

From August 14, Unibright’s utility token is listed on QRYPTOS exchange.

For the first 100 new QRYPTOS account that are KYC-approved and hold at least 100 UBT, QASH tokens worth 10 USD will be granted for free in the middle of September. This is applicable to accounts created before 14 of September using the following link:
https://accounts.qryptos.com/sign-up?affiliate=MzlXD82s545068

What do you think about Unibright? Let us know in the comments below!