NEM LIFE

nem、xemに関する最新のニュースを翻訳してお届けします!

NEMカタパルト:新しいサーバーのリリース(Cow)

以下は下記記事を和訳したものです。
https://nemflash.io/nem-catapult-server-release-cow/

NEMカタパルト:新しいサーバーのリリース(Cow)
ジュリアン 2019年2月12日

リリースされたCowと呼ばれた画期的なサーバーが公表されました。このアップデートはNEM2にとって新しい機能と互換性を破る変換をもたらします。
日本語はこちらをクリック

今週、私たちはブログの投稿をシリーズ化し、Cowに含まれた機能を通して、どのようにあなたに合わせて使用するべきかを紹介します。技術進化ログをここで調べられます。
アップデートされたコードベース
P2PサーバーREST APIゲートウェイがアップデートされています。その独自のサーバー(docker)もすぐに追いつき、同時にdockerファイルへの変換も作られます。

互換性を破る変換があるために、最も新しいNEM2 SDKsを保持することが必要不可欠です。ロールアウトは最初、ただTypeScript/JavaScript.に展開されるということを覚えておいてください。アップデートの情報はこちらを見てください。TS/JS SDKは2月11日時点でBison/Cowをサポートしていません。他のSDK言語は後期に続きます。

Communication
コミュニケーション
NEMエコシステム魅力的な、そしてしっかりと管理された構成のために、プロジェクトマネジメントコミット(PMC)が導入されています。
Slackコミュニケーションチャンネルを伴うPMCを調整するために、nem2.slack.comチャンネルのいくつかは変更され、また取り除かれています。これは他のチャンネルからばら撒かれている情報を阻止します。
現在提案されている機能は、類似した画期的な出来事としてサーバー倉庫内に追加されます。NEMの改善提案は,NIP保管場所に追加されうる可能性があり、そしてGitHubで議論されうるでしょう。
サーバーの画期的な出来事と特徴



リリース

機能

参照文献

Bison

アカウントフィルター

Protocol / Account Filters

RocksDBでの確固たる地位

Protocol / Node / RocksDB

ハッシュツリー

Protocol / Block

Cow

NEM (ETH, Bitcoin) , iiを超えたクロスチェーンスワップ

Built-in Features / Cross-Chain Swaps

手数料向上

Protocol / Transaction/ Fee

レシート

Protocol / Receipts

ネームスペースからのセパレートモザイク

Built-in Features / Namespace, Built-in Features / Mosaic

ハーベスティング可能性拡張

Protocol / Harvesting

ノード性質のためのEigentrust ++の代替品

Protocol / Node

Dragon

ハーベスティング可能性の次レベル

-

E (join the vote!)

メタデータ

-

TBA

-

TBA

-

F

TBA

-

TBA

-

Bison変革
引き続いている機能がBisonサーバーリリースに加えられている一方で、それは示唆されています。なぜならSDKの推進ワークがCowの関連する変化とともに身近に起こっています。
アカウントフィルター
アカウントフィルターはアカウント所有者に確かなトランザクションをブロックことを許可します。例えば、暗号交換はフィルターを設置出来、そしてそれらは彼らがサポートしているモザイクを持つトランザクションのみを許可します。他のアプリケーションはサプライチェーン産業のために、どこでアカウントがアセットを確立するために疲れわれたのか、記録される可能性があります。企業は所定のリストに載っているインカミングモザイクのみを許可することを決めています。インカミングトランザクションがそのリストとこちなるモザイクを含んだとき、トランザクションは単純に脱落します。さらに読む

f:id:jijikokkoku:20190215110316p:plain

スバムトランザクションの阻止
可能なフィルター
• モザイクフィルター:確かなモザイクのホワイトリスト/ブラックリストを設定できる
• アドレスフィルター:確実なアドレスからトランザクションのホワイトリスト/ブラックリストを設定できる
• トランザクションタイプフィルター:外部トランザクションタイプのホワイトリスト/ブラックリストを設定できる

アカウントプロパティーパラメーター

[https://nemtech.github.io/concepts/mosaic.html:title=image sourcef:id:jijikokkoku:20190215110551p:plain]
________________________________________
Cowの変化
エイリアス
エイリアスと一緒にアカウントやモザイクに(サブ)ネームスペースを付けることが出来ます。これは対象のさらに人間が読める識別を可能にします。アドレスとしてアカウントやエイリアスを使用しているアカウントへトランザクションを送ることを可能にします。モザイクに対しても、エイリアスが使われているそのモザイクにトランザクションを送ることも可能にするといったように同じことが言えます。エイリアスは設置出来、取り除くことも可能です。参照文献はここから参照できます。
推進
• アドレスエイリアス:アカウントにエイリアスとして(サブ)ネームスペースを設置./取り外しできる
• モザイクエイリアス:モザイクにエイリアスとして(サブ)ネームスペースを設置/取り外しできる

レシート
複数のトランザクションはバックグランド上で条件付きの変換によって可能にされます。例えば、ロックファンドトランザクション(デポジット)は保障されたトランザクションの集合体が確認されてすぐに戻されました。しかしながら、ロックファンドが自動的にアカウントに戻されたとき、追加が記録されたトランザクションはありませんでした。これはアカウントバランスを増強する「隠れた変化」として現れるかもしれません。そのため、いわゆるレシートが救出に来たのです!レシートは全ての隠れた変化に証拠を与えます。参照文献はここから見つけられます。

アップデートされた機能
クロスチェーンスワップ
新しいハッシュ化アルゴリズムは他のチェーンとともに互換性を高めるために加えられています。
デフォルト
• SHA3–256
新しいもの:
• Keccak-256 (ETH互換)
• Op_Hash_160: 当初はSHA-256そして後に RIPEMD-160 (BTC 互換)
• Op_Hash_256:インプットは SHA-256 (BTC 互換)を2度ハッシュ化されています。

手数料向上
変化は手数料のシステム準備のプロトコルレベルで構築されています。プレビューはここで見られます。このトピックはそれ自身の記事に値します。そして包括的な説明はその実現間もなくすぐにされます。

ハーベスティング
この変化は収穫のための当初のチェーン紙幣より異なるモザイクの設置を許可します。これはプライベートネットワークのさらなるカスタマイズと新しい暗号経済モデルのために許可します。さらに詳しく

シリアライゼーション
NEM2RESTゲートウェイに送られるトランザクションはNEM2プロトコル遂行の中でさらに効率的なハンドリングのためにSDK内でシリアル化されています。今日まで、シリアライゼーションはフラットバッファーライブラリー(グーグル)によってなされていました。このライブラリーはキャットバッファーと呼ばれるカスタムライブラリーによって取って変わられました。第三者であるレベルの低いビルダーの低コストで信頼の低くなっています。これはどのようにSDKのシリアル化トランザクションをアップデートするかが求められています。このようなアップデートはそれぞれのプログラミング言語でコード生成をも要求しています。さらに詳しく

ネームプレイスからのセパレーティングモザイク
これまで、モザイクは予期されないブロックの数以降は期限が切れるように設定されなければなりませんでした。新しい推進とともに、期限を決めずにモザイクを設定することが可能になっています。それは創造者の管轄外であったとしてもモザイクの使用を確実にします。
モザイクは特定の(サブ)ネームプレイス下にはすでにありません。しかし、それ自身には存在します。それらはエイリアスの使用で名づけられる可能性があり、モザイクもエイリアスシステムの使用によって名づけられます。さらに読む。





古い形式

新しい形式

モザイク名

ネームプレイス+それ自身の名前

エイリアスとしてのネームプレイス

Id

ネームプレイス+それ自身の名前

臨時的に制作される

期限

創造された段階

期限を決める、もしくは永久的に

[https://nemtech.github.io/concepts/mosaic.html:title=f:id:jijikokkoku:20190215112522p:plain ]

ノードリピュテーション(Eigentrust++の代替品)
ノードは基本的に過去に成功した取引の足跡を残し、再度繋げるためにそのリストを使用します。これはノードの同一性がP2Pシステムの破壊を出来なかったところで、シビルアタックを破壊する役割を担っています。さらに読む。

Bisomと呼ばれたカタパルトの以前のアップデートを調べてみてください!


~~~以下原文~~~
NEM Catapult: A New Server Release (Cow)
BY JULIAN · FEBRUARY 12, 2019
The server release milestone codenamed “Cow” was made public. This update brings new features and some breaking changes to NEM2.
For Japanese click here.
In the coming weeks, we will be introducing a series of blog posts, which will go through the features included in Cow and how to use them for your use-case. You can find the technical change-log here.
Updated codebase
The P2P server and the REST API gateway have been updated. The bootstrap service (docker) will follow soon, while changes to the docker files have already been made.
These are breaking changes, therefore, it is essential to have the newest NEM2 SDKs. Please note: the rollout initially only happens to TypeScript/JavaScript. Please watch the repository for updates here. The TS/JS SDK does not support Bison/Cow as of 11th of February. Other SDK languages will follow at a later stage.
Communication
To attract and manage contributions to the NEM ecosystem, a Project Management Committee (PMC) has been put into place.
To align the new PMC with the Slack communication channel, some of the nem2.slack.com channels have been renamed or removed. This prevents information from being scattered over different channels.
New proposed features are added as an issue to their corresponding milestone in the server repository. NEM improvements proposals can be added and discussed on GitHub in the NIP repository.
Server Milestones and features
Release Feature Documentation
Bison Account filter Protocol / Account Filters

Persistent state in RocksDB Protocol / Node / RocksDB

Merkle trees Protocol / Block

Cow
Cross-chain swaps beyond NEM (ETH, Bitcoin) , ii
Built-in Features / Cross-Chain Swaps

Fee improvement
Protocol / Transaction/ Fee

Receipts
Protocol / Receipts

Separating mosaics from namespaces
Built-in Features / Namespace, Built-in Features / Mosaic

Enhancing Harvester capabilities
Protocol / Harvesting

Alternative to Eigentrust ++ for node reputation
Protocol / Node

Dragon
Next level harvesting capabilities

E (join the vote!)
Metadata

TBA
TBA
F TBA
TBA
view raw roadmap.md hosted with by GitHub
Bison Changes
While the following feature has been included in the Bison server release, it is mentioned here, because the SDK implementation work happens closely with Cow related changes.
Account filters
Account filters permit account owners to block certain transactions. For example: crypto exchanges can set a filter so they only allow transactions with mosaics they support. Another application can be described for the supply chain industry, where an account can be used to represent an asset. The company decides only to allow incoming mosaics known to a predefined list. When an incoming transaction contains a mosaic different from that list, the transaction simply fails. Read more

Blocking spam transactions
Available filters:
• Mosaic filter: Can be set to whitelist/blacklist certain mosaics
• Address filter: Can be set to whitelist/blacklist transactions from a certain address
• Transaction type filter: Can be set to whitelist/blacklist certain outgoing transaction types
Account properties parameters

image source
________________________________________
Cow Changes
Aliases
With aliases, it is possible to attach (sub-)namespaces to accounts or mosaics. This allows for more human-readable distinguishment of the objects. It is possible to send a transaction to an account and use the alias of that account as an address. The same applies for mosaics also: you can send a transaction with a mosaic using the alias of that mosaic. Aliases can be set and removed. Documentation preview can be found here.
Implementation
• Address Alias: Can set/remove a (sub-)namespace as alias to an account
• Mosaic Alias: Can set/remove a (sub-)namespace as alias to a mosaic.
Receipts
Complex transactions are enabled by conditional changes in the background. For example, a Lockfund Transaction (deposit) is returned as soon as the aggregate bonded transaction is confirmed. However, there is no additional transaction recorded when the lockfund is automatically returned to the account. This might appear as a “hidden change” that increases the account balance. That’s why so-called receipts come to the rescue! Receipts provide proof for every hidden change. Documentation preview can be found here.
Updated Features
Cross-chain swaps
New hashing algorithms have been added to increase compatibility with other chains.
Default:
• SHA3–256
New:
• Keccak-256 (ETH compatibility)
• Op_Hash_160: first with SHA-256 and then with RIPEMD-160 (BTC compatibility)
• Op_Hash_256: input is hashed twice with SHA-256 (BTC compatibility)
Fee improvements
Changes have been made at the protocol level in preparation of the fee system. A preview can be found here. This topic deserves its own article, so a comprehensive explanation will follow as soon as it materializes.
Harvesting
This change allows the setting of a different mosaic than the primary chain currency for harvesting. This allows greater customisation of private networks and for new crypto-economic models. Read more
Serialisation
Transactions that are sent to the NEM2 REST gateway are serialized in the SDK for more performant handling in the NEM2 protocol implementation. Until now, the serialization was done by the flatbuffer library (Google). This library will be replaced by a custom library called catbuffer. Less overhead and less trust in low-level builders from third parties. This requires an update to how SDKs serialize transactions. Such an update also demands an implementation of the code generator in the respective programming language. Read more
Separating Mosaics from Namespaces
Until now mosaics had to be configured to expire after x amount of blocks. With the new implementation, it is possible to configure the mosaic not to expire, which ensures the usage of mosaics — even if the creator is out of business.
Mosaics do not sit under a specific (sub-) namespace anymore but can exist on its own. They can be named using aliases, and mosaics can also be renamed by using the alias system. Read more
Old behaviour New behaviour
Mosaic name Namespace + own name Namespace as alias
Id Namespace + own name Id created from a nonce
Expiration Set when created Set to expire or live forever.
view raw mosaic_namespace_change.md hosted with by GitHub


First appeared on medium
Node reputation (replacing Eigentrust++)
Nodes basically keep track of successful communication in the past and use that list to reconnect. This plays a role to subvert Sybil attacks, where identities of nodes are forged to disturb the P2P system. Read more

Check out the previous Update for Catapult called Bison!